東京盃、有力馬情報? | さかなくんのパカパカ日記
新型コロナウイルスに関する情報について

さかなくんのパカパカ日記

『談話室「さかなくん&ブサ雄」』の競馬版です。競馬に関する話を主に書いています。

お待たせしました。それでは今日大井競馬場で行われますダートグレードレース、東京盃の有力馬の情報です。


【JRA所属馬】


・11 セイクリムズン・・・・休養前の前走かきつばた記念を含む重賞3勝。1200m~1400mなら、先行差しで常に完璧なレースをみせる。鉄砲【0-0-1-1】だが久々でも動けるタイプ。調教もビシビシ追われて好タイム連発。



・1 ドスライス・・・・2連勝、特に前走のクラスターカップは文字通りの力の競馬だった。1200m通算6勝。父はブリーダーズカップスプリントの覇者で、今季は素質開花のシーズンと言える。大井は初コースだが減点は見当たらない。


・9 マルカベンチャー・・・・JRA1200m~1400mのダートで4勝。今季この路線で安定した成績を残している。ダートグレードの“良血”フジキセキ産駒でまだまだ昇り目ある。差しに構えて末脚発揮。



・8 スーニ・・・・前走佐賀のサマーチャンピオン圧勝で再び存在感をアピール。東京盃も2、5着と相性がいいレース。ただ、ベストはコーナー4つの1400m戦か。


・12 アースサウンド・・・・1200m~1400m5勝。今季旬を迎えた快速牝馬だ。前々走NST賞でドスライスの2着からも、GIIクラスなら互角のレースも。2歳時はラブミーチャンと好勝負だった。




【地方所属馬】


・6 ナイキマドリード(船橋)・・・・昨年の東京盃4着。続くJBCスプリント2着で、NARグランプリ最優秀短距離馬に選出された。気性面でポカも多い馬だが、一気のまくりは迫力満点。前走をひと叩きされ上向き。



・10 ラブミーチャン(笠松)・・・・前走クラスターカップの失速は、逃げて目標になったためだろう。2番手から抜け出した2走前の習志野きらっとスプリントは、やはり地方馬同士では別格の強さだった。ここも飛ばして。



・5 ブリーズフレイバー(大井)・・・・前走は8キロ増。目標にされる不利もあったが、期待の割には案外だった。1200m7勝。今回が正念場というか、今後を占う意味でも大事なレース。



・13 ジーエスライカー(大井)・・・・前走習志野きらっとスプリントは最後力負け。とはいえ、相手は地方交流では別格のラブミーチャンだったことを考えれば、この馬にも望みはある。今回ペースのカギを握る馬。



・14 モアザンスマート(川崎)・・・・転入初戦の前走アフター5スター賞で、4コーナー13番手から大外一気。上がり35秒6と数字通りの脚だった。JRAで1000m~1200m3勝。南関東の馬場との相性は前走で証明済み。



・15 コアレスピューマ(船橋)・・・・ノンタイトルではあるが、船橋記念、東京スプリントともに3着。大井1200m1分10秒9ならチャンスがないわけでもない。



・2 ダイワシークレット(大井)・・・・転入初戦の前走アフター5スター賞で、厳しい流れを自ら捌くという、勝ち馬を凌ぐ内容だった。JRA4勝以上に、南関東の水が合いそうなタイプ。



・4 マグニフィカ(船橋)・・・・今回的場文男騎手が騎乗。前走も不満の残る内容で、復活は遠いか。



・7 ニシノコンサフォス(名古屋)・・・・11歳馬だけに、昇り目も期待できず厳しいだろう。



予想につきましては後ほど。