3月11日 | 坂本サトルオフィシャルブログ「日々の営み public」Powered by Ameba
2013年03月11日(月) 21時40分32秒

3月11日

テーマ:東日本大震災関連
$坂本サトルオフィシャルブログ「日々の営み public」Powered by Ameba

ヴィラプチろくの朝食。
1日の始まりにちょうどいい味と量。
千葉さん、ありがとう。また来ます!

この地域を訪れるのは昨年10月以来。
ということで現状把握のためにあちこち散策。
多く見かけたのはマスコミの取材陣とお坊さん。

$坂本サトルオフィシャルブログ「日々の営み public」Powered by Ameba

海岸線にあった墓地。
ほとんどの墓石は流され土台だけが残っている。

流された墓石は岸壁に沿って綺麗に1列に並べられていた。
あの瓦礫の中から墓石を探し出してここまで運んで綺麗にして並べる。
どれだけ時間と手間がかかったことだろう。

$坂本サトルオフィシャルブログ「日々の営み public」Powered by Ameba

墓地のすぐそばに瓦礫処理場が作られていた。
映画のセットのような現実味のなさ。
瓦礫を積んだダンプカーがひっきりなしに…と想像していたが、ほとんどダンプカーの行き来はない。
休みということではないだろうに。
なんだか不気味。

$坂本サトルオフィシャルブログ「日々の営み public」Powered by Ameba

昼食は気仙沼市中心街に仮設で作られた復興屋台村の手打ちうどんの店「みずき」にて。
ここで食事をするのは3度目だが、毎回オリジナルメニューが増えたり減ったりしていて楽しい。
今回のオリジナル料理「気仙沼ホルモンうどん」は抜群に旨かった!


昼食後はお土産を買ったりしつつ、車で40分ほどかけて本吉町小泉地区へと移動。
この地域に通うようになったのは震災から2ヶ月が経とうとするある日「マスコミに取り上げられることもない小泉地区に来て歌って欲しい」というメールをもらったからだ。
その送り主のヒゲオくんには今回は会えなかったが、彼の実家近くを通ろうとして驚く。
ここにも瓦礫処理場が作られていたのだ!

これが昨年12月に稼働した小泉地区の瓦礫処理場。

$坂本サトルオフィシャルブログ「日々の営み public」Powered by Ameba

いやー驚いた。
2011年5月のこの場所はこんな具合だった。

$坂本サトルオフィシャルブログ「日々の営み public」Powered by Ameba

そして今日、まったく同じ場所から撮ったのがこの写真。

$坂本サトルオフィシャルブログ「日々の営み public」Powered by Ameba

同じ場所とは到底思えない。ちょっとしたSFである。

右手奥に瓦礫処理場。
この道路を挟んで左側は何に使われるのか、広大な面積がアスファルトで舗装され、巨大な平面駐車場のようになっていた。

驚いた事に、予想よりも処理する瓦礫の量が少なかったため今年の9月にはこの施設は取り壊されてしまうとのこと。
これだけのもを作って9ヶ月ちょっと稼働させて撤収。
元々は田んぼなので、ちゃんと田んぼに戻して持ち主に返却するのだという。
瓦礫処理が必要なのはわかっているつもりだが、印象としては見込み違いによる処理場の過剰建設…とまとめざるを得ない。
一方、石巻では24時間稼働で処理中とのニュースも見た。
かなりの地域格差がありそうだ。これについては詳しく調べてみよう。


午後1時半、小泉小学校到着。
夕方からAKB48のメンバーがやってきてライブをやるらしく、到着するなり「あ、坂本さん、今日はセッションですか?」などと聞かれ「???」だった。

AKB48も定期的に被災地でのライブを続けている。
今日も何チームかに別れて複数の街でライブをやるのだそうだ。
子ども達、喜ぶだろうなあ。
あれだけの知名度を持つグループが継続して現地に通うというのは、エンタテインメント業界の救いだと思う。


14:46。
町内放送だろうか、黙祷のアナウンスの後にサイレンが町中に鳴り響く中、海に向かってひたすらに手を合わせる。
僕の行動や言動が何かの役に立てていますように。意味のある事でありますように。

$坂本サトルオフィシャルブログ「日々の営み public」Powered by Ameba

出しゃばらず、邪魔せず、無理せず、遠慮せず。
これからも自分のペースでやらせてもらいます。
これからもよろしくお願いします!

さあ、次の1年へ!

坂本サトルさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース