9月30日「気仙沼市小泉地区ライブ」まとめ | 坂本サトルオフィシャルブログ「日々の営み public」Powered by Ameba
2012年10月02日(火) 21時01分53秒

9月30日「気仙沼市小泉地区ライブ」まとめ

テーマ:東日本大震災関連
震災以来、通い続けている気仙沼市小泉地区でのお祭りに出演。
地元の皆さんの手作りによるまさに地元の方のためのお祭り。
ここを訪ねるのは今年4月に特番の収録のために来て以来だから5ヶ月ぶりということになる。

朝、今日一緒にライブをやる石野田奈津代チームを仙台市内のホテルでひろって一路、会場へ。
今回は主催者側からの「奈津代さんも連れて来てもらえませんか!」というラブコールにより、被災地で一緒に動くことが多い奈津代にも参加してもらうことになった。

小泉地区というのは旧本吉町(もとよしちょう)の中のある地域のことで、気仙沼市の市街地からは15キロほど南に位置する。
高速を降りてからはしばらく一般道を走り、やがて車は震災で一躍有名になった国道45号線に入る。

気仙沼の手前の南三陸町にて。

$坂本サトルオフィシャルブログ「日々の営み public」Powered by Ameba

満潮が近づくとこうなる。
コンクリート製の基礎が見えるが、もちろんそこにはかつて住宅が建っていて人々の暮らしがあった。

道路も途中で途切れている。

$坂本サトルオフィシャルブログ「日々の営み public」Powered by Ameba

このようにいまだに手つかずの場所も多いし、今もボランティアの皆さんが全国から集まってきて瓦礫の片付けをしている。

$坂本サトルオフィシャルブログ「日々の営み public」Powered by Ameba

ボランティアの数は震災当時と比べればはるかに減ったが、それでも休みの日はこうやって駆けつけてくれるのだ。

あの日から放置されたように見える地域でも、人々は逞しく生きている。
多くの町では学校の校庭などにプレハブで建てられた長屋のような建物があって、そこに様々なお店が入って仮設商店街となっている。
食堂、居酒屋、バー、寿司屋、洋品店、銀行に理容店、岩手県の大槌町にある仮設商店街にはあのTSUTAYAまで入っていたりして、想像以上に賑やか。「あとはカラオケができる場所があればなあ」という声を聞いた。
業者の皆さん、どうかご一考を。

それにしてもプレハブって素晴らしい。
セブンイレブンだってこの通り。

$坂本サトルオフィシャルブログ「日々の営み public」Powered by Ameba

こちらはファミリーマート。
ただしこの店は24時間営業ではなかった。

$坂本サトルオフィシャルブログ「日々の営み public」Powered by Ameba

$坂本サトルオフィシャルブログ「日々の営み public」Powered by Ameba

「商魂たくましい」と言い捨てるなかれ。
被災地では「お店が開いている」ということは「商売をする」ということ以上に大切な意味をもつ。
町ごと流された地域を夜走ると、今でも恐ろしいほどの暗闇が続く地域がある。
その中に開いているお店をみつけると本当にホッとする。1つだった店の灯りが2つに増えれば復興の象徴にもなる。
店の灯りはそのまま希望の光でもあるのだ。


仙台から2時間弱。車は会場に到着。
何度かこのブログでも触れたが、2011年3月11日、この地域を宮城県で最も高い21メートルの津波が襲った。
その海を見下ろす高台にある小泉小学校が今日の会場だ。
※参考…2012年3月11日のブログ


ライブは駐車場を使って行われる予定だったが、台風による荒天が予想されるため、会場を小泉小学校の体育館に移して行われた。

$坂本サトルオフィシャルブログ「日々の営み public」Powered by Ameba

野外でガヤガヤと賑やかな中ならば、カラオケも使ってドカンと大音量でいくつもりだったが、ちゃんとステージがある体育館ならある程度集中して歌を聴いてもらえるだろう。
ということで僕も奈津代もカラオケは使わず、全編弾き語りでやることにした。

$坂本サトルオフィシャルブログ「日々の営み public」Powered by Ameba

ライブは会場の子ども達をイジリつつ。和やかに進行していく。
奈津代とのセッションも。

$坂本サトルオフィシャルブログ「日々の営み public」Powered by Ameba

$坂本サトルオフィシャルブログ「日々の営み public」Powered by Ameba

驚いたのは「風のゆくえ」を歌った時。
「風のゆくえ」を聴いたことのない人に説明するなら「あの青春野球漫画『タッチ』のテレビ映画版の主題歌として書き下ろしたバラード曲。テーマは『自分の夢がわからなくなり、何かを求めて歩く上杉達ちゃん』」…要するに「渋い曲」なのです。
それをなんと最前列に座っている双子の女の子(5才)が歌っているのだ!なんで!?

終演後に聞くと、その双子のお父さんがいつも聞いているのを覚えてしまったということだった。
それにしても渋い曲覚えたもんだなあ。
他にも「大丈夫」をリクエストしてくれたり、MC中に「もっと歌いたーい!」と叫んでみたり。
お陰で笑いの絶えないライブとなりました。

何度も通い続けていたからこその今日の内容。これは財産です。
昨年の5月に「小泉地区に来て歌って下さい!」と連絡をしてきてくれたヒゲオくんに感謝。
ありがとうね。
今度はもうちょっと早めに連絡ちょうだいね。

終演後、後ろ髪引かれつつみなさんにお別れを。
今日中に帰って明日からがっつりレコーディングなのだ!
みんなと飲みたかった!(>_<)

今日もお世話になりました。楽しかったなー。
ありがとうございました!また来ます!


※このライブで使用したPA(音響機材)一式のレンタル料は「日、出づるところへ」の寄付金から捻出しました。

機材レンタル料(オペレーター代金含)¥150,000
振り込み手数料 ¥420

合計金額 ¥150,420


これまでの支出明細はこちらから。
http://www.sakamotosatoru.com/0403syuushi.html

これまでの小泉地区との関わり合いについてはこちら。
http://www.sakamotosatoru.com/0403.html

坂本サトルさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース