4月6日のまとめ | 坂本サトルオフィシャルブログ「日々の営み public」Powered by Ameba
2011年04月06日(水) 23時23分35秒

4月6日のまとめ

テーマ:東日本大震災関連
「仙台東道路」は仙台空港のそばを通っている高速道路だ。

その高速を仙台市内から南下すると、左側に広がるのは海まで続くこんな風景だ。

$坂本サトル「日々の営み public」

田んぼだったらしき荒野に津波に流された自動車が点在する異様な光景。
しかし少し進むと突然、一見無傷とも見える家並みが現れる。

$坂本サトル「日々の営み public」

国道6号に入り、相馬に向かって南下して行く時にも同様の光景が続く。
「ずいぶん片付けられたけど、まだ放置されてるところが多い」という瓦礫。

$坂本サトル「日々の営み public」

かと思うとその瓦礫の横にほぼ無傷であるかのように建っていて、普通に営業しているホームセンターが。

$坂本サトル「日々の営み public」

ほんのわずかな高低差が、津波到達点の端っこの方では明暗を分けたようだ。
当たり前の事だが水は低いところ低いところへと進んでいったのだ。


約2年ぶりに訪ねた相馬は壊滅的な津波被害にあった沿岸近くと、津波の被害を全く受けなかった駅前周辺では真逆の光景が広がっていた。しかも駅前周辺は地震直後も含め、ライフラインが途絶えることはなかったとのこと。一見したところでは、全てが夢だったのではないか?と思わせる日常の風景が広がっていた。
東京と被災地ならまだしも、同じ市内でこれほどのギャップがあるのだ。この街の人々はどんな気持ちで日々を過ごしているのだろうか。


そんな「一見日常」の中にあるお店をお借りして30分ほどのライブ。
またここに帰って来られて良かった。

$坂本サトル「日々の営み public」


その後、市内の避難所へと向かったわけだが、それについてはこちらへ。


見て聞いて分かったこと。
相馬市は食品もガソリンも充分に流通している模様。
しかし街の人達は怒り、そして不安な様子。
全ては「自主避難地域」という中途半端な指定。
相馬は福島原発から約50キロの距離にあるのだ。

自分たちはいつまでここにいられるのか?
復興しようにも避難地域が今後広がるようであれば、それが無駄になるかも知れない。
「原発の状態がはっきりしなければどうしたらいいのかわからない」
というのがその怒りと不安の理由だった。

「相馬の問題は原発」というのが僕ら一行の感想。
街の人達の国と東電への憤りと不満は相当なものだった。


明日は宮城県の沿岸を訪ねる。
「覚悟して来てね」と明日案内してくれる地元の知人から連絡があった。
覚悟、か。
よし。


坂本サトルさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース