弱めの度数が良いは、ほんとう?メガネは両眼視機能まで考慮してお作り下さい。 | 福井県福井市のメガネ店 | face & wrist gallery SAKAI | 福井県、福井市、メガネ|

福井県福井市のメガネ店 | face & wrist gallery SAKAI | 福井県、福井市、メガネ|

お客様の心地よい暮らしにより添う「やさしいめがね」をご提案させて頂きます。

こんにちは!人にやさしく、眼鏡にもやさしい、福井の「やさしいめがね店」の坂井なぎさです!

昨日はとんでもない土砂降りでしたね!

昨日は休日に予定がなかったので、コロッケを作ろうと思っていたんですが、

朝に家の掃除をしていたら、どしゃぶりの時間と買い出しの時間がかぶってしまいました…(;^_^A

徒歩で駅前へ買い物に行ったら、帰ってくる頃には、スカートも靴もびしゃびしゃに…。

まあでも、コロッケは美味しく出来たので良かったです。

シュウマイとコロッケは、やっぱりお家で作るのが一番おいしいです。

 

定休日のご案内>>

 

SAKAIはご予約優先制となっております。>>

 


 

今日は普段、接客をする中で、わたしが思っていることや、

感じていることを書いてみようと思います。

 

 

「弱めのメガネで作ってください。」

 

ときどき接客をしていて、お客さまから云われる言葉の1つに、

「弱めのメガネ」という言葉があります。

大概、テレビやネット記事、雑誌などの誤った情報を眼にしていて、

 

「弱めのメガネ=楽なメガネ」

 

という、都市伝説を鵜呑みにしてしまっているケースか、

知識も技術も持たないメガネ店の店員さんにあたり、

コンピューター検眼(オートレフと呼ばれる機械)でピピっと5分で測られ、

掛けられないほど強いメガネを作られたケースが、大半で、

それがトラウマになっており、

弱めのメガネでお願いします、という言葉を引き出してしまうケースがほとんどです。

 

眼に携わる仕事をしているなかで、

テレビや雑誌などの「眼の特集」を時々眼にする機会がありますが、

この情報、おかしいなぁ、間違っているなぁ、と思うことが、あります。

おかげで、テレビやネット記事の眼の特集は、

時間の無駄だと思い、ほとんど見なくなりました……(;^_^A

でも、一般の消費者であるお客さまは、専門的な知識がなくて当然です。

だから、メディアの情報を鵜呑みにしてしまい、弱めのメガネを希望してしまう。

マスメディアの影響力はとても大きく強いものです。

視覚情報は五感のなかで70%~80%を占めます。

眼が上手く使えないと、そこに大きく影響するのだから、

メディアの方は、もっときちんと正しい取材や勉強をして、

有効な情報をお客さまにお伝えしてほしいなぁ、と、悲しい気持ちになります。

 

では実際、弱めの度数は有効なのかどうか?

その人の両眼視機能まで検査しないと、分かりません。

うちのお店でメガネをお作り下さった方ならお分かりになることだと思いますが、

両眼視機能まで検査しようと思うと、1時間~1時間半はかかります。

5分やそこらの検査で、両眼視機能までの検査は出来ません。

両眼視機能まで検査しないで「近くを見るのに弱めがラク」と、

安易に弱めたメガネや、乱視を矯正しないメガネを使ってしまうと、

近視が進行する、自律神経が乱れることによる、頭痛、肩こり、

ある日突然、物が二重に見えるようになった、など、斜視への移行に繋がります。

 

両眼視機能まで考慮して、この人の眼には、弱めのメガネが必要、と判断した場合のみ、

弱めのメガネを作ることがあります。

ただし、弱めのメガネを作る場合は、

近くを見るとき用(主にデスクワーク)と、

遠くを見るとき用(主に運転や外出)と、

2本のメガネが必ず必要です。

弱めのメガネは、遠く用のメガネがあって、

初めてその効果を発揮します。

 

「遠くはあまり見ないから弱めのメガネだけで」

 

こういうことを仰る方も稀におりますが、

遠くから近くを見るための眼のピント合わせの機能と、

眼を内側に寄せるための力、輻輳(ふくそう)は連動しています。

そこを疎かにして、弱めのメガネだけで生活してしまうと、

両眼視機能のバランスが大きく崩れてしまい、

結果、まだ若いのに、最高視力が上がらない、

近視が進行する、自律神経が乱れることによる、頭痛、肩こり、

ある日突然、物が二重に見えるようになった、など、斜視への移行に繋がります。

 

「弱めのメガネでお願いします。」

 

この言葉の裏には、

 

「遠くはあんまり見ないから、そんなに見えなくてもいい。」

 

こういう言葉の意味も潜んでいるように思います。

 

本当に弱めのメガネが有効かどうかは、

両眼視機能まで検査しなければ分からないことです。

眼の仕組みなどを含めて、お客さまの眼の状態を、

30分ぐらい、ご説明させて頂きますが、

それで、弱めの度数がケースバイケースで、

安易にど弱めることが、いかに危険か、ということが、

ほとんどの方は、理解して下さいます。

基本的に、両眼視機能に問題がない人は、

遠くも近くも同じ度数です!!

 

ということで、見え方や眼でお悩みをお抱えの方は、

ぜひ当店までお越しくださいませ~(^ ^)

 


 

face&wrist gallery SAKAI(坂井時計店)は、福井市・呉服町で創業100年以上の眼鏡(めがね)店です。
時計修理・レコードショップとして、曾祖父が開業したところから始まりました。
閑静な住宅街の中にあり、喧騒から離れゆったりとした時間の中で、
会話を楽しみながら商品をお選び頂いております。
私たちは、お客さまの心地よい暮らしにより添う「やさしいめがね」をご提案し、
定期的にメンテナンスなどを通じて、お気に入りの1本ともども、

永くお付き合い頂きたいと考えております。
そんな「想い」に共感いただけるお客様を、心からお待ちしております。


◆取扱ブランド OAKLEY PREMIUM DEALER (★県内唯一のオークリー・プレミアム・ディーラーに認定されております!)
999.9(フォーナインズ)
999.9 feelsun(フォーナインズ フィールサン)

J.F.Rey(ジェイフレイ) / J.F.Rey BOZ(ジェイフレイボズ)
DITA(ディータ)
ZEAL(ジール)
Charmant Line Art(シャルマン ラインアート)

Markus T.(マルクスティー)

Pas a Pas(パサパ)

歩(あゆみ)

TART OPTICAR ARNEL(タートオプチカルアーネル)
NXTレンズ
TALEX(タレックス)
OZNIS by TALEX(オズニス)
Victorinox(ヴィクトリノックス)
WENGER(ウェンガー)