旧江戸川乱歩邸に行ってきました♪ | 福井県福井市のメガネ店 | face & wrist gallery SAKAI | 福井県、福井市、メガネ|

福井県福井市のメガネ店 | face & wrist gallery SAKAI | 福井県、福井市、メガネ|

お客様の心地よい暮らしにより添う「やさしいめがね」をご提案させて頂きます。

こんにちは、坂井なぎさですカピバラ

またちょっと空いてしまいましたが、ぐんと寒くなりましたね!

乾燥した空気がどうにも体質に合わなくて、この季節になるとここ近年ドライアイになりがちで、結構しんどいです。

今年は涙がからっからになってしまい、あくび3回してやっとちょっと涙がという・・・。

涙が出ないとなんだか神経痛にもなりやすかったりします。肩こりとか頭痛とか。

目って簡単に考えがちですが、本当に重要な場所ですよね。

目のことをもっとよく考えるきっかけにしようかな、とポジティブに捉えたいと思います。笑


定休日のご案内>>


ショッピングサイトへ行く!>>


HAPPY HIROと愉快な仲間達!☆SAKAI (坂井時計店)☆-facebook

チューリップ紫
http://facebook.com/sakaimy




iOFTの時に、やっと念願の!旧江戸川乱歩邸へ訪れることが出来たので、

今日はその旅日記?を書こうと思います!


HAPPY HIROと愉快な仲間達!☆SAKAI (坂井時計店)☆-IMG_0386

幼少の頃に江戸川乱歩の強烈な洗礼を受けて以来、

すっかり江戸川乱歩によって人生を捻じ曲げられてしまった、可哀相なわたし。笑

乱歩はわたしの人生には絶対に欠かせない超重要人物なのであります!

立教大学に隣接してひっそり?と佇んでいる旧・江戸川乱歩邸。

実はここ、開館時間が平日の水・金という、なんとも変な公開しかなく、

ずっと行きたくても行けずじまいだったんですが、今回やっと日程を調整して行ってきました!


HAPPY HIROと愉快な仲間達!☆SAKAI (坂井時計店)☆-IMG_0398


乱歩邸へと続く道に、こんな道案内が。

「うつし世はゆめ よるの夢こそまこと」

と乱歩が好んで使った言葉が彫られております。
この言葉は、乱歩が敬愛する、エドガー・アラン・ポーの言葉を短約して、この言葉にしたんだとか。


HAPPY HIROと愉快な仲間達!☆SAKAI (坂井時計店)☆-IMG_0381


あっ、やっと見えて来ましたね~。ここが江戸川乱歩邸です!

実はわたし、気合を入れて早くつきすぎてしまって、まだこちらは開館前です。笑


HAPPY HIROと愉快な仲間達!☆SAKAI (坂井時計店)☆-IMG_0382

表札です。右が江戸川乱歩の本名で、左がご子息様のお名前です。

こちらのお方は立教大学の先生をされていて(現在は教鞭はとっておられないようです。)、

その関係でこちら立教大学が乱歩邸の管理等をしているようです。

それにしても、ここに江戸川乱歩大先生がお住まいになられて、

あの有名な小説たちを執筆したのかと思うと、どきどきと胸が高鳴ります!


HAPPY HIROと愉快な仲間達!☆SAKAI (坂井時計店)☆-IMG_0383


やっと中に入ることができました!

乱歩は住まいを転々としていたんですが、晩年はここの家に落ち着いて、

最初ここは借家だったんですが、たいそうここの住まいが気に入って、

とうとう買い取ってしまったそうです。


HAPPY HIROと愉快な仲間達!☆SAKAI (坂井時計店)☆-IMG_0385

こんな立て看板まで!嬉しくなります。

小さいころは乱歩の少年探偵団シリーズをわくわくしながら読み漁りましたねー・・・。

そういえば江戸川乱歩は同性愛研究家という側面を持っています。


HAPPY HIROと愉快な仲間達!☆SAKAI (坂井時計店)☆-IMG_0387

最初に訪れる場所は、もちろん玄関です。

ここは資料室になっていて、なんと最近、乱歩の「黄金仮面」の原稿が見付かったそうで、

展示してありました。当時の編集者が持っていたそうですが、最近亡くなられたようで、

そのままこちらに展示することになったそうです。


HAPPY HIROと愉快な仲間達!☆SAKAI (坂井時計店)☆-IMG_0388


建物の中にはいることは出来なかったんですが、応接室を外から見ることができました。
この机で乱歩が執筆していたのかなーと思うと、もう感激です!

あとからご紹介しますが土蔵もあり、本当は土蔵のなかで執筆をしていた時期もあったらしいんですが、

冬があまりにも寒くて、長続きはしなかったそうです。笑

まあ、当時は断熱材なんてありませんでしたしね。

乱歩の話には土蔵もよく出て来るんですが、色々と妄想を膨らませていたんでしょうね、土蔵のなかで。笑


HAPPY HIROと愉快な仲間達!☆SAKAI (坂井時計店)☆-IMG_0389


よく見ると、時計とか電話とか。

まあ、時計はそうでもないと思いますが、当時にしては珍しいのかも?

ちなみにこちらの応接セットは乱歩特注のお品だそうですが、

もし乱歩邸のお客さまでここを訪れても、わたしはこの「長椅子」に座る勇気は微塵もないです。笑

乱歩の小説に人間椅子>> という小説があるんですが、これが気持ち悪いんです・・・。

ネタばれ反転→ネタばれすると、椅子のなかに人間が入っていて、

そこから好きな人をずっと見ている。っていう小説を小説の中で読んでいるお話です。

それ以来、長椅子に座るときは、とりあえず指で押して、

なかに何もないか確認してから座るクセがつきました。笑


HAPPY HIROと愉快な仲間達!☆SAKAI (坂井時計店)☆-IMG_0392


裏手には、江戸川乱歩に魅せられた方々が出版した、乱歩原作の麗しき本たちがありました。
こちら、丸尾末広画伯(笑)の本でございます。


HAPPY HIROと愉快な仲間達!☆SAKAI (坂井時計店)☆-IMG_0391


下は長田ノオトまで!
横尾忠則も然り、京極夏彦や夢野久作も然り。

乱歩が後世に与えた影響は計り知れないものがあります。


HAPPY HIROと愉快な仲間達!☆SAKAI (坂井時計店)☆-IMG_0394

そういえば、美輪さまは銀巴里のご常連さんだった江戸川乱歩とも親交があったんですよね。
三島由紀夫といい、時代の寵児に愛された美輪さまも素敵です。


HAPPY HIROと愉快な仲間達!☆SAKAI (坂井時計店)☆-IMG_0397


玄関から少しそれると、土蔵へ続く小路があります。


HAPPY HIROと愉快な仲間達!☆SAKAI (坂井時計店)☆-IMG_0395


どーん。そびえる土蔵は「幻影城」という名前です。

土蔵は開放していないため、内部は入り口からしか見られませんでしたが、
千夜一夜物語やドストエフスキヰなどの蔵書が多々ありました。

本棚はその人の頭の中そのものらしいですね。
乱歩はすごく読書家で研究熱心だったんだと思います。

皆さんの本棚はいかがですか?

わたしは何よりも本が好きで好きで仕方なくて、それは買っていると追いつかないほどで、

いつも図書館で借りて読んでいたので、わたしの本棚にはほぼ漫画しか詰まってません。笑

乱歩の本もいま思うともっていなかったりしますが、

それでも乱歩を知らなかったら、出逢わなかった作家や漫画家が多いことに、

今更ながらに気がつきました。

何気なく映画やアニメ・絵画を見ていても、時々乱歩の片鱗に出逢うことがあります。

きっと皆幼少の頃、あの怪しげな江戸川乱歩ワールドの異次元に旅してしまったんですね。

自分の原点である江戸川乱歩邸を訪れることができて、本当に素晴らしい1日でした!




※商品画像の色合いは、お客様のモニター等によって異なった見え方をする場合があります。 ご不明な点は、お気軽にお問い合わせください。

旧ブログはこちらから>>

HAPPY HIROと愉快な仲間達!☆SAKAI (坂井時計店)☆-twitter_logo_header

コスモス http://twitter.com/f_sakai

コスモス 今すぐ f_sakai で検索目アップ


気になる商品のお問い合わせなどはこちら!

※メールでのお問合せにすぐに返信できない場合もあります。

3日間過ぎても返信がない場合は、お手数で申し訳ありませんが、もう一度お問合せ下さい。

お急ぎの場合は 0776-22-1728(毎週木曜・第1水曜・第3日曜定休)までお願いします。

電話 0776-22-1728

手紙 info@f-sakai.com

家 http://www.f-sakai.com