市政が身近に | 衆議院議員 さかい学のスタッフブログ

市政が身近に

さかい学の妻です。私もスタッフの一人。


今日の「女性のサロン」で、今回の統一地方選挙での出来事を

伏見ゆきえさんが話してくれました。

「駅頭活動をしていると、みんな『この人だれ?』って顔で私のことを見るんです。

新人だから当たり前だし、そうしてもらった方がいいんですが・・・。

そのあと、必ずと言っていいほど、みなさんが見る場所って、どこだかわかります?」

・・・顔の次?たすきかしら?

みんなで頭をひねっていたら、

「靴なんですよ、靴」。

靴?みんなもちょっとびっくり。

「だから靴って大事です。」と、伏見ゆきえさん。

すると、参加者たちから

「せっかくだから、伏見さんのテーマカラーのターコイズブルーの靴にしたら?」

「どうせなら、子どもが履いてる上履き。つま先にブルーのゴムがついてるやつ。」

「もちろん、『伏見ゆきえ』って名前を書いて。」

と、次から次へ、ぽんぽんとアイデア?が出てくる。


こういうちょっとした会話が、お互いの距離を縮めて、

議員になった伏見さんに意見や提案、質問ができる関係になっていくんだなと

感じました。

「これからも『先生』じゃなくて『伏見さん』って呼んでください」という伏見さんに、

参加者たちも、市政も身近になることを期待しています。

これからもよろしくお願いします。



さかい学のHPはこちらから。