競馬界の至宝 | 坂井英光オフィシャルブログ「英光の架橋」Powered by Ameba
2010-05-08

競馬界の至宝

テーマ:ブログ

昨日で船橋競馬が終わったニコニコ


天気が良くて晴れ最高のGW開催だったが、


俺的には東京湾カップでブンブイチドウを

勝利に導く事ができなくて残念だったしょぼん



そんな開催の最終日の昨日。


朝、新聞を見ていると…



坂井英光オフィシャルブログ「英光の架橋」Powered by Ameba


叫び叫び叫び叫び叫び叫び叫び叫び



桑島引退!!



ビックリしたショック!



と同時に寂しさがこみ上げてきたしょぼん



船橋の騎手仲間も知らなかったみたいあせる



なんとも桑島さんらしい得意げ



桑島さんと言えば当然成績も凄いのだが、その人間性。



デビュー当初から天才と騒がれ、早くからその才能を発揮して

若くして南関東リーディングを獲った。


よく聞くのが「もっとシビアな性格なら、今頃とんでもない数字を残してた」と。


しかし桑島さんはどんなときでも情や筋を通して、たとえ大本命馬を頼まれても

先に依頼があれば何食わぬ顔をしてブービー人気の馬に乗っていた。



桑島さんを語る上で欠かせないエピソードがある。



まだ俺がデビューする前の1993年・第39回東京ダービー王冠1

桑島さんは3番人気のプレザントに騎乗した。

そのダービーの装鞍の時、自分の腹帯がなくて、

「これでいいや」と落ちてた砂だらけの腹帯を使ったという。



そして桑島さん騎乗のプレザントは見事優勝ビックリマーク



普通、ダービーや大レースともなれば綺麗な道具を使いたくなるけど、

桑島さんにとってはダービーだろうが1Rだろうが、

同じ競馬に変わりがないのだろう。



デビュー間もないアンチャンだった俺にも優しく接してくれた。



先輩も後輩も、人気の馬も人気のない馬も、そしてダービーも1Rも

桑島さんにしてみればみんな一緒なんだろうねニコニコ



恐らく勝ち星をたくさん稼ぐ以上に大切なものを得たのではないのかな。

そして成績よりも大切なものがあったのだと思う。


4万回を超す騎乗数は国内史上最高アップアップアップ


今月最後の浦和競馬がラストの予定のようなので、

そんな競馬界の至宝の勇姿を、是非競馬場まで見にきて下さい走る人



ではパー

坂井英光さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース