「白が生まれる場所。」白い器の工房より

「白が生まれる場所。」白い器の工房より

酒井崇全(さかい・たかまさ)が生みだす、白磁の器たち。


【個展】
名古屋 2022年6月28日~7月3日 
ノリタケの森ギャラリー 第2展示室

※新型コロナウイルス感染拡大の状況により、変更する場合がございます。
 お出かけの際は、最新情報をWeb等でご確認ください。
 
⭐︎酒井崇全 公式ホームページwww.sobrothers.com  
☆酒井崇全 Facebook Page →www.facebook.com/sakaitakamasaofficial
☆酒井崇全 Instagram →instagram.com/white.por
☆酒井崇全 Twitter →twitter.com/white_sakai
☆陶芸教室 Facebook Page →www.facebook.com/takatakastudio

2022年も明けて1週間がすぎてしましました。
そして、まさかの半年以上のブログ放置でしたドクロ

 

その間、刈谷で個展があったり、名古屋でグループ展があったりと、コロナ禍で再起不能ではないかと思われていたかもしれませんが、細々と活動をしておりましたにひひ

 

image

 

ブログの更新が止まった昨年の5月の個展の後、その頃から、工房と自宅の建替え計画が動きはじめておりました。

そして、2021年11月8日ついに工房と自宅の解体作業が始まりました。

 

image

 

更地のまま年を越してしまいましたが、もうすぐ第1期工事(窯場)がスタートします。今年の前半には、新たなステージが幕開けできるといいなと思います。

 

現在は仮住まい先で暮らしています。はて?年賀状の転送は1枚1枚転送シールが貼られて来るのかな?と思っていたら。。。

 

image

 

専用の転送用の袋に10枚前後パッケージされていましたにひひ

 

そんないつもと違う状況の年末年始。大晦日もいつもとは違う場所へ。

 

image

 

久國寺。ここの梵鐘は岡本太郎さんの『歓喜』

 

image

 

過去に、何度も訪れている場所だけど除夜の鐘は初めて。
ぜひ撞いてみたいと思っていたのですが。。。。

コロナの感染拡大防止のため、一般の参拝者は撞くことができませんでしたしょぼん

 

でも、音は聴くことができましたよ音譜

 

 

しかしながら、ちょっとものたらない。。。ということで次に向かった先鏡餅

 


 

初詣は、大須観音。すでに多くの参拝客で行列でしたが、ちょうどタイミング良く、人数制限の列の最前列!新年早々、ラッキーでしたアップ

 

そして、元旦の遅い目覚め。

 

image

 

既製品を切って並べただけの、雰囲気だけのお料理。

 

image

image

 

寅ではなく、うちのベンガル猫さん。

いつもと違う場所での1年のスタート。

 

そんな、穏やかなお正月でございました。

 

みなさま、本年もどうぞよろしくお願い致しますビックリマーク

おこんばんは〜お月様
ここ最近、根詰めて作業したせいで、手が腫れて痛みをごまかしながら仕事をしていますあせる

さてさて、出ちゃいました。。。マンボウうお座

『まん延防止等重点措置』が名古屋に適用されております…ガーン

がしかし、今のところゴールデンウィーク真っ只中に開催予定でございます。

 

昨年に引き続き、是非お出かけくださいとはとても言える状況ではありませんダウンもし、お近くをお通りの際は、少々お立ち寄りいただければ幸いです。

 

★ 個展(名古屋)
『白磁・酒井崇全 - 酒呑童子 -』

 

2021年5月3日(月・祝)~9日(日)


10:00~18:00 / 最終日は16:00まで
入場無料
ノリタケの森ギャラリー 第2展示室


 

〒451-8501 名古屋市西区則武新町 3-1-36


tel 052-562-9811

https://www.noritake.co.jp/mori/

 

※再開発工事の為、お客様駐車場は閉鎖されています。
ご不便をおかけしますが、周辺のコインパーキングをご利用ください。

 

※緊急事態宣言等に切り替わり、中止となる場合もございますので、

その際はこのブログや、その他 SNSで発信します。

 

image

image

 

 

先月、名古屋城の金鯱キラキラ疫病退散と復興への道に導くシンボルとして16年ぶりに地上に降臨したので、会いに行って来ましたドキドキ

 

この金鯱は今回で3回目の降臨。実は僕、1回目(1984年)・2回目(2005年)とも会いに行っているので、もちろん3回目も!です目
 
image
 
1984年の時は、めちゃくちゃ混んでて、ひたすら並んで、金鯱パビリオンの中も激混み。色とりどりにライトアップされてて、バブル時代真っ只中な展示でしたww 母が撮った金鯱の写真があるはずですが発掘できませんでしたので、YouTube ↓
 
2005年の時は、辻ちゃん加護ちゃんのダブルユーが金鯱コスチュームでスペシャルサポーターをしてて、金鯱は金色の金鯱ドームの中。この時は金鯱にタッチできましたが、撮影は禁止だったはず。それなりに賑わっていて、金鯱ドームは並びました。
 
2021年の今回は、まさかの野ざらし叫びフォトコースカメラを予約して金鯱を独占しましたが、雨降り雨 「天下様でもかなわぬものは 金の鯱ほこ あまざらし」と謳われたらしいし、水を呼び城を火から護ってくれるらしいから、金鯱には一番相応しい日だったかなキラキラキラキラ
でも人は疎ら…ガーン なんだか今の時代を象徴してるかな…
 
image
 
image
早くも、桜の便りが届き始めました桜
さて、本日から台湾(台北)で、10年ぶりに作品が展示されていますニコニコ
(ちなみに、10年前のワールドデザインエキスポの記事→こちら
 
会場はこちら→(臺北當代工藝設計分館
 
image
 
台湾・日本交流企画展「幸福工藝」
国立台湾工芸研究発展センター
台北ブランチ 4F企画展示室
2021年3月16日(火)~5/16(日)
 
image
 
台湾キュレーター:黃世輝 國立雲林科技大學設計學院 教授兼図書館館長
日本キュレーター:唐澤昌宏 国立工芸館 館長
 
この度の交流展は、台湾国立工芸研究発展センター台北ブランチとJCDAの共同企画・運営で実施されます。展示された作品より台湾と日本の現代のクラフトの共通点と相違点を知ることで、互いのクラフト文化への理解を高め、アジアに於ける新たなクラフトの交流と発展に向け発信していくことを目的としています。
 
幸福工芸というタイトルが表しているものは「創る幸せ、使う幸せ」それは、工芸(クラフト)の原点と言えます。台湾から48作品、日本から47作品が展覧されます。

 

 
私、酒井の作品は「ジキメン(磁器面)」より5点です。
 
image
 
image
(※画像は、日本での展示時)
 
今回は、コロナ禍の国際情勢から、現地に行けず。。。。ダウンダウンダウンダウンダウン
パーティーはオンラインで中継してくれるらしいです、しかしオンラインガーン

10年前、めちゃくちゃ楽しかっただけに、残念無念しょぼんしょぼんしょぼん

コロナ憎しドクロ
2月になりました。早いものですあせる
まだコロナの影響が続きますが、立春より東京でグループ展があります。

image
 
今回は酒井崇全の手がける桃の形の定番作品『ぴーちシリーズ』より数点出品致します。
緊急事態宣言下にございますので、強くオススメできないのですが、もし近くに行かれる用事がございましたら、少し立ち寄っていただければ幸いです。
 
私自身、会場に行く予定でおりましたが、当地 愛知県も国の緊急事態宣言下にございますので、作品のみとなります。ご了承ください。
 
image
 
(公社)日本クラフトデザイン協会 会員展
『ていねいな暮らし』展
2021年2月3日(水)~ 9日(火)
9:00~21:00(最終日15:00まで)入場無料
丸善 丸の内本店 4Fギャラリー
東京都千代田区丸の内1-6-4 丸の内オアゾ
 
陶磁、ガラス、金属、ジュエリー、木、漆、テキスタイル、竹、籐など幅広い素材と分野の会員108名によるクラフト作品をご紹介します。作家の手から使い手である皆様の手へ。身近な人たちとの日々を丁寧に過ごすために、作家が心を込めて生み出した暮らしのための道具の数々をご高覧ください。ギャラリーに隣接した特設会場では、会員13名による展示即売会「クラフトマンズ マーケット」を開催します。
 
主催:株式会社 丸善ジュンク堂書店
   公益社団法人 日本クラフトデザイン協会 
後援:公益財団法人 日本デザイン振興会・毎日新聞社
(本展の売上の一部を毎日希望奨学金に寄付)
 
※新型コロナウイルス感染拡大の影響により変更になる場合がございます。最新情報は日本クラフトデザイン協会Webにてご確認ください。
 
 
そうそう、先日近くのモールに行ったら。。。
 
image
image
 
あら〜まだ開催されていないオリンピックですが、半額になっていましたドクロドクロドクロ

新型コロナウイルス感染拡大で、第1回目の緊急事態宣言が出された昨年のお話。

工房も休業したわけですが、その時に「土人形」づくりをしました。

もともと、いつか「土人形」か「張子」を手がけて見たいと思っていましたが、陶磁器の工房なので材料は揃っている&三河地方には土人形文化があったので、土人形にしました!

 

image

 

「堂全堂」は「たかまさどう」と読みます。デザインは酒井崇全がしますが、誰でも作れるような制作工程にしてあり、酒井本人が仕上げなくても良いので「工房作品」となり、作家名を付けずに新たなブランド名を付けました。

 

image

 

その第1号作品は、疫病退散で一躍有名になった妖怪さん『アマビエ』&『アマビコ』です。

 

image

 

image

 

image

 

image

 

昨年5月にSNSで発表して、実は在庫切れ。。。

ってことで、今年の第2回目の非常事態宣言で追加制作をしております。
 

現在、愛知県が主催する「クラウドファンディング・プロジェクト #チームあいち元気アクション」に出店されている「Rinne」さんで、酒井崇全プロデュースの土人形「堂全堂 #アマビエ ちゃん& #アマビコ くん」を販売しております。

 

とりあえず、このサイトでは、あと数日の1月末までの販売となっております。
もし、期限が過ぎてしまったら、うちの工房に問い合わせください。

 

 



ついでに、自分のロケーション撮影も(冗談です)
キャップのせいで、アマビエみたいですが。。。

 

image