プーシキン美術館展

テーマ:

初来日のモネの作品があると

ずっと気になっており...

ようやく観に行けました!

プーシキン美術館展@東京都美術館

 

《草上の昼食》クロード・モネ 1866年 は、

26歳のモネがマネに感銘を受け描いたもの。

縦5M X横7Mの大作を仕上げる前の習作。

 

どんな風に心動かされるだろうか...と

ドキドキしながら、大きな作品の前へ。

 

自然と光と人々の織りなす艶めきに、

無音の音楽に酔った様な感覚に...

期待通り、大変魅了されました。

 

今回の展示は

「ー旅するフランス風景画」と題され

ルノワール、セザンヌ、ルソーなどの

フランス印象派の多数の作品が揃います。

まさに、時代を越えたフランス情景を

‘旅した’よう...

 

私が中でも気に入った作品は

《陽だまりのライラック》でした。

クロード・モネ 1872-73年

 

あと約二週間 7月8日まで開催中です♪