現代俳句社版『芝不器男句集』の表紙。 

 芝不器男の句集は昭和9年に九州の「天の川遠賀支社」から出た。編集にあたったのは横山白虹。この句集を所持していないが、昭和22年にこれの復刻版を石田波郷が現代俳句社から出している。これは持っているのだが、この句集の波郷の後記に昭和9年版の「芝不器男句集」は「僅かに   部しか世に出なかつた」というくだりがある。   部のところが空白のままである。部数が分からず空白にしたのだろうか。それともここを埋めわすれたのだろうか。谷さやんさんあたりに聞きたい。

 天の川版『芝不器男句集』の書評を水原秋桜子が書いている。句集が出てすぐ書いたらしく、その年9月に出た評論集『定型俳句陣』に収めている。この評論集は背皮、天金という豪華なものだ。

 秋桜子は「あなたなる夜雨の葛のあなたかな」「籾摺や遠くなりゆく小夜嵐」などの秋の句9句を挙げ、秋の句が「最も佳作に富んでゐる」と言っている。おもしろいのは、

   泳ぎ女の葛隠るまで羞ぢらひぬ

   栗山の空谷ふかきところかな

について、「泳ぎ女」「栗山」などの「詞に多少の生硬をおぼえる」と言っていること。春の句の「白浪を一度かゞけぬ海霞」の「海霞」にも「不熟語の難点」があると言っている。栗山という言い方は蜜柑山などと同じ言い方だから別に生硬ではないと私などは思うが、秋桜子は珍しさを強く感じたのであろう。「泳ぎ女」にはわたしもよい感じがしないが、「海霞」というのは果敢な造語だった気がする。

 秋桜子は不器男を高く評価した上で言葉の生硬、不熟を指摘しているのだが、わたしの見解では、生硬と見えるような言葉を取り込むこと、その果敢な試みが不器男の句のかがやきをもたらしたのである。