ダウンタウン・イエローナイフに戻ってきたら、今度はノースウエスト準州議事堂に向けて出発‼
といっても、どうやら今朝行ったノーザンヘリテージセンターの先らしく、一日で二往復もこの道を歩くという…びっくり私の旅ではめったにないホテルの回り以外を複数回歩くってやつ…爆笑
ノーザンヘリテージセンターの先にノースウエスト準州議事堂はあるらしく、進んでいくとこんな記念碑を発見‼
何なのか詳しく見たかったけど、雪で埋もれてて分からず…。

さらに先に進んでいくと、何もない雪道を歩くことに✨本当にこの先にノースウエスト準州議事堂はあるのかな⁉って不安になるぐらい何も見えないえーんそしたら、いきなりノースウエスト準州議事堂が現れたびっくり
↑分かりやすく書いてあった👍

↓そして、トナカイさんもお出迎えウインク
中にはいると無料オーディオツアーのiPodを貸し出しますっていうのを見つけたおねがい必要な人は受付に🎵って書いてあったから、受付で借りることに((o(^∇^)o))
そうしたら、受付のおじちゃんがiPodで準備をしてくれた。言語はノースウエスト準州の9言語とカナダの公用語のフランス語と英語、そして、なんと、日本語の12言語なんだって🎵なので、おじちゃんは日本語で設定してくれました✨そして、ツアーのしおり(iPodの使い方とか議事堂の地図とかがのっているの)をくれました。

夏の議事堂がキレイに表紙を飾ってる🎵
中にはどこで何番の説明を聞くって書いてあって、すごい分かりやすい👍でも、順番通りに聞いていく方がいいんだって‼ってことで、まずは、適当に広場の真ん中辺りで一番を聞くことからスタートらしい🎵
裏にはiPodの使い方や後で説明が出てくるメイス(Mace)の説明も書いてあった✨

iPodオーディオツアースタート‼

真ん中で一番を聞いたら、次は、この建物の入り口側のこの大きな窓の話から🎵
この窓の方角、サイズ、角度などは、全て計算されていて、冬は日照時間の短く、夏は日照時間の長いイエローナイフの特性にあったものになっているんだって👍

そして、外から上の写真の窓を通して見えるのが、これ(↓)❗窓からきれいにこれが見えるようになっているんだって✨これも日差しとかを計算した上らしいびっくりちなみにこれは議事堂です‼
そして、カナダの公用語の英語、フランス語とノースウエスト準州の民族の9言語で書かれたこの議事堂の建設目的みたいなやつ❗(↓)読めない字がほとんど‼ノースウエスト準州の人たちは読めるのかなぁ❓気になるので、後でiPodを返すときに聞こう🎵
おっちょこちょいというか、抜けてるというか、単なるバカと言うか、そんな私はここでちょっと順番がiPodとマッチしなくなり…。(きちんと地図で場所を理解しないからこういうことになる…。)
なので、最終的にはきちんとした説明を聞いたんだけど、これ(↓)が今のものか昔のものか分からなくなったびっくり
ただし、覚えているのは、これはノースウエスト準州の議会にはなくてはならない物で、とても重要なものだってことと、上から下までそれぞれのパーツには意味があること、議会の開催時には、これの儀式をしてから始まることびっくり
しかも、上の写真に関しては、ダイヤが上の先っぽ(写真でいう右側)に埋め込まれているらしく、鏡で見れるようになっていた👍たしか、ノースウエスト準州の特産のはず❗

下の写真は、新しいのだっけ、古いのだっけ❓今使われているんだっけ❔そんなことも忘れたけど、用途は上の写真と一緒。議会の会期中には、議事堂の真ん中に置かれて、なんか儀式があったんじゃなかったかな✨

そして、それぞれの部位やこの絵柄には意味があるって言ってたウインク
一緒に撮ってみるとすごい素敵な写真が撮れたし、ノースウエスト準州の歴史を感じることが出来る✨
iPodの説明は、次に進み「上を見上げてください」って言われたから、上を見上げたら、そこには旗が‼ノースウエスト準州の旗らしいです✨
この旗にもそれぞれの絵とか柄とかに意味があるらしい。それぞれについて、説明してくれた。けど、忘れた。あのiPodは持って帰ってきたいぐらい色んな情報が詰まってたなぁ照れ

旗の下辺りには、こんな像があった✨ほかの事があまりにも私にとって衝撃的だったからか、この像のことはあまり覚えていないという…。
そして、さっきの杖みたいなの(メイス)の右側には、こんな展示がありました👍ノースウエスト準州の民族というか部族の一つの道具みたいです✨
これもそんな感じだったと思う🎵絵や模様が伝統的な物みたいで、私にとっては珍しかったびっくり
そんな感じでまだまだノースウエスト準州議事堂のiPodのオーディオツアーは続く。

次に続く。