IT×●●で、イノベーションを起こす! | 船井総研 IT・ソフトハウス専門コンサルタント斉藤芳宜のブログ

船井総研 IT・ソフトハウス専門コンサルタント斉藤芳宜のブログ

経営コンサルタントの斉藤芳宜がコンサルティングの現場から業績アップの秘訣をお届けします!


テーマ:

「牧場を、手のひらに。」



5月21日に、鹿児島で「ファームノートサミット2014 in 九州」が開催されました。


主催は、ITベンダー経営研究会の会員さんであるスカイアークさんが立ち上げたファームノート さんとシステムフォレストさんです。



今回のイベントは、まさに、IT×農業の融合でイノベーションを起こす!です。


ファームノートさんは、酪農・畜産向けクラウドサービスに特化したITベンチャーです。


「牧場を、手のひらに。」をビジョンに、いつでもどこでも牧場経営ができる世界を目指し、酪農・畜産業界の経営効率化をITで推進しています。



今回のイベントで、私になりに次のような気づきがありました。



1.ビジョンと想い


まずはなんといっても、ファームノートの小林社長の熱い想いです。


ファームノートさんの本社は酪農と畜産のメッカである帯広にあります。

そのため、農業に対する危機意識が人一倍強いです。


今、日本の農業はTPP参加など将来的な不安が多く、今後より強い農業が求められています。


そこで、これからはもっと効率的で競争力のある経営が求められると考えています。


クラウドやモバイルを活用して、農業を効率化し、競争力を高めていこう!というのが小林社長の考えです。


「牧場を、手のひらに。」というコンセプトは、スマートフォンを活用して、いつでもどこでも牧場の状況がリアルタイムに把握できる環境をつくろうという想いからきています。


この熱いビジョンに共感していた人は非常に多かったと思います。


おそらく、これからファームノートの取り組みを応援する人がドンドン増えてくるでしょう。



2.ITで課題解決


ITで解決できることの可能性は非常に大きいです。


特に、クラウドとモバイルを組み合わせることで、これまで実現したくてもできなかったことが、簡単にできるようになります。


今回発表された「Farmnote」は、牛の個体管理を簡単に実現するアプリです。


牛の個体管理を行うことで、これまで勘と経験で牧場経営してきた状況から、すべてが見える化され、未来を予測できる経営に変わります。


スマートフォンの中に、まさに手のひらに、牧場経営のすべてが入ることになります。


また、小林社長がこだわっていたのは、「入力」です。


結局、どんなにいいシステムでもデータを入力しなければ、タダの箱です。


小林社長曰く「入力しづらいシステムはありえない」と。


まさにそのとおりだと思います。


入力してこそ、システムとして機能するわけです。


なので、入力画面のインターフェースには、トコトンこだわっていました。



3.イノベーション


「IT×農業」、「IT×医療」、「IT×伝統文化」・・・


ITと何かを組み合わせることで、イノベーションを起こすことができます。


衰退産業、あまり変化しない業界、時代遅れになっていた業界が、ITと融合することで生まれ変わります。


具体的には、クラウド、モバイル、ソーシャルの技術を活用することで業界を変えるインパクトを与えることができます。



ITって本当に可能性のあるものだと思います。


この業界に携わることができて、本当に幸せだと思うとともに、改めてやりがいを感じるイベントでした。



斉藤@船井総研さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス