船井総研 IT・ソフトハウス専門コンサルタント斉藤芳宜のブログ

経営コンサルタントの斉藤芳宜がコンサルティングの現場から業績アップの秘訣をお届けします!



テーマ:

 

ノキアは、150年以上の歴史を持つ会社です。

150年もの間、様々な変化を遂げています。

製紙業から創業し、パルプ、タイヤ、家電など、時代とともに主力事業を変えながら、永続経営を行っています。


ノキアと言えば、携帯電話のイメージが強いかと思います。


1998年~2011年までは、携帯電話の市場シェアトップでした。

しかし、スマートフォン事業への移行に失敗し、大リストラをすることになります。

今では、ネットワークインフラ事業が主力事業となり、業績も急回復しています。


ノキアはここ数年で、大規模な事業売却と買収を行い、いわゆる集中と選択を進めました。

・2014年 携帯端末事業をマイクロソフトの売却
・2015年 アルカテル・ルーセントを買収
・2015年 オンライン地図サービス事業を売却
・2016年 デジタルヘルスケア企業Withingsを買収

今後の注力分野として、スマートヘルス事業を加速させる予定です。

フランスのデジタルヘルスケア企業Withingsの買収をきっかけに、ARやVRの技術なども用いて、健康事業分野に本格的に参入していくとのことです。

大リストラ後、BtoBに特化したモバイルネットワークに集中し、業績を回復させましたが、満を持して再びBtoC事業であるスマートヘルスの分野への打って出ることになります。

これからの動きに注目です。


では、これだけ時流に適応して変化してきたノキアが、なぜスマートフォン事業への移行に失敗したのでしょうか?

今回講演してくれたノキアの幹部の方は、こうおっしゃっていました。


「成功していることに慢心していた。

携帯端末事業がこれからも成功すると思い込んでいた。

Hungry精神の欠如が問題だった」



また、印象的だったのは、

「arrogant(傲慢さ)」というキーワードです。


調子が良い時や成功している時こそ、慢心することなく、むしろ謙虚さが必要です。


また、ノキアには、「NOKIA Value」という行動指針があります。

・Respect:尊敬する(従業員、顧客、株主)
・Achivement:達成する
・Challenge:改善に挑戦する
・Renewal:スキルを改善して新しいものに変えていく


この行動指針こそが、復活の原動力になったのかもしれません。


ノキアが復活してこれたのは、

失敗をしっかり受け止め反省し

変わりゆく環境の中で、自らを変革し

集中と選択を進めたからと言えます。



 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。