こんにちは
齋藤歯科医院 副院長の
齋藤千夏です。

夏真っ只中ですね!
子どもたちは夏休みに入り、
こんがりと日焼けした元気な姿で
来院してくれています。

大人の方はと言いますと、
夏バテ気味で暑さにぐったり
という方もおられます。笑

しっかりと栄養と睡眠をとって、
暑い夏を乗り切りましょうね。

さて、最近の出来事と言えば、
先日 燕市の中学生が齋藤歯科医院に
職場体験にいらしてくれました。

3名の中学生が、歯科の現場やバックヤードの
お仕事を実際に体験するこの職場体験。

診療後の後片付けや、患者さんの誘導、
託児のお手伝いや、資料の準備、
書類へのハンコ押しなど、
仕事の内容はさまざまです。

お仕事に対する真面目さと、
しっかりとした返事や挨拶はさすがだなと
感心しました。

思い返せば、私も中学生くらいのときに
「将来、医療系の仕事をしたいな」
「白衣を着る仕事に就きたいな」
「誰かの役に立つ仕事をしたいな」と、
漠然と考えていました。

高校受験を意識しだす中学2年生くらいの時期に、こうしてさまざまな仕事に興味をもつことは大切だなと感じます。

世の中には、ありとあらゆる仕事、
職業があります。

中学生の今から、世の中にある色んな仕事に
注目し、興味を抱き、その仕事の楽しさや
その仕事を通してどんな人生を歩みたいか考えることができたら、スゴイ大人になるでしょうね。

ただなんとなく、とか
とりあえず、ではなく

あれがしたい、
これがしたい、
あぁなりたい、
こんな自分になりたい、

そんな風に夢を持ってくれたらいいなぁと
思います。

そして、自分らしさとか、
自分が得意とするものを見つけられたら
素晴らしいですね。

自分らしさや得意なものを見つけられて、
それを仕事に活かせたら、
どんなにか人生が豊かで楽しいもの
になるでしょう。

中学生とさまざまなお話をしながら、
そんなことを考えていました。

{1CFB2CCE-C130-4971-8EE0-DA74691C2E3E}

{5FAAEC84-5C21-47A5-908E-A932E5364EEA}