彩ずる仏の鼻を欠く

彩ずる仏の鼻を欠く

彩匠堂 代表ブログ


テーマ:

プリプレスとは、印刷の前の工程であり組版や校正を経てから印刷の原板を作るまでの一連の作業の工程になります。簡単に言えば料理で言う下ごしらえのようなものでしょう。また、DTPとは、デスクトップパブリッシングの略でデザイナーや編集者がコンピュータを使うようになり印刷までの工程の一部がコンピュータ上でできるようになってできたものです。

 

文字が主体となっているページのプリプレスは中でも文字組版の占める割合が多いです。

 

オフセット印刷におけるプリプレス作業はかつては写植を版下に貼り付ける方式の文字組版を基にして行われてきたのですが、現在はパソコンを使ったデジタル方式のオフィスDTPに似ているシステム構成の文字組版を基にする方式で行われることが、ほとんどとなっています。

 

デジタル組版ではパソコンの画面上で画像と文字を組み合わせたページをレイアウトして全体的なイメージを決めることが可能です。

 

そして出力する機械をイメージセッタにすると組版結果を電算写植システムと同じ様にフィルムや印画紙に焼き付けてそのまま出力することができます。

 

プリプレス作業はそういった点においても進化しているといえるのですが、それよりもデジタルでの製版プロセスの中でも特にカラー製版に組版結果を利用できるということがデジタル組版が持つメリットです。

 

またデジタル製版をデジタル組版と組み合わせた状態でプリプレス作業を行うことをデジタルプリプレスと呼びオンデマンド印刷で採用されています。

 

商業印刷会社でも出版印刷会社でもデジタルプリプレスが今現在は主流です。

 

デジタルプリプレスは色校正紙を作成したり、その後に修正を加えたり、カラー画像を加工したり補正したりするのも、これまでのアナログ方式と比較すると大幅に簡単に行うことができます。

 

校正をすることによりページのデータが出来上がると面付けというA2判などの印刷用紙に対応できるサイズに付け合せる処理を施して製版に使うデータになるのです。

 

予備として製版向けデータをベースにしたデジタルカラープルーフを用意しておくこともあります。

製版するプロセスでは製版向けデータを出力して印刷機にセットする刷版を必要となる分だけ作っておくことが必要です。

 

 

彩匠堂

https://www.saisyoudo.com/

印刷コンサルタントがお客様の印刷をサポート。目的や用途に合わせた御提案を行います。
DTPを含め、印刷から製本、印刷後加工から発送までワンストップでお受けします。お気軽にお問い合せください。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス