飛散防止自動シート導入 | 砕石屋さんのブログ

砕石屋さんのブログ

日々の事柄その他を綴っていきます。

ダンプに粉塵の飛散防止自動シートを導入しました。
 
砕砂を運送時、従来は、荷台にあがり、ドンゴロスなどシートをするなどをしており、
荷台から転落する事故などがありました。
 
そこでなんかよい物がないかと探しており、
最初は大林道路さんが開発された合材シートを見つけ
その後、長崎のJ-LINEさんにたどりつきました。
 
保温の必要がなく、シートかける時に手間もいらないのでこちらを導入しました。
 
まずは、プラント向けの増トン車に取付をしました。
シートをしております。横からの見た目は通常コボレと同じです。
 
コボレを開くと、延長分が出てきます。
地面に当たるかと心配もありましたが、大丈夫です。
 
後ろから、動作写真です。
 
懐かしいジュディオングみたいに広がります。
 
 
 
上まで上がったとこです。
 
その後、バターンと延長部分が倒れます。
 
そのまま、ぶつかる事なく、シート完了です。
 
運行1ヶ月ほど経過してますが、構造も単純で、不具合なく動いてます。
荷台に上がることがなくなったので、砕砂を運ぶ車に順次導入予定です。
なにかあれば、J-LINEさんへ問い合わせてください。