じゃあ、私はいつから白髪染めを開始したのでしょうか?

 

実は、あまりはっきりとは覚えていません。

 

おそらく大学に入学してすぐ、18歳ぐらいからヘアカラーをはじめ、就職してから徐々にヘアダイ(白髪染め)になったような気がします。

 

白髪が少ないうちはヘナも試してみました(⇒草によるアレルギーがあるせいか、通常のヘアカラーやヘアダイよりもひどいかぶれに悩まされました)。

 

カラートリートメントも試してみました(⇒剛毛のせいか、ほとんど染まらずにお風呂ばかりが汚れました)。

 

美容院でお願いするカラーリングはもちろん、ホームカラーもひと通り試しました(⇒自慢じゃないですが、私、セルフカラーリングのプロを自負しております!)。

 

最終的には、

 

①美容院で染めてもらう

②1週間後ぐらいからポツポツ出てくる白髪をじっと我慢

③きっちり1か月後にホームカラー

④すぐに白髪が顔を出すが、少なくとも3週間は我慢!

⑤限界に達したら、また美容院でカラーリング

 

このサイクルを回すのが習慣になっていました。

 

一番つらいのは、美容院や家、それぞれで染めた3週間~1か月後です。

 

分け目が目立ちづらい髪型にしても、チラリと見える白髪たち。

 

エスカレーターに乗ったとき、ふわっと風で髪が広がった瞬間など、いつもいつも嫌な気分を抱えていました。

 

自意識過剰だと言われるかもしれませんが、常に白髪の恐怖と闘っていたといっても過言ではありません。

 

自分の髪なのに。

髪の色も個性のはずなのに。

 

白、茶、こげ茶、黒……。

いろいろな色がミックスしている、幸せそうなキジトラ白猫氏。