まだ若い? もう年寄り?

40代も半ばに差し掛かると、この二択に心が引き裂かれます。

特に、髪に関しては。

 

20代のころからヘアカラーが欠かせなかった私は、30代の半ばごろからグレイヘア(白髪)で生きていきたいと思っていました。

 

だって、ヘアカラー、痛いし。

染めた数日後、根元に光る白い部分を見つけたときにひどく落ち込むし。

 

でも、いろいろと調べると、白髪=不潔と思っている方が多いようなんですよね。

 

そして、至極ごもっともなご意見。

 

「40代で白髪頭なんて、みっともないよ」

「グレイヘアは60代になってからでいいんじゃない?」

 

うんうん。分かります。

でもさ、もう、本当に、辛いんだよ。

 

害虫でも見つけたかのように、眉間にしわを寄せながら白髪を塗りつぶす瞬間が。

 

何も悪くないのに、自分自身を罰しているようで。

 

だから、45歳になったのを機会に、グレイヘアに生まれ変わることを決めました。

 

途中には心が折れそうになることもあるだろうし、

染めたほうがラクだなと思うこともあるはず。

 

そんな心の記録のすべてを、このブログに記録していきたいと思います。

 

 

 

キレイなグレイヘアになるまでには、こーんな階段が待ち受けているんだよね、きっと。

 

AD

コメント(4)