星組公演『Bouquet de TAKARAZUKA』2回目&3回目

テーマ:

星組星組公演『Bouquet de TAKARAZUKA』

2回目&3回目観劇。 
今回は『ベルリン、わが愛』同様、 
昼公演は完全にかいちゃんをオペラグラスオペラグラスキラハートで追っかけ、 
夜公演は全体を見つつかいちゃんを・・・オペラグラスキラハートでした。 
今回は2階とも1階席です。 
昼公演はやや下手。

 

夜公演はセンターです。 


11月30日(木)昼公演は阪急交通社貸切公演。 
なので、もちろんアドリブも盛りだくさん。 

まずはツアコンのちぐさん(美稀千種)。 
ブギウギパリの直前に、「パリ旅行の際は阪急交通社でー!」と言ってハケました。 

それから「セ・マニフィーク」のラストで、さゆみ(紅ゆずる)「阪急交通社!」 
直後の「サ・セ・ラムール」もラスト。 
3人で「阪急交通社!」 

もう、、、ここまできたら

「サンキュー!」みたいなノリで「ハンキュー!」をやってくれよー・・・と3回目には思っちゃいましたがahaha;*(汗)。 

 

 

阪急交通社貸切公演と言えば、幕間休憩の抽選会。

もちろん、いつも通り何も当たりませんでしたが・・・・・フッ

司会は元花組の夏空李光(なつぞらももみ)さん。

86期生だそうです。

そして抽選をするのは103期の瑠璃花夏ちゃん

ショーでは、「オーシャンゼリゼ」の場面で、初めて男役さんと組ませていただくとか。その男役さんは、同期のお姉さんなのでいろんな意味で緊張しているとのこと。

同期のお姉さん、、、ちゃんと名前を言ってくれてもいいのよ、るりはなちゃんニコ
どうやらその同期のお姉さんである男役さんとは、後で調べたところサキッポ(蒼舞咲歩)でした。

(舞台上では確認できなかった・・・(汗)。 「オーシャンゼリゼ」の場面では、せおっちばっかり見てたからだね)

サキッポの妹は宙亜音有星くんでしたとさ。

「昔ながらの宝塚らしい娘役になりたいです」とのことでした。

昔ながらのという言葉が印象的でした。



さてと。 
プロローグの淡い色遣いのお衣装。 
今回は裏地にも注目しつつ、そのさりげない美しさを堪能。 
そして、

♪+゜ブーケドタカ~ラヅ~カ~ で、みんなが優雅に手を開く姿に、花が開く優美さを感じてうっとりキラハート 
やっぱり、そこはかとない『ロマンス』感。 
私、ロマンスのプロローグも初見は「綺麗だけど大人しいな~」なんて思って見ていたんですが、2回、3回と観るうちにどんどんハマって、いつまでも口ずさんでしまう&うっかり身体も動いてしまうという結果になったのでした。 
『Bouquet de TAKARAZUKA』にも似たような、観るほどクセになる感を感じています。 


ところで、このプロローグ。 
かいちゃんをオペラグラスで押さえると、その後ろにきわみしん(極美慎)が入るという最高のポジショニンググーハート。 
なお、 
このプロローグであんるちゃん(夢妃杏瑠)と踊るかいちゃん。 
あんるちゃんの顎を指でこう・・・クイっハート。というか、指を順番に折りながら「カモン!」的にクイっハート。とやるんですよね・・・ハート

エッロ好き・・・。


それから次の、ことちゃん(礼真琴)のシーン。 
『誰がために鐘は鳴る』の革ジャンを着たシーンですね。 
ここで、今回はことちゃんのバッグに付けられた『阿弖流為』のモチーフ(角みたいなヤツ)をしっかり確認いたしましたオペラグラスキラハート! 
お衣装さんの愛ですね~キラハート
もしここでのお相手がくらっち(有沙瞳)だったら、完全に阿弖流為と佳奈の生まれ変わりだと思うところでした。

切ないシーンだけど。。。 



で、舞台はパリへ(Θ_Θ) 
あーちゃん(綺咲愛里)とくらっちの

「モンパルナスハート

「モンマルトルハート

に果てしなく萌える時間ハート


「オーシャンゼリゼ」では、せおっち(瀬央ゆりあ)に注目オペラグラスキラハート 
せおっちの、ハットの使い方&手の形が、

完璧に計算&お稽古されていて、本当に美しいんですよ(-∀-)イヒッWハート

みっちゃん(北翔海莉)仕込みなのが、しっかりと伝わってきてすごくうれしいです(-∀-)



そしてパリと言えば

色気大放出のアパシュかいちゃんキラハート 
「あぁ!」と吐く息も色っぽいアパシュかいちゃんキラハート
乱暴な投げキスsao☆がまたいいですよね好き・・・。 
このショーでは、アパシュとスパニッシュで、計3回は乱暴な投げキスをくらうことができますね。大変です好き・・・。


その後の「ブギウギ・パリ」はリズムで存分に遊ぶことちゃんを満喫し、感心する時間。
周りの人が全然目に入らん。。。 
これは絶対に、何度見てもため息もんだわ。 

それに「サ・セ・ラムール」のぴーすけ(天華えま)

こちらも感心するわぁ。 
のびのび自分を出しつつ、しっかり男としてカッコいいんだから素晴らしいです。 



スパニッシュの場面。 
ターバンかいちゃん・・・イケメンすぎますポッ
そして、前回はきちんと見られなかったことちゃんお帰りの瞬間。 
帰ってきた瞬間に見たものは、

彼女と見知らぬ男の熱いキスシーン・・・

「おい( ゚Д゚)・:、ゴルァ」 
そりゃあそんなもの「おい( ゚Д゚)・:、ゴルァ」ですねコッショリ



さて、 
かいちゃんが出で言っていた「ちょいちょいアクシデント」で、私が気が付いたもう1個はこのスパニッシュの場面です。 
夜公演。 
さゆみがことちゃんを刺そうとしてやめ、

投げつけたナイフが・・・

ポッキリと折れましたイヒヒ・・・(汗)。
頑張って気持ちを抑えまくった結果ですねー。力が入っちゃったんですねー。 

この後、あーちゃんがさゆみを見て、足を後ろに蹴りあげてスカートをまとめ、足早に去っていく姿が美しくて好きです。 
あーちゃん、、、最初の身体を反らせる姿も美しかったし、こういう情熱的なジプシーの女性が似合うのかも。 


さて、この場面でかいちゃん。 
はるこちゃん(音波みのり)とイチャイチャっぽくしてるんですが、

はるこちゃんの顎をクイっハート。とやるんですよね・・・ハート

はいはい、またまたエッロ好き・・・。




退団者3人がセンターで踊る場面は、1回目は「あ!」でしたが、もうどこかわかっているので、いっぱい拍手を送りますパチパチ 


そして、3色の薔薇黒薔薇1バラバラ〜 
いつの間にか赤が似合う

情熱的で色気ある男になっちゃって・・・ポポッ

 

 

最後。

阪急交通社貸切公演のご挨拶。

台湾公演&写真集のご紹介を兼ねて、台湾のオススメポイントを質問。

「食べ物が美味しいし、人が温かい。道に迷っても英語で、、、いや日本語で、、、いや漢字で劇場が近いかと遠いか書けば教えてくれる。すごく親切で、私でも一人歩きできます」とのこと。

そして台湾公演の意気込みを。

「台湾公演の!?」と返しつつ、「台湾公演も本公演も一丸となって頑張ります!」

そして、ここまでしゃべってからご挨拶を振られたので

「では、、、最初から行きます(笑)。本日は阪急交通社様貸切公演にお越しくださいまして・・・」で、客席にひと笑い起きました。

ラストは緞帳が下りていく中、身体を屈めて手を振り続けながら

「ありがとうございましたー!台湾にも来てくださーい!」

ああ、それでこそさゆみだよ!と満足満足でした。



というわけで、2回目と3回目の記憶がグチャグチャに混ざり合っていますが、 
中学生男子のゆっきーくんに

「ミラーボールミラーボールキラキラが何回も出てきてー」と言われて

「おう!ミラーボール!? あかん、、、全然覚えてないわ・・・オペラグラス見すぎた(汗)。と思った私。 
それから

「曲がとにかく素晴らしくて、主題歌もいいし、定番の曲でも僕好みのアレンジもあって」と言われて、

「おう!姉さん注オバサンではない)は2回観てようやくそれを思ったよ」とアセアセ(汗)。


ゆっきーママが待つお店に向かう間も、二人で「ナイフ折れちゃったねー」とか言いながら盛り上がって、とても楽しかったです。 
またゆっきーくんと観劇がかぶるといいな。

 

 

最後に。

帝国ホテルのクリスマスツリー。

大きくて、色みが私好みで、とってもかわいくて綺麗キラキラ

AD

コメント(2)