最北に暮らす

最北に暮らす

わっかない上勇知の平飼いたまご屋カヤニファームの日々。
ちょっとてまひま、試行錯誤に七転び八起きな暮らしをお届けしますーsince 2007

この度、カヤニファームのホームページ新設に伴い

このブログもホームページへ移設することにしました。

 

カヤニファーム ホームページ

https://saihokunikurasu.com

(近日公開予定のため、まだ見られない状態です)

 

今後はホームページにてブログを更新していきます。

これからも、ご愛読どうぞよろしくお願いしますニコニコ

稚内へのIターンから10年と少し。

 

新しい生活を通してどんなふうに「健康」と向き合ってきたんだろう・・・。

こういう視点で考えたことなかったな、と考えるきっかけをくださった方から少し前にインタビューを受けてきました。

 

農業に携わる女性が対象で、新しい土地でどんなふうに健康を獲得したのか、という質問です。

結果、たくさん話してたくさん思いだして、私自身がすっきりしたな!という状態で^^;

 

取材などで、どうして養鶏を?なぜ農業をしようと思ったのか?稚内にきたのはなぜ??と聞かれることは多かったけれど、そのきっかけをつくる背景や暮らし、小さな思いまで丁寧に聞いてくださったおかげで、毎回の取材で話しきれないことを話すことが出来、消化不良が治ったような感じでした。

 

子どものころの原体験、原風景を思い出し、心ゆくまで遊び深く満たされていた時間。

学生、社会人となり、本当の幸せなんて考えることもなく忙しい日々の中で、常に満たされない感覚を持ち、様々な風景や物事に答えを探し求めながら過ごし、自分なりに忙しすぎると感じていたころに体調を崩し、すべてをゼロを戻す。

 

ここからようやく良い塩梅、程よい加減を手探りしながら、自分の声を聴き続けてきたこと。

こんな繰り返しが今の暮らしにつながっているんだな、と最近は実感の日々です。

 

最後に、仕事をし続ける、暮らしを楽しみ続けようとする原動力は?と聞かれ、やってみたいと思う気持ち、意欲、と答えました。

 

子どもとおんなじ!

自分で言いながらビックリです(^^)

それとも子どもの自分のまま過ごしてきたかも。

大人になり切れないでいたのかもしれません。

 

興味の赴くまま過ごし、あっ、おもしろいな楽しいな、やってみようかなという自分の気持ちが出発点、だから多少の失敗も受け入れられるし工夫もできる。社会に出ればすべてが自分のペースでは出来ないけれど、あんなんどうですか、こんなんどうですか、とバランスを取りながら、活かし活かされる関係がさらに継続の原動力になる。

 

・・・なんて、つたない自分の人生を振り返る良い機会なのでした。

 

ちなみに、

「賢明なら人は不幸にならない」

というある人の言葉が好きです。

 

賢明な生き方とは自分の求める幸せを自覚し、その達成に向け誠実に取り組むこと、なのだそうです。

 

農的暮らしを続けていくことが賢明な生き方なら嬉しいですね。

 

 

 
 

 
 


昨年12月、素敵なハガキが届きました。

1年前に出会った『宗谷のしおかぜたまご』。稚内から離れた札幌で買えるところはありますか?と。

とても嬉しく、そして大変申し訳なく…。ネットでぽちっとできる時代。地方発送も出来るけれど、日々の暮らしの中で、必要なときに必要なだけ。たくさんはいらないですよね。

 
気持ちをしたためて送られるお手紙は励みになります。
 
今年は必要とする方にきちんと届けること。
 
そのための仕組みづくりや農場の様子を発信していくことに力をいれたいです。あとは次に繋がるプチ努力も…実施中😊
 
この卵が必要だ、と言ってくださる方のために全力で頑張ります!