2015/02/10(火) 浜〇かふぇ | 浄土宗災害復興福島事務所のブログ

浄土宗災害復興福島事務所のブログ

東日本大震災からの復興のお手伝いをさせていただきたく開設された浄土宗災害復興福島事務所のブログです。
浄土宗災害復興福島事務所(いわき市平中山字諏訪下112 光林寺内)
tel&fax:0246-22-6818(tel:平日14:00~16:00,fax:24h受付)
e-mail:jodofukushima@gmail.com


テーマ:

今週の浜〇かふぇは、「中央台高久第1応急仮設住宅 第1集会所」と「下船尾雇用促進住宅 集会所」にて開催されました。


いつもは水曜日開催ですが、今週は建国記念日と重なるため、祝日を避けて前日開催とされたそうです。



では「高久第1」の様子です。



20150210高久第1①


今回のカフェには、同じく傾聴ボランティアをされている「いわき傾聴みみ」の方5名と、震災直後から被災地にて活動されている全日本仏教青年会の米澤救援委員長も参加され、賑やかな雰囲気となりました(^^)


20150210高久第1②

帰宅した子供たちは集会所で宿題に取り組んだり・・・


20150210高久第1③

タブレットで遊んだりとお友達との楽しいひとときを過ごしている様子♪



カフェには、二十数名の住民の方がご来場くださいました。


今月末に災害公営住宅へお移りになる世帯も多いそうで、今回の浜〇かふぇの中で来られている他の住民の皆さんにお別れのご挨拶をされる姿も見られました。


浜〇かふぇという「場」が、住民同士の情報交換やお知らせの場として活用されているんだなぁと改めて感じた瞬間でした。



「下船尾」には4名の方がご来場くださいました。


20150210下船尾


こちらの雇用促進住宅では80戸ある住居のうち30戸程度まで入居数が減少し、カフェに来られる方も少なくなり、いつも来てくださる方が集まる小さなお茶会という感じとなっています。


いわき市復興ボランティアセンターの生活相談員さん達と浜〇かふぇスタッフに加え、こちらの住宅からお引越しされた元住民の方も参加され、とても楽しげなお喋りの時間が流れていました♪


お喋りの中で「次のカフェでみんなでカラオケでもやりましょうか!」という意見もあり、次回のカフェはカラオケ大会となりそうな雰囲気でした。


浜〇スタッフもカラオケの精鋭部隊を揃えて臨む構えを見せておりました(^^)楽しそうですね♪



雇用促進住宅には、震災前からいわき市にお住まいだった方以外にも、原発周辺地域から避難されている方も入居されています。


避難元の自治体によってはいわき市に行政の出張機関が出来て、住民への対応をされていますが、出張機関がいわき市以外の市町村にある自治体ではいわき市に避難されている住民への対応が少なからず遅れてしまうという現状があるというお話もお聞きしました。


自治体からの支援情報などがなかなか入ってこないということもあるようです。


様々な場所へ住民が散り散りに避難している現状ではすべての住民へ対応することは難しいことだと思いますが、間もなく4年という歳月を迎えようしている今こそ、ご高齢な方や体が不自由な方など、必要としている方の元へ必要なだけ支援が届くような体制作りが求められていると思います。

浄土宗災害復興福島事務所さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス