2013/05/22 「浜〇かふぇ」開催 | 浄土宗災害復興福島事務所のブログ

浄土宗災害復興福島事務所のブログ

東日本大震災からの復興のお手伝いをさせていただきたく開設された浄土宗災害復興福島事務所のブログです。
浄土宗災害復興福島事務所(いわき市平中山字諏訪下112 光林寺内)
tel&fax:0246-22-6818(tel:平日14:00~16:00,fax:24h受付)
e-mail:jodofukushima@gmail.com


テーマ:

今回は「上荒川第1・2・3応急仮設住宅 第2集会所」と「下船尾雇用促進住宅 集会所」にて午後14時より開催されました。



まず「上荒川(かみあらかわ)」の様子です。


240世帯が入居できる規模の大きい仮設住宅ということもあり、いつも浜〇かふぇには多くの方がご来場くださいます。


今回も約60名の方が来てくださいました(^^)


浄土宗災害復興福島事務所のブログ-20130522上荒川①


皆さん、お声を掛け合って来てくださり、まとまってご来場される方が多いのもこちらの開催場所の特徴かもしれません。


この日は学校の家庭訪問もあり、いつもより早めに帰宅した子供たちが来てくれました(^^)


こちらの子供たちは、いつも浜〇かふぇのお手伝いをしてくれます。



浄土宗災害復興福島事務所のブログ-20130522上荒川②

お子さんと協力してワッフルの生地作りをするスタッフ。

微笑ましい光景です(^^)


ワッフルを住民の皆さんのテーブルへ運んだり、注文も聞いてきてくれたりとスタッフも大助かりな様子でした。



次に「下船尾」の様子です。


こちらでは、いわき市社会福祉協議会さまの生活相談員さんと常磐・遠野地区保健福祉センターさまの保健士さんと一緒に浜〇かふぇが開催されています。


保健士さんによる簡単な健康診断を受けてから、お茶飲み話をされる、というのがいつもの流れとなっているようです。




浄土宗災害復興福島事務所のブログ-20130522下船尾①


保健士さんからは、浜〇かふぇにいつも来られる方の中には最近体調が悪くなったという方も少ないようです、というお言葉をいただきました。


また、住民の方からゴミの出し方等で問題やトラブルが起きることもあるようだ、というお話も聞こえてきました。


こちらは様々な自治体から避難されて入居されている借り上げ住宅であることもあり、さらには自治会が無い為、生活相談員さんのような住民同士の橋渡しをする方が必要であるように思います。


浜〇スタッフの皆さんも、なんとか住民同士の交流が図られて、コミュニティとしてのルールが守られるようになればありがたいと考えているそうです。




来週の浜〇かふぇは「内郷白水応急仮設住宅 集会所」にて開催されます。

また、大阪浄青さまのご支援でカフェの中で「落語会」が予定されているということです。

浄土宗災害復興福島事務所さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス