浄土宗災害復興福島事務所のブログ

東日本大震災からの復興のお手伝いをさせていただきたく開設された浄土宗災害復興福島事務所のブログです。
浄土宗災害復興福島事務所(いわき市平中山字諏訪下112 光林寺内)
tel&fax:0246-22-6818(tel:平日14:00~16:00,fax:24h受付)
e-mail:jodofukushima@gmail.com


テーマ:

今週の浜〇かふぇは、「楢葉町 平作町一丁目応急仮設住宅集会所」にて開催されました。


ここの仮設住宅は楢葉町から避難されている約60世帯規模の場所です。

この日は30余名の来場者がありました。



福島浜通り組の浄土宗寺院では連日、施餓鬼会が執り行われている為、浜○かふぇの開催も、少し時間を短縮して開催されました。

しかしながら、いつもと同様の賑わいでした(^^)


東京教区から成田上人が応援に来てくださいました。いつもありがとうございます!




さてさて、かふぇの様子です。


オープン直前から住民の方々が次々と訪れて、あっという間に集会所内は満席になり、皆さんゆっくりとほぼクローズの時間まで過ごされていました。



今回もメインメニューは「かき氷」でしたが、さいの目状の桃ゼリーとカットした桃がかき氷に添えてあり、非常に見た目にも美味しそうでした。

フルーツ・かき氷・ゼリーと一度に三つの味が楽しめ、なかなか好評を得ていました。


ご年配の女性も「いつもは孫優先でなかなかかき氷は食べないけれど、今日は久しぶりにかき氷を食べられて良かったよ」とおっしゃっていました(^^)/




ここの仮設住宅の皆さんは非常にまとまっており、来場されてもなかなか輪に入れないといった様子の人もなく、本当に雰囲気の良いところのひとつであるといえるでしょう。

しかしながら、規模の小さ目なためか他の仮設に比べ、イベント事が少ないというお話でした。


「浜〇かふぇ」では、こういった支援の薄い場所でのかふぇ以外のイベント(芋煮会など)の企画も考えているそうです。




「楢葉町」全町が8月10日に旧「警戒区域」から「避難解除準備区域」に区域再編が行われました。

宿泊はできないけれども、自由に立ち入りができるようになり、お盆の時期にはお墓参り・墓地の清掃、自宅の草刈り、片付け、盗難被害がないかの確認など、一時的に帰宅された方も多いようです。

以前の「一時帰宅」とは違い、わずらわしさはなくなったかもしれませんが、自由に入れるようになったため、空き巣などの被害が心配されています。

道路の補修、上下水道・ガス・電気などのインフラの復旧・整備もこれからになりますし、本格的な除染もこれからです。

まだまだ、住民の皆さんは不自由な生活を強いられるわけで、これからも全国からのご支援が必要です。

原発事故の影響で避難なさっている皆さんにとっては、いまだに被災が続いているともいえるでしょう。


全国の皆さん、どうぞ「ふくしま」の現状に、そして今後の動向にも、目を向け続けていただきたく思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。