浄土宗災害復興福島事務所のブログ

東日本大震災からの復興のお手伝いをさせていただきたく開設された浄土宗災害復興福島事務所のブログです。
浄土宗災害復興福島事務所(いわき市平中山字諏訪下112 光林寺内)
tel&fax:0246-22-6818(tel:平日14:00~16:00,fax:24h受付)
e-mail:jodofukushima@gmail.com


テーマ:

今週の「浜〇かふぇ」は、


「平山崎雇用促進住宅内広場」

「下船尾雇用促進住宅集会所」


の2ヵ所開催となりました。



まず「平山崎」の様子。


浄土宗災害復興福島事務所のブログ-20120516山崎②

風が強めに吹いていましたが、気温が25℃くらいと汗ばむ陽気となりました。

オープンと同時に20人程の来場があり、1時間以上滞在され、スタッフや入居されている方同士で楽しそうに交流されておりました。

ここに入居されている方は以前より入居者同士の交流を求めているという要望があり、皆さんカフェの開催を待ち望まれていたようです。



浄土宗災害復興福島事務所のブログ-20120516山崎①

今回は「刃物研ぎ」を得意とされている入居者の方が、スタッフや他の入居者の方の包丁を研いでくださいました

上の画像は、スタッフの包丁を研いでくださっているところです。



次に「下船尾」の様子です。


浄土宗災害復興福島事務所のブログ-20120516下船尾①

今回は東京教区より飯島上人、北川上人、山崎上人の3名の応援がありました。

今回のように2ヵ所でのカフェ開催や規模の大きい仮設住宅等の集会所での開催となると人員の応援があると大変ありがたいです


お天気が良かったせいか、ご在宅の方が少なめだったこともあり、来訪された方は少なかったですが、来られた方は健康相談を受けたり、お話されたりしてゆっくりと過ごされていました。


ここの集会所は住宅棟の陰にあるので、カフェ開催を視覚化するために、次回は2棟ある住宅棟の間の広場での開催を検討されているそうです。



浄土宗災害復興福島事務所のブログ-20120516下船尾②


参加されたスタッフの皆さんです。

東京教区の方、いわき市復興支援ボランティアセンター(いわき市社会福祉協議会)常磐支所の方、保健婦の方、浜〇かふぇスタッフの皆での一枚です。




今回の「浜〇かふぇ」は2ヵ所とも雇用促進住宅で開催されましたが、雇用促進住宅は建物が古い所がほとんどで、震災前は新たな入居者を入れずに取り壊す方向で計画が立てられていたようですが、今現在はほとんどが埋まっている状況です。

しかしながら、仮設住宅に比べて雇用促進住宅や借り上げ住宅は入居者の把握等も進みにくく、支援が行き届いていないのが現状です。



また、つい最近のことですが、ある仮設住宅にて一人暮らしの男性がしばらく外に出てくる様子もない、夜も電気がついていない、といったことがあったそうです。自治会長さんや近くの入居者の方が訪ねてみると、もう何日も食事も取らずにいたために、玄関までも出てこられない状態にあったそうです。自治会長さんや他の入居者の方のおかげで事なきを得ましたが、気付くのが遅れれば最悪の事態になっていたかもしれないという自治会長さんのお話でした。


福島事務所では、「浜〇かふぇ」の活動を通じて、また社協や自治会との連携を図って、より支援を必要とされている方がいないか、支援の目から漏れている方がいないか、状況を把握するとともに、できるだけ支援を行っていきたいと考えております。


そこで、福島事務所では、次のような支援物資を募集いたします。


・日持ちのする食料品(缶詰類・レトルト食品・ごはんパックなど)


ご支援いただける方は、福島事務所(TEL&FAX:0246-22-6818)まで一度ご連絡いただけると幸いです。


どうぞよろしくお願いいたします。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。