埼玉大学鐵道研究会 活動記録

埼玉大学鐵道研究会 活動記録

埼玉大学鐵道研究会の活動記録です。

埼玉大学鐵道研究会のブログへようこそ!!
このブログでは当会の活動報告を掲載しております。
活動紹介や旅行記など、ごゆっくりお楽しみください。
公式ウェブサイト もどうぞご覧ください。

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:
ご無沙汰しております。Web担当です。



タイトルの通り、埼大鐵研ではより時代に合った情報発信ができるようホームページのリニューアル工事を行う運びとなりました。





これに伴い、当ブログの更新を本日付で休止いたします。たくさんの御アクセスありがとうございました。

なお、埼大鐵研の活動報告は新ホームページ(http://saidai-tekken.com)内にて引き続きご覧いただけます。

お手数をおかけいたしますが、当ブログへブックマークされている方、リンクを貼られている方は

埼玉大学鐵道研究会公式HP(http://saidai-tekken.com)の方へリンクを変更していただけると幸いでございます。



今後とも埼大鐵研をよろしくお願いいたします。



ホームページのリニューアルについての概要は以下のとおりです。



○切り替え日時

2013年9月2日 午前0時頃



○主な改良点

活動報告ブログのホームページへの融合によるより密な情報提供の実現。

・新ホームページでは活動報告ブログがホームページ内に統合されます。これに伴い、

「埼玉大学鐵道研究会 活動記録」ブログは更新を休止します。



②画一化したデザインへの更新により閲覧性を向上



各コンテンツ内容を改訂し最新の内容へ更新。

・ホームページ内の各コンテンツの内容の改訂を行います。



携帯電話・スマートフォンからの閲覧に公式対応。

・多彩なデバイスから埼大鐵研のサイトをご覧いただけるようにします。



⑤ホームページ更新・保守の簡略化を実現



○変更点

・ホームページ(http://saidai-tekken.com)が新デザインへ(※アドレスはかわりません。)

・「埼玉大学鐵道研究会 活動記録」ブログの更新の休止。



○旧デザインページ、活動報告ブログの処遇

・旧デザインページは移植を行い別アドレスで暫く公開を続ける予定です。

・活動報告ブログについてもしばらくの間このまま公開を続けます。

(※基本的に更新は行わないため、最新情報は新webサイトの方でご確認ください)


テーマ:
ブログではご無沙汰しております。鐡研Web担です。

かれこれブログはむつめ祭以来の更新となってしまいましたが
Twitterでは定期的に(?)近況をつぶやかせていただいております。
TOPページからもごらんいただけますのでよろしくお願いいたします。

重要な用事についてはブログにもUPしていきたいのですが
なかなかまとまって時間が取れないのとAmebaブログの
ブラウザエディターが使いづらいのやらでなかなか更新する
ところまで至らずしまいになってしまうことが多く申し訳ないです。

さて、今回の記事ではタイトル通り2013年度新歓のご報告をさせていただきます。
鐵研では告知拡大の効果もあってか(?)多くの新入会員に恵まれました。
もうすぐ夏を迎えるところで新入会員もなじんできつつあります。
皆で協力していきながらよりよいサークルにしていきたい所存です!


埼玉大学鐵道研究会 活動記録

埼玉大学鐵道研究会 活動記録
▲報告忘れていましたが新歓説明会を2回ほど行いました!今回は「模型」と「旅」
の二分野を積極的に推した説明をさせていただきました。結果多くの会員に
恵まれることとなり一安心しております。

【4/25】新歓コンパ開催!

埼玉大学鐵道研究会 活動記録
4月25日に例年行っている新歓コンパを開催しました。この日私は参加できなかったため
(行きたかった…)前会計さんの写真を拝借し様子を掲載…(^^;; 新入会員の方も
楽しめる内容になったと思います。

【6/2】新歓旅行開催inいすみ鉄道・小湊鐵道!

6月2日には新歓コンパとは別にこれまた毎年恒例となっている新歓旅行を行いました!
本当はもう少し間隔を空けずにやれたらよかったのですがGWを中心にいろいろな意味で
ドタバタしていたのに加え、会員間で都合が合う日がなかなか見つからず結局6月の実施となりました。

今回の行程は東京駅に集合して総武快速線・外房線で千葉県大原へ、その後いすみ鉄道と小湊鐵道を
乗り継いで千葉県の反対側、五井に抜け内房線・総武快速線で帰路に就くというルートとなりました。
いすみ鉄道は公募社長の就任以降ムーミン列車やJR西日本からの旧型気動車キハ52・28系の導入などの
斬新な経営戦略により近年注目を浴びている路線であり、小湊鐵道も都心に近いローカル線として脚光を
浴びている路線であるため、会員多数決の結果今回は千葉県のこの2つの路線を巡る旅を新歓旅行として
決行することとしました。

埼玉大学鐵道研究会 活動記録
朝、東京駅集合。集合時間より割と早く到着したのですが既に何人も会員の方が待機していてビックリビックリ。
東京駅始発の千葉行きでまず千葉をめざします。


埼玉大学鐵道研究会 活動記録
千葉からは外房線に乗り継ぎます。外房線になってくるとのどかな風景が広がりますが、
電車はつい数年前まで京浜東北線を走っていた209系を改造したもの。最近まで
埼大の最寄駅北浦和を走っていた車両が田んぼが広がる中を走っていくのはギャップがあります。


埼玉大学鐵道研究会 活動記録
会員思い思いの時間を過ごし大原に到着。ここからいすみ鐵道に乗り換えます。
いすみ鉄道の駅員の方から集合写真を撮っていただき列車に乗り込みます。


埼玉大学鐵道研究会 活動記録
まずむかったのは国吉駅。交換設備はあるものののどかな景色が広がる場所
ではありますがこの駅にはJR東日本よりいすみ鉄道が購入したキハ30形気動車
が保存されています。ここで一旦撮影タイムになりました。(1両はいすみ鐵道に
渡りましたが残りの車両はつい最近岡山県水島臨海鉄道に譲渡されたようです。)

国吉駅下車後は「ポッポの丘」へ向かいました。「ポッポの丘」とは、
旧型車両などの貴重な車両が保存・展示されている施設でいすみ鉄道沿線の見どころ
でもあります。はじめは送迎の車と自転車で分かれていく予定でしたが、
自転車でポッポの丘へ向かうのは無謀であるとの情報をいただいたため全員で車で
向かうこととなりました。送迎してくださった国吉駅の駅員さんには感謝申し上げます。


埼玉大学鐵道研究会 活動記録
ポッポの丘では会員1人1人思い思いの時間を過ごしました。


埼玉大学鐵道研究会 活動記録
▲のどかな中をすすむ…
ポッポの丘探索後は再び国吉駅に戻りいすみ鉄道の中心駅大多喜駅に向かいます。ここでは
各会員で分かれて大多喜城や気動車の撮影、駅前の鉄道資料館の探索などを行いました。


埼玉大学鐵道研究会 活動記録
▲探索後は会員全員で集合し「くらや」で昼食。おいしくいただくことができました。


昼食を取った後は大多喜から終点上総中野まで向かいます。ただし今回の列車は
旧型気動車キハ52・28系を使用した急行列車からの延長運転の各駅停車であるため
キハ52・28系充当の列車でした。上総中野までの短い間でしたが国鉄気動車の
レトロな旅を満喫しました。

埼玉大学鐵道研究会 活動記録
▲キハ52・28には座席横の栓抜きが未だ健在!瓶コーラで車窓を楽しみました。

埼玉大学鐵道研究会 活動記録
▲養老渓谷温泉街の様子
上総中野からは小湊鉄道に乗り継いで1駅、養老渓谷駅へ。ここらへんは千葉の
奥地であるためなかなか山深い景色が広がります。ここで一部会員はバスで
養老渓谷温泉街に向かい温泉でしばしまったり。

埼玉大学鐵道研究会 活動記録
▲養老渓谷駅にも足湯があります。鉄道利用者は無料で利用できるみたいです。

温泉を満喫した後は養老渓谷駅に戻り皆で養老渓谷駅の足湯へ。養老渓谷駅は
列車の本数が少ないのですがよい暇つぶしとなりました。

養老渓谷からは小湊鐵道で終点五井まで直行。このころにはウトウトしていたので
あんまり記憶が無く…(もっとローカルな景色を楽しみたかったのではありますが)
五井からは行きとおなじ総武快速線直通の列車で東京まで戻り解散となりました。

今回の新歓旅行は短い行程の中にいろいろな見どころがあり、多くの新入会員とともに
楽しむことができました、また、新歓旅行では数年ぶりに概ね好天に恵まれ青空の下
行動できた点に関してもうれしく思います。

【おまけ】

埼玉大学鐵道研究会 活動記録
解散後は一部有志で某有名ファミレスで2次会を行った後上野駅で寝台特急「あけぼの」
の出発を見送り解散しました。

テーマ:
ご無沙汰しております、埼玉大学鐵道研究会です。

今年のむつめ祭は、去る11月24日に大盛況のうちに終了いたしました。ご来場されたみなさまに、厚く御礼申し上げます。ありがとうございました。

詳報は、再度記事を掲載させていただきます。
今回は、お騒がせしておりました「忘れ物」について、みなさまにお伝えいたします。
祭期中の記事にて掲載させていただきました、「ミニプラレール」ですが、OB様からの寄付品をプラレール担当が確認せず「忘れ物」と断定した事がわかりました。

皆様にはご迷惑をおかけし、本当に申し訳ございません。
今後は、備品を確認した上で展示物を作るよう徹底いたします。

お騒がせいたしました。会員一同、気をつける所存です。

来年のむつめ祭展示にも、たくさんの方がご来場されることを期待しております。
小さな研究会ですが、みなさまの応援よろしくお願いいたします。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス