鳥頭式インチキ日記

映画・本・漫画・アニメレビュー


テーマ:
村上 春樹, 佐々木 マキ
ふしぎな図書館

これを読みました。



村上 春樹
羊をめぐる冒険 (上)
村上 春樹
羊をめぐる冒険 (下)

に出てくる、羊の着ぐるみを着た変わった男が出てきます。

自分が作ったキャラクター、羊男が気に入ったのか、続編の「ダンス・ダンス・ダンス」にも出てきますし、

村上 春樹, 佐々木 マキ
羊男のクリスマス

絵本も作っちゃってます。


で、「不思議な図書館」も絵本です。


「羊男のクリスマス」は、羊男が主役でアリス的な訳のわからない冒険をして、最後はいい話で終わるのですが、「不思議な図書館」は正直どうとっていいのかわからなかったり。



ストーリー


ネタバレなので、これから読む人は読まないように。



ある母親から過保護な愛情をうける男の子が図書館で本を探したいと言ったら、「階段を下りて107号室にいけ」と言われる。


すると本を探してくれた老人にだまされて、閉じこめられるてしまった。


本3冊分の知識を一ヶ月で覚えてテストで合格したら出してあげる。


と言われるのですが、羊男によるとそれは嘘で、3冊の知識がいっぱい入った脳みそを食べられるんだとか。

知識をいっぱい詰め込んだ脳は、とてもおいしいらしい。


男の子は自分を心配して待っている母親と、椋鳥の事を思う。


羊男と逃げだそうとしたら老人に見つかって殺されかけるが、羊男には見えなかった不思議な少女があらわれて、助けてくれる。



という話なのですが、なぜ母親が死ななきゃならないんだろう?

そもそも、なんのメッセージを込めた話なのか?


「カンガルー日和」の中の「図書館奇譚」をベースにしているものだそうなので、多少訳がわからない不気味な話なのはわかるのですが・・・・って、図書館奇譚ってどんな話だっけ(^^;)


「カンガルー日和」はかなりすきで、全部の話を覚えていたと思ったけど、これだけすっぽり忘れているとは・・・。



絵本にしたところで、何かそこから教訓を得なきゃいけないような気がするのですが、一体どんな教訓を得ればいいのか、船で山に登っちゃうぐらいな議論をだれかとしてみたいところ。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

サッカーの合間に相方がチャンネルを回したら、テリー・ギリアムがうつってたんで見てました。


爆笑問題がテリー・ギリアムにインタビューしていたのですが、その内容がなかなか良かったです。


太田のインタビューははっきり言って、ものっすごい空回りすることがあって、しかも空回りしたときは本人もどうにもならなくて訳のわからない下ネタ連発とかいうことになるので、あまり好きではない時が多いのですが、今回はまったく空回りしていなかった訳ではないけど、鋭いツッコミをずいぶんとしていてテリー・ギリアムも楽しんでいたようです。


「ローズ・イン・タイドランド」のインタビューだったんですけど、


東京はビッグすぎて雑多でアグレッシブで僕に似てるから息苦しくなるので、いつも京都に逃げ出すんだ。

桜なんかをゆっくり見にね。


っていうギリアムに、


日本では桜は心を狂わすものとされていて、「桜の下には死体が埋まっている」なんて言うんだけど。


っていきなり太田が言い出したら、


へえ!本当に?

じゃあ京都には死体がごろごろ埋まってるんだな。

死体だらけだ!(笑)


とギリアムは素で驚いていました。

そしてギリアムはこの手の話が好きなんじゃないかな?


だからその心を狂わす桜とあなたの映画は同じだよ。


え~!ちがうよ。僕の映画は死の話じゃない。


あんたの映画には死体がいっぱい出てくるじゃないか!


どーでもいいけど太田くん。

あんたはやめなさいよ(^^;)あんたは。

まあ、ギリアムは日本語知らないからいいんだけど。英語じゃあんたもあなたも一緒だし。


ここから「ローズ・イン・タイドランド」の説明と宣伝がちょっとはいって、


この映画は、死というものを現実のものとして受け入れることができなかった女の子の話なんだ。

女の子のイマジネーションで、世界がどんどん変わっていく。

イマジネーションこそ至高のものですべてなんだよ。


我々は死というものがまるで自分に関係のないことのように、どこか違うところにあると思ってしまうことがある。

でも死というものはその辺にたくさんあるもので、それから目を背けちゃいけないんだ。

僕はそういうことをこの映画で伝えたかったんだよ。


日本人は、霊魂があり、生まれ変わりがあるよね。

だから死に対してとても寛容で自然に受け止められるんだけど、アメリカ人は「こうだからこう」っていうはっきり説明されたものしか信じない傾向があるから、死についても寛容に受け止められないところがあるんだ。



この後太田がわけわからなくなってるんで、はっきりと覚えられなかったので、多分こういう事をいいたかったんだろうなということを書きます。



日本人は、桜が散るところが好きで、その刹那の瞬間に何とも言えずに魅せられる。

桜は心を乱すもので、僕は「ローズ・イン・タイドランド」を観てとても心を乱された。

だから桜とあんたは一緒だ。


あまりにも僕はこの映画をみて心を乱されたので、この映画はとても危険だ!

あんたは危険だよっ!

あんたは最高に危険だ!


あんたは悪魔だ!

デビルだっ!



と、危険とデビルを連呼してました。

テリー・ギリアムを指さしながら(笑)



ギリアムは、「まいったな~」って感じでほおに手をやってましたね。

でも多分彼は、太田が気に入ったんだと思います。

インタビュアーの中で、太田ほど映画を真剣に観て率直に感想を述べる人はいなかったでしょうから。


1時間ぐらい話したそうですよ(^^)

全部聞いてみたかったです。


「ローズ・イン・タイドランド」公式サイト http://www.rosein.jp/


面白そうなので観に行きますが、大阪では夫婦割引が使えない劇場だそうで!( ̄□ ̄;)


ええ~~っ!ちょっとちょっと(--)



そしてその後は「メガネ男子萌え」の特集だったのですが、その気持ちはいたいほど解りますが、ある男の子が彼女の言うなりにメガネを選ぶのを見て、そりゃーないだろうよと思いました。


視力の弱い人間にとってメガネっていうのは目なわけでして、その大事な目を他人の言うなりにするっていうのはいかがなものかと。



自分のメガネを自分で選べないメガネ男子には萌えねえっ!!



時計や車なんかもそうですが、服と違って男性にとって大事なものは、きちんと自分で選ばれるのがよろしいかと思います。


もちろん彼女やパートナーの意見を聞くのも大事ですが(得に結婚している場合車は家族も使うわけでして、自分が好きだからといって家族に使いづらい車を買うのもどうかと思う)、男の象徴を買うのに言うなりでは、玉がないのと一緒だと私は思うわけですよ。


メガネの場合は男の象徴じゃなくて目だけど。


そして私がメガネ萌えなわりには、相方はメガネかけないし似合わないですが(笑)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

公式サイト http://www.silenthill.jp/main.html


題名みただけでつまらなそうと、完全スルーだったこの映画。

なんだよ、おもしろいじゃん。こんなに面白いなら、試写会応募しておきゃよかったじゃないか。と、ちょっと損した気分です。


7月8月は他にも良い映画がいっぱいくるし、ホラーなので絶対観ろとはいいませんが、もうちょっと騒がれても良いんじゃないか?と思います。

私の周りの映画好きも、みんなほめてるし。


ただし、お子様連れにはお勧めしません。

行くんでしたら、大人だけで・・・。


あと、コナミのゲームが原作なんですけど、ゲームの設定は色々使ってますが、ストーリーは同じではないので、ゲームファンはその辺に文句は言わないように。

「バイオハザード」みたいに、別物として楽しんでください。



ストーリー


ローズとクリストファーは、赤ん坊の時に引き取った娘シャロン(どこかで見たことあると思ったら、「ローズ・イン・タイドランド」の子だった)の、最近の言動になやまされていた。


9才になるシャロンは、夢遊病が激しく、そのときに「サイレントヒル」と絶叫するのだった。


あまりにも症状が激しいので、ローズはシャロンを連れて、サイレントヒルへ行ってみることにする。

しかしそこは、30年前に大火災が起こり多数の住人が死に、今なお火がくすぶり続けるため、誰も近づかないゴーストタウンとなっていた。


危険だと止める夫の制止を振り切り、サイレントヒルに近づいたローズだが、白バイの婦人警官に止められる。

しかし、その制止を振り切り、サイレントヒルにつっこむローズ。


そのとき不意に飛び出してきた少女を救うために、山につっこんでしまったローズは、気を失う。

気づいたときには、シャロンがいなくなっていた!


シャロンを探し、ローズは灰の降る街をさまようが、奇妙な人やゾンビに襲われる。



以下ネタバレ




サイレントヒルで30年前に何が起こったのか?シャロンとサイレントヒルの関係は?というところが、街をさまようローズと、ローズを助けようとして街の秘密を探る夫によって、徐々に解き明かされてきます。


その秘密自体は、「キャリー」のような感じなのですが、その秘密を守るべく、街に隠れ住んでいる住人達はカルト教団と化し、サイレンが鳴ると火事で焼け死んだものがゾンビとしてよみがえって襲ってきて、もうどっちを信じればいいのかわからない感覚が楽しい(←おい)


ゾンビはゲームの中のモンスターらしいのですが、内股で歩いてくるのが気持ち悪いです(^^;)

看護婦ゾンビもいや~んな感じ。


一見正義の味方のふりをしているカルト教団ですが、サイレントヒルの真実がばれてしまってはまずいので、ローズやローズを追ってきて加勢した警官を殺そうとしたり、火あぶりにしようとしたり、その辺はゴシックな感じでまたわくわく。


最初は唐突にゾンビがでてくるので、「え??・・・」って感じで受け入れいがたいのですが、徐々に違和感が無くなってくるのが、うまいな~と思います。


結局 サイレントヒルは、火事の後一種の異空間になってしまい、そこに住民やゾンビも取り込まれていて、ローズたちも迷い込むのですが、事件が終わって真実をつかんだ後も、ローズたちは異空間から抜け出せず、家に帰ってきて夫と同じ空間にいるのに、お互い会うことはできません。


かろうじて携帯電話だけでたまに繋がっているだけ。

大変後味が悪い終わり方だったり。


でも多分、これがヒットしたら2を作るぞってかんじだと思うんで、2では夫ががんばって妻と娘を取り返すんじゃないか?と思ってます。



私は見逃したのですが、クレジットが終わったあとも、ひとネタあるようですよ。

最後までみてください。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

最近偶然「オタク論」みたいなものを、ネット上で何個か目にした。


わたしゃー自分は世間一般から見たら、立派なオタクに分類されるんだろうなと思うので、この手のものを読むのが好きだ。

と共にいつも、


わかってね~な~


と思うことも多いんだけどね(笑)


だいたいオタク論って、オタクをものっすごく遠いところから見ている人が展開した理論な事が多くて、オタクさんからすると、


良い迷惑、ほっといてくんない?


っていうのが、正直な感想なんじゃないかな?

勝手なオタク論に振り回されて、騒ぐ人が多いからさ。



木尾 士目
げんしけん (1)

これなんかは、オタクさんが描くオタク論ってことで、好きなんだけど。

現実の世界で生きていくのが難しいタイプのオタクさんを、うま~くリアルに誘導させてるのが好感もてます。

最後の方は、あまりにも普通になりすぎてるんじゃないかと思うけど。



まあそれはともかく、最近目にしたオタク論について。


内容がさっぱり理解できないのは、脳が老化したんでしょうか?

それとも私の頭が悪いんでしょうか?


どっちも十分あり得るんですが、人に理解されない論文って、書く意味あるのか?と・・・。



2chの香ばしい人なんかでもよくあるけど、とにかく難しくて読みづらい文章書けば、勝ちだと思っているのはどうかな?


人を論破したかったら、誰からも理解されてなおかつ納得できるような理論を展開するべきじゃないだろうか?



私としては、オタクだなんだって言うのは、



それが好きなだけ。

どーでもいいじゃん。



ってかんじなんだけどさ(笑)


宮崎努の事件以降、オタクさんに対する風当たりとか的はずれな論文とか多くてウンザリするのは解るけど、そんなのほうっておけばいいじゃん。


そういう人を論破する暇があるなら、本でも読むよ、私は(笑)

ちゃんと自分自身が現実とリンクしていれば、何が好きでもいいんじゃないの?





メテックス
U.Vセンサー紫外線チェッカーキーチェーン サボテン MIUV-CT

関係ないけど欲しいから。

というか、そもそもこれをUPしようと思っただけだったり。



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
ケルベロス

という映画を借りてきました。



B級・C級を求めて借りてきたんですが、意外とまじめに作ろうとしていて、中途半端なでき。

逆の意味でがっかりです。

どっちかというと、「ふざけんなよっ!」って文句を言いたかった。

まじめなホラーなんて、求めてなかった。



ストーリー


それを持てば不死身になり、世界の権力を握ることができるという伝説の剣を求めて、ギャングとCIA(じゃなかったかも?)が激しい争いをするところに、ギャンブルで負けてしまったことから、ある少年が巻き込まれ、考古学者の姉も巻き込まれる。


ギャングは剣を強奪するが、剣の番人ケルベロスが追いかけてくる。



という内容ですが、どう考えてもC級なのに、なぜか途中のディテールなんかが細かかったりします。


挙げ句の果てには、ギャングはロシアから核爆弾を盗んで世界を脅していたりして、



そんな設定はいらねーよっ!

話を大きくするなっ!



と思わず絶叫。


ちなみにその剣ってやつも、あんまりまじめに見てなかったので私の解釈が間違っているかもしれないですが、古代にフン族を倒すために、ある英雄が目の前のさびた剣をつかんで「伝説の剣だ!」とばっくれて、それでフン族を支配した、その後にその剣は魔力を持ったと言われてるとか言ってたんですけど、最初がフカシならば、そんな力は無いような気がするんですが・・・・・・・?という根本的な疑問が(笑)



そして怪獣ケルベロスが、かなりしょぼいです。

どのぐらいかっていうと、そうだな~、古き良き怪獣映画?


まあ、それはそれで良いんだけどね。嫌いじゃないし。

でも途中のディテールにこだわるなら、もうちょっと遺跡の謎にもこだわって欲しかった。

古文書に全部書いてあるなら、誰でもとってこれるじゃん。


途中、ケルベロスを眠らせようとカーステでロックをかけたりと、笑いどころは多々あるので、観ても良いかもしれない一品。

(お勧めはあまりしない)


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。