一般の技術翻訳には「ない」特許翻訳事情 | 特許翻訳 A to Z

特許翻訳 A to Z

特許翻訳歴26年、業界改善を目指した情報発信歴23年。
自らの試行錯誤に加え、参加者数のべ1000名を超えるセミナーや講座、年間50名前後の個別相談などを通して得たスキルアップのヒントをお届けします。

一昨日、特許翻訳ではextractを「エキス」と翻訳しないほうがよい話に触れました。

あるいは以前、つり革を「strap」と訳すことの問題に関連して、辞書を使うと誤訳になりやすい例を示したことも。

snailを安易にカタツムリと翻訳できない理由もあれば、言語差がゆえに非常に対応が難しい四捨五入のような問題も存在します。

 ・辞書の上では正しくても、新規事項になる訳は使えない。
 ・わかりにくい原文を分かりやすく翻訳することが、将来、特許権を無効にしてしまうことも有り得ます。

 ・特定の技術分野で普通に使われる言い回しでも、語義がひとつに定まらないものは、争いのもと。
 ・中間処理で補正できない/しにくい訳語選択は、避けるほうがよいでしょう。

 ・原文の一工程を二工程にしてしまう訳し方も、ときに大問題になり得ます。

いずれも一般の技術翻訳では(ほぼ)考える必要のないことで、特許翻訳に特有の事情です。


特許明細書は、ある側面では技術文書。

むしろ、学術論文や高度な専門書と比べると説明が丁寧で、わかりやすいくらいです。
そういう意味で、技術翻訳ができれば特許翻訳も可能だと思われがち。

でも、技術文書だと同時に、法律文書でもあるのですよね。

何といっても、権利書ですし。


そのわりには、翻訳上の重要なことが、あまり知られていないように思います。
これだけインターネットが普及して、ネット上で調べられないものはないのではないかと思うほどの時代なのに、なぜか特許翻訳に特有の事情は表に出ていない・・・・・。

私自身を含めて、おそらく翻訳者の側にも、その責任の一端があるように思います。


日本の弁理士は、必ずしも外国語ができるとはかぎりません。
もちろん外国語に堪能な人もいますが、全体の比率でいえばわずかでしょう。

言語の部分だけについていえば、総じて、翻訳者のほうが弁理士より知識があるはずです。
それにもかかわらず、残念ながら翻訳者が言葉を掘り下げて検討あるいは他者と議論するということが、市場全体として、あまりなされていないのですよね。

一般の技術翻訳と特許翻訳は大きく違うことを認識してはいても、翻訳者各々が知識を「自分の仕事に取り入れる」ところまでで止まっているように思うのです。


たしかに特許翻訳は、ケースバイケースという側面が非常に強いです。
その意味で、教えるのも訳を検討するのも難しい。

たとえばmilkを牛乳と訳すのは大問題ということもあれば、牛乳と訳すべきときもあり、どう訳したところでほとんど差がないときもありますし。
このように、最終的には明細書の内容に依存するため、一概には何とも言えないのは事実です。

ただ、そうはいっても、できることはまだまだあるはず。
来年は、このあたりをもう少し真剣に考えていければと思っています。

 

来年も、どうぞよろしくお願いいたします。

 

みなさまよいお年をお迎えください。

 


インデックスへ

水野麻子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります