段落番号挿入マクロ(2代目) | 特許翻訳 A to Z

特許翻訳 A to Z

特許翻訳歴26年、業界改善を目指した情報発信歴23年。
自らの試行錯誤に加え、参加者数のべ1000名を超えるセミナーや講座、年間50名前後の個別相談などを通して得たスキルアップのヒントをお届けします。


テーマ:

特許明細書に段落番号を挿入するためのマクロです。
最も初期の頃は、「段落番号挿入マクロのコード」で示したコードでしたが、これだと番号の付け直しがしにくいという問題がありました。

この問題を解決したのが、2代目です。
(1) 先に★印を入れる→(2)★印を番号に変換する、という2段階にわけています。

あとから段落番号を増やしたくなったときに、★を入れて番号付与のマクロをもう一度実行すると、新たな連番になります。
逆に減らすときは、すでにある段落番号を削って、番号付与のマクロをもう一度実行すれば、新たに連番になります。

特許出願端末が自動で段落番号を入れてくれるようになる「前に」考えたものなので、現在の特許出願実務で、このマクロが必要になることはおそらくないでしょう。
ただ、出願実務とは違う使い方で、活かせる場面は多くあると思います。

※表組みの前後など、一部、特許庁の仕様通りには入らない部分がありますが、そこは手作業で補ってください。

【★印の挿入】

' ★マークを追加します

  Dim rangeArea As Range, rangeCur As Range

  Dim nIndex As Long, nObjects As Long

  If 0 < Application.Documents.Count Then

    FindInitialize

    If Selection.Start = Selection.End Then

    ' 範囲選択なし

      Set rangeArea = ActiveDocument.Content

    Else

    ' 範囲選択あり

      Set rangeArea = Selection.Range

    End If

    Set rangeCur = rangeArea.Paragraphs(1).Range

  ' ピリオドで終わっている段落の直後に★を入れる

    nObjects = rangeArea.Paragraphs.Count

    nIndex = 1

    Do While nIndex < nObjects

      If rangeArea.Paragraphs(nIndex).Range.Information(wdWithInTable) Then

      ' 表の中に入ったら一気に脱出する

        nIndex = nIndex + rangeArea.Paragraphs(nIndex).Range.Tables(1).Range.Paragraphs.Count

      Else

        If EndOfPeriod(rangeArea.Paragraphs(nIndex).Range.Text) Then

        ' 段落の最後がピリオドか?

          rangeCur.SetRange Start:=rangeArea.Paragraphs(nIndex).Range.End, End:=rangeArea.Paragraphs(nIndex).Range.End

          InsertHoshi rangeCur

          nObjects = rangeArea.Paragraphs.Count

          nIndex = nIndex + 1 ' ★が入った分、進めておく

        End If

        nIndex = nIndex + 1

      End If

    Loop

  ' 表の直後に★を入れる

    nObjects = rangeArea.Tables.Count

    For nIndex = 1 To nObjects

      rangeCur.SetRange Start:=rangeArea.Tables(nIndex).Range.End, End:=rangeArea.Tables(nIndex).Range.End

      If vbCr <> rangeCur.Words(1) Then

        rangeCur.InsertParagraphBefore

      End If

      InsertHoshi rangeCur

    Next

  ' 図の直後に★を入れる

    nObjects = rangeArea.InlineShapes.Count

    For nIndex = 1 To nObjects

      rangeCur.SetRange Start:=rangeArea.InlineShapes(nIndex).Range.End, End:=rangeArea.InlineShapes(nIndex).Range.End

      If vbCr <> rangeCur.Words(1) Then

        rangeCur.InsertParagraphBefore

      End If

      InsertHoshi rangeCur

    Next

  End If

 

【番号付与】

    With Selection.Find

        .ClearFormatting

        .Replacement.ClearFormatting

        .Text = "★"

        .Replacement.Text = " 【0000】"

        .Forward = True

        .Wrap = wdFindContinue

        .Format = False

        .MatchCase = False

        .MatchWholeWord = False

        .MatchByte = False

        .MatchAllWordForms = False

        .MatchSoundsLike = False

        .MatchWildcards = False

        .MatchFuzzy = False

        .Execute Replace:=wdReplaceAll

    End With

    Dim AddStr

    Dim Num

    Num = 1 ' カウンタの初期値を設定

    Selection.HomeKey Unit:=wdStory ' カーソルを文書の先頭に移動

    Selection.Find.ClearFormatting

    With Selection.Find

        .Text = " 【^#"

        .Forward = True

        .Wrap = wdFindStop ' 文書の末尾に到達したらストップ

        .Format = False

        .MatchCase = False

        .MatchWholeWord = False

        .MatchByte = False

        .MatchAllWordForms = False

        .MatchSoundsLike = False

        .MatchWildcards = False

        .MatchFuzzy = False

        .Execute

        Do While .Found = True ' 検索を実行して、見つかったらループに入る

            Selection.MoveRight Unit:=wdCharacter, Count:=1

            Selection.MoveLeft Unit:=wdCharacter, Count:=1

            Selection.Delete Unit:=wdCharacter, Count:=4

            AddStr = StrConv(Format(Num, "0000"), vbWide, 1041)

            Selection.InsertAfter (AddStr) ' 文字列挿入

            Selection.MoveRight ' 挿入した文字列の次の位置にカーソルを移動

            Num = Num + 1 ' カウントアップ

            .Execute

        Loop

    End With

 

※ここに示したコードは、Word 2000~2003のマクロです。2007までは動作確認ができていますが、2010以降で使用する場合は、個々に動作確認の上、必要に応じてコードの修正をしてください。

(→古いマクロをWord 2010/2013で使う

【2016年の目線から】
★印の挿入は、特許庁の仕様に100%合わせることをしていません。
100%合わせることを求めると、プログラムが複雑になってしまうので、98%くらいで良いことにしました。

コンピューターとの二人三脚は常にそうだと思うのですが、1か0かで完璧を求めすぎると、うまくいきません
たとえ98%でも95%でも、すべてを手作業でするよりは何倍も速くて確実だという考え方です。

段落番号の挿入それ自体を、翻訳者に求められるケースは減りましたが、たとえば見直しをするときの補助など、違う使い道はかなりあるので、追々そういうものもあげていきます。

■関連記事
段落番号挿入マクロのコード
 


インデックスへ

水野麻子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります