【書籍】欧州特許(2)-欧州特許実務ガイド | 特許翻訳 A to Z

特許翻訳 A to Z

特許翻訳歴26年、業界改善を目指した情報発信歴23年。
自らの試行錯誤に加え、参加者数のべ1000名を超えるセミナーや講座、年間50名前後の個別相談などを通して得たスキルアップのヒントをお届けします。


テーマ:

前回は、欧州特許制度を俯瞰するのにちょうどよい書籍を取り上げました。
いずれも目次から明らかなように、制度の内容で分類されています。

一方、今回の書籍は「条文単位」です。

■欧州特許実務ガイド (4-8271-0423-9)  久木元 彰 著
冒頭に「施行規則の規則の引用頁」と「引用審決例」のリストがあり、そのあと、EPCの第1条から順に日本語で解説されています。

たとえば第14条「欧州特許庁の言語(Language of the European Patent Office)」の項には、
条文の説明(p.8)からはじまって、
規則1「書面手続における手続言語に関する規定の一部修正」(p.9)、
規則2「口頭手続における手続言語に関する規定の一部修正」(p.10)、
規則3「削除」、
規則4「欧州分割出願の言語」、
規則5「翻訳文の証明」、
規則6「期間および手数料の割引」(規則3~6がp.11)、
規則7「欧州特許出願の翻訳文の法的真性」(p.12)
という具合に、14条だけでも5ページにわたって説明されています。

初版が1980年、新版(第2版)が1995年で、2000年に第3版が出たところで止まっています。
【索引】
335ページから337ページに50音索引のみ。

 

欧州特許実務ガイド 欧州特許実務ガイド
3,240円
Amazon

 


2000年といえば、翻訳者にとってはある意味で非常に重要な年(ロンドン協定採択)。
ほかに類書がなかっただけに、2000年の時点で翻訳者がEPCを条文から理解するには、実質的に唯一の書籍だったと言っても過言ではないでしょう。

ただ、もうすぐ下記の対訳書が刊行されるようですので、16年ぶりに状況が変わるかもしれません。
この新刊は、とても楽しみです。

 

 

■関連記事
【書籍】欧州特許-要点解説 欧州特許入門; ヨーロッパ特許要点ガイド
【書籍】欧州特許(3)-実務家のための欧州特許条約


インデックスへ
 

水野麻子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります