特許専門用語集-E | 特許翻訳 A to Z

特許翻訳 A to Z

特許翻訳歴26年、業界改善を目指した情報発信歴23年。
自らの試行錯誤に加え、参加者数のべ1000名を超えるセミナーや講座、年間50名前後の個別相談などを通して得たスキルアップのヒントをお届けします。

復刻シリーズです。1998年1月版の「特許専門用語集」のデータから。

  

ELECTED SPECIES[n]選択された種クレーム
EMBODIMENT[n]実施例※
ESTOPPEL[n]禁反言
EXAMINATION[n]審査
The Commissioner shall cause an examination to be made of the application and the alleged new invention; and if on such examination it appears that the applicant is entitled to a patent under the law, the Commissioner shall issue a patent therefor. (35 U.S.C. 131)
長官は、出願および新規であると主張されている発明について審査を行わせなければならず、かかる審査の結果、出願人が本法に基づき特許を受けることができるとみられるときは、長官はそれに特許を発行しなければならない。
EXAMINER[n]審査官
EXAMINER'S AMENDMENT[n]審査官による補正
EXCLUSIVE LICENSE[n]専用実施権
EXTENSION OF TIME[n]期間延長
EXPIRE[v](期間が)満了する
EXTENSION[n](期間の)延長


※embodimentの「実施例」については、別記事で扱います。

examiner's amendmentは、MPEP §1302.04に規定があります。
誤字脱字や参照符合等の軽微な誤りの訂正です。
一般に「審査官による補正」と言われていますが、厳密には「審査官による訂正」です。

elected speciesについては、たとえば下記の資料に説明されています。

米国特許権利化実務の手引き(4)限定要求と種の選択要求
フィネガン、ヘンダーソン、ファラボー、ギャレット&ダナーL.L.P. 米国弁護士 吉田直樹 著
『知財ぷりずむ』 Vol. 4 No. 41 p.76~79(2006年)
特許庁委託事業「訴訟に強い米国特許の取り方ノウハウ」セミナー (2010年)

『知財ぷりずむ』の記事は手元にあるのですが、重要な語にすべて英語が併記され、比較的平易に説明されています。
条文や規則、MPEPの文言も該当箇所はすべて記載されています。
 


Index