連休の過ごし方~最終章~

テーマ:

どもども塚田です。

いよいよ塚田のくだらない日記の最終話です('ω')

 

前回までのあらすじ

激しい死闘を制した塚田

死闘の後には楽園(カラオケ)

だが、どんな所にも闇は潜むもの・・・

一体どんな闇が待ち受けているのか。

 

大量の資金(うまい棒)を手に入れ、浮かれ気味の塚田。

約束の時刻まであと少し。

念入りにボイストレーニングも欠かさない。

そしてメンバーが揃った。

 

「出陣」の画像検索結果

楽園にたどり着いた塚田と愉快な仲間たち。

各自、曲を入れていく。

最初は周りの様子を伺いながら、けん制気味だ。

一時間も経つか経たないかというところで、塚田がぶっこむ。

演歌の嬢王、石川さゆりの『天城超え』

静岡育ちの塚田としてはとても馴染み深い曲である。

 

♪隠しきれない 移り香が いつしかアマノに 浸みついた
誰かに盗られる くらいなら アマノを殺していいですか

寝乱れて 隠れ宿 九十九折り 浄蓮の滝

舞い上がり 揺れ堕ちる肩のむこうに アマノ~山が燃える
何があっても もういいの くらくら燃える 火をくぐり
アマノと越えたい 喘ぎ声~♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

お気づきであろうか?

『あなた』と部分の歌詞が『アマノ』に変わっているのである。

なんと恐ろしい事か・・・

その後も名曲がアマノによって毒されていく。

エグザイルの『Ti amo』が『Ti AMANO』に変わっていたり。

岩崎良美の『タッチ』のワンフレーズが、

 

♪呼吸を止めて一秒 アマノ真剣な目をしたから
そこから何も聞けなくなるの 星屑ロンリネス♪

 

に変わっていたり。

そこから天膳さんもびっくりの、まさに地獄なり。

「まさに地獄」の画像検索結果

POPな曲を入れても、『アマノ』は居る。

バラードを入れても『アマノ』はやってくる。。。

途中から記憶は曖昧である。

どうやって帰ったかもわからない。

目が覚めると翌日の夕方だった。

塚田の連休はこうして『アマノ』によって忘れられない二日間になったのであった・・・

アマノ怖い。

 

シフト担当の菅原さん。

もう一度、塚田に連休をください。

「土下座」の画像検索結果

ではみなさん。

いつかまた塚田が連休を貰えるその日まで(=゚ω゚)ノ