真昼の月 | SAGIRIの蜜

SAGIRIの蜜

名古屋市緑区にあるダンススタジオ「SAGIRI DANCE & VOCAL ACADEMY」を主宰するSAGIRIのブログ☆


褒めてあげられることを探した。





秋らしい空が綺麗だった、今朝。


長女の音楽会でした








自分で自分のことを何とかしようとしてる


そんな自分の。




結構悩んで、出した答えはこれ↓




誰かにひきあげてもらおうとか

考えていないことろ。



あと


自分で責任をとる覚悟があるところ。





諦めが悪いところ。




そう、ひっかかることは

腑に落ちるまでひたすら考えてる。




良いところもある、

悪いところもあるけど。



自分のことを認めよう。


ほかの人と違っていても。





行きたい場所に行こう。



自分から自分らしさが消える前に。







今の私には


自分が自分のことを考えていい時間が

とても少ない。



きっと親になれば必然的にそうなるね。




今の自分は…


小学生と中学生の娘2人を育てながら

スタジオを経営し

一般社団法人を運営し

短大で非常勤講師をし

お声がかかれば
専門学校や外部で講師をし

外部の振付(テーマパーク振付など)をし



今はその合間に

物語や音楽を書いている。



本来はここにも時間がほしい



しかし出来ていないのが

今の自分の持てる力。





子育てと一言で言っても



PTA役員に子供会の役員…

上の子と下の子の2人分して

大変だけどやりがいを感じた。


学校の行事や習いごとの発表会も

ひとつずつ乗り越えている感がある。笑



次から次へとやってくる

学校からのプリント


それを見てはスケジュール確認をして

焦ったりする。




保護者会や三者面談、

いじめのアンケートから

学年だより。



頑張って、こなして、

でも、完璧には出来ない。





子供の学校生活では


素晴らしい出会いがあり

思い出のページが増えていく


なんとか時間を駆使して

習いごとの練習に付き合い


共に頭を抱えたり

褒めたりしてる。




でもたまに、真昼の月をみて


ふと自分について考える。



私は今、自分らしく生きているか。

考える。




もうひとりの私が今の私を見たら

カッコいいと思うだろうか

と。




肩の力をぬいて


でも腹をくくって



一歩ずつ信念を持って歩いていく。




それに尽きるとしたら


行きたい場所へ行くしかないな。   

行きたい場所を目指すしかない。





そう、思えたんだ。




さあ






次の章へ








LOVE. SAGIRI