2017-07-20 21:28:07

新潟日報さんへご掲載 「特定失踪者救出に「力尽くして」 家族会が拉致担当相に請願書」

テーマ:活動や情報
特定失踪者救出に「力尽くして」
家族会が拉致担当相に請願書


 北朝鮮による拉致の可能性を排除できない特定失踪者の家族有志でつくる「特定失踪者家族会」は18日、加藤勝信拉致問題担当相と内閣府で初めて面会し、政府認定の拉致被害者と区別することなく、特定失踪者の救出に力を尽くすことを求めた。



 家族会は特定失踪者の救出を目指し5月に結成され、現在48人の家族44人が参加する。面会には会長を務める新潟市西蒲区出身の大沢孝司さん=失踪当時(27)=の兄昭一さん(81)と、幹事で長岡市の中村三奈子さん=失踪当時(18)=の母クニさん(74)ら9人が出席した。

 昭一さんは、拉致の可能性が濃厚な特定失踪者を拉致被害者と認定することなど8項目の請願書を加藤氏に手渡した。

 昭一さんは「全国の特定失踪者家族は放置され、このまま置き去りにされてしまうのではないかという不安を共有している。私たちの思いは家族を取り戻すことだ」と訴えた。

 加藤氏は「拉致問題を含む人権問題に対応すべきという機運はひしひしと伝わっている。(拉致被害者の)認定がある、ないにかかわらず問題に取り組んでいきたい」と応じた。


新潟日報さんのこちらの記事より
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20170718335836.html



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-07-20 21:16:27

新潟日報さんへご掲載 「失踪者問題の早期解決訴え 中村三奈子さんの母クニさん署名活動」

テーマ:活動や情報
失踪者問題の早期解決訴え
中村三奈子さんの母クニさん署名活動


 北朝鮮に拉致された可能性を排除できない長岡市の特定失踪者、中村三奈子さん=失踪当時(18)=の母クニさん(74)や支援者が16日、長岡市山古志南平の山古志闘牛場で問題の早期解決を訴える署名活動を行った。チラシを配り、情報提供を呼び掛けた。



 三奈子さんは1998年4月7日、新潟空港から韓国へ出国した記録を最後に足取りが途絶えた。署名活動は、同所で開かれた闘牛大会に合わせて実施した。

 クニさんら3人は来場者に署名を呼び掛け、受け取った人は「大変だと思うが、諦めずに頑張って」と声を掛けていた。

 署名した新潟市江南区の公務員、小泉ひとみさん(61)は「私たち国民も、できる限りの協力をしていきたい」と話した。クニさんは「問題に関心を持ってもらうためにも、粘り強く活動を続けたい」と強調した。



新潟日報さんのこちらの記事より
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/local/20170717335657.html
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。