2015-09-18 22:54:28

三奈子 お誕生日おめでとう

テーマ:三奈子に届いて!!
9月12日 

三奈子 長岡アオーレで行方がわからなくなって17年 集会をさせてもらいました。
残念ながら今年も三奈子に会うことが出来ませんでした。

今年こそ ・・・三奈子に会える・・・と思いながら1年がスタートしました。

今年は三奈子の夢を何度も見ました。今までこんなことなかったのに・・・
きっと会えるまえぶれ・・・
なんて思いながら過ごしてきたのに・・

もう半年過ぎてしまいました。残念です。


9月18日 36歳のお誕生日です。どこでお誕生日を迎えているの?

今年はやっとモンブランのケーキを作ることが出来ました。

三奈子ローランローゼで食べたモンブラン覚えている?美味しかったよねー
来年こそ手作りモンブランを食べてね。




今年のお誕生日プレゼントは今までにないものです。
三奈子もお酒を飲まれる年ですね。

ワイングラスを見つけてきました。

夕食後ワインを注ごうと思い氷を入れてワインのないことに気が付きました。
ごめんなさい。明日買ってきますね。

三奈子 元気でいると思いますがどうか連絡ください。連絡できない所にいるのですか。

心配しています。



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
同じテーマ 「三奈子に届いて!!」 の記事
2015-09-14 21:15:23

『早期再会へ中村三奈子さん母訴え』 新潟日報さんにご掲載頂きました

テーマ:活動や情報
早期再会へ中村三奈子さん母訴え
長岡・「さがす会」が集会


 北朝鮮に拉致された可能性を排除できない長岡市の特定失踪者、中村三奈子さん=失踪当時(18)=との早期再会を目指す集会が12日、長岡市のアオーレ長岡で開かれた。市民ら約100人が参加し、母クニさん(72)は「せめて娘の声を聞きたい、顔を見たい」と涙ながらに支援を呼び掛けた。



 18日に36歳となる三奈子さんの誕生日を前に、支援グループ「中村三奈子さんをさがす会」が企画した。

 北朝鮮による拉致再調査の進展が見られない現状に、クニさんは「もしかしたら拉致被害者の帰国が再びあるのではと期待したが、一歩も進んでいない」と複雑な表情を浮かべ、「政府には本当に進むようお願いしたい」と求めた。

 講演した特定失踪者問題調査会の荒木和博代表は「現状をとにかく変えなければいけないという気持ちが大事だ。世論の高まりが政府を動かす追い風になる」と、市民一人一人が関心を持ち続ける意義を訴えた。

 三奈子さんは1998年4月、韓国への入国記録を残して行方不明になった。


http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20150913205225.html
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2015-09-13 12:32:31

『中村さん救出へ決意新た』 読売新聞さんにご掲載頂きました。

テーマ:活動や情報
中村さん救出へ決意新た

 北朝鮮に拉致された疑いのある特定失踪者の中村三奈子さん(失踪当時18歳)の支援団体「中村三奈子さんをさがす会」が12日、長岡市のアオーレ長岡で集会を開き、約110人が救出に向けた決意を新たにした。



 中村さんは高校卒業後の1998年4月6日朝、同市の自宅で母・クニさん(72)と会話したのを最後に帰宅せず、失踪翌日に新潟空港から韓国へ出国した記録があることが分かっている。18日に36歳の誕生日を迎える。

 北朝鮮による拉致被害者らの再調査は調査報告が延期され、進展が見えていない。クニさんは「一歩でも前に進んだ状況が伝わるよう政府にお願いしたい」と訴え、「せめて声が聞きたい、顔が見たい。会いたい気持ちでいっぱい」と胸の内を語った。

 小学校から高校まで同級生だった上村英輔さん(35)は「必ず帰ってきてくれると願い、中村さんの話を広げていきたい」と話した。74年に佐渡島で行方不明になった大沢孝司さん(失踪当時27歳)の兄・昭一さん(79)も登壇し、「政府は特定失踪者を見殺しにせず、一刻も早く救出してほしい」と強い口調で話した。

http://www.yomiuri.co.jp/local/niigata/news/20150912-OYTNT50092.html
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2015-09-07 13:31:49

拉致解決「猶予ない」

テーマ:活動や情報
拉致解決「猶予ない」

◆支援団体や県、新潟で集会 「期限を」政府に求め決議

 昨年7月に始まった北朝鮮による拉致被害者の再調査に進展が見られないことから、支援団体「救う会新潟」や県などは6日、新潟市中央区で集会を開いた。被害者家族の高齢化は「一刻の猶予もない状況だ」として、北朝鮮に期限を定めてすべての拉致被害者の帰国を要求するよう、政府に求める決議が採択された。

 拉致被害者の曽我ひとみさん(56)や県内選出の国会議員ら約450人が参加した。曽我さんは、ともに拉致された母親のミヨシさん(拉致当時46歳)について、「母は今年で83歳。日本には90、100歳まで元気な方がたくさんいるが、北朝鮮で長く生きるのはとても難しい。本当に時間がありません」と語り、一日も早い問題解決を訴えた。

 支援団体「救う会全国協議会」の西岡力会長は、「北朝鮮は時間稼ぎをしている」とした上で、「日本人は時間がたてば諦めると思わせず、かえって怒りが大きくなるというメッセージを強く出すことが必要だ」と強調した。

 特定失踪者の家族も登壇した。1974年に佐渡市で失踪した大沢孝司さん(失踪当時27歳)の兄・昭一さん(79)は、「生存情報の入った人から、一日も早くふるさとに連れ戻してください」と話し、長岡市の中村三奈子さん(1998年の失踪当時18歳)の母・クニさん(72)は、「拉致問題が進展すれば、特定失踪者の情報も何らかの形で見えてくるはず」と期待した。

 拉致被害者の横田めぐみさん(拉致当時13歳)の父・滋さん(82)と母・早紀江さん(79)は、体調を考慮して欠席し、めぐみさんら救出への思いを語るDVDが上映された。


http://www.yomiuri.co.jp/local/niigata/news/20150906-OYTNT50133.html

いいね!した人  |  リブログ(0)
2015-09-06 13:30:03

『拉致早期解決に力を』 新潟日報さんにご掲載頂きました

テーマ:活動や情報
拉致早期解決に力を
9月6日、新潟 被害者救出へ県民集会


 新潟市で拉致された横田めぐみさん=失踪当時(13)=ら北朝鮮による拉致被害者の早期救出を求める県民集会が9月6日、新潟市中央区の新潟ユニゾンプラザで開かれる。支援組織「救う会新潟」や県などが主催。毎年11月の県民集会に加え、救出へのメッセージを発信する。

 拉致被害者家族会の飯塚繁雄代表(77)が来場し、救う会全国協議会の西岡力会長(59)が講演する。横田さんの父滋さん(82)と母早紀江さん(79)はビデオ映像での出演を予定している。

 県内からは佐渡市の拉致被害者曽我ひとみさん(56)のほか、特定失踪者で新潟市西蒲区出身の大沢孝司さん=同(27)=の兄昭一さん(79)と長岡市の中村三奈子さん=同(18)=の母クニさん(72)が訴える。

 救う会新潟の高橋正会長(79)は「北朝鮮は7月の調査期限を延期し、誠意がない。政府が強い態度をとるよう県民の意思を示したい」と話す。

 午後2~4時。定員400人。はがきに郵便番号、住所、氏名、年齢、電話番号、参加人数(2人まで)を明記して申し込む。宛先は〒950―8570、県庁拉致問題調整室。8月21日必着。問い合わせは県国際企画課、025(280)5876。


http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20150803196990.html
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。