香港遠征 6日目~トレーニング&小学校訪問~ | サガン鳥栖オフィシャルブログ

サガン鳥栖オフィシャルブログ

サガン鳥栖のオフィシャルブログです。チームの情報などお知らせいたします。


テーマ:

2月8日(金)、午前中はリカバリートレーニング。


全体でのランニングから始まり。ボールを使用してのパス回しとストレッチの2組に分かれて汗を流します。
大会の翌日なので軽めの調整で終了となりました。


トレーニング後には、練習場で記念写真。


午後は、現地の日本人学校を訪問。たくさんの子どもたちに迎えられます。


「みなさんに会えてとてもうれしいです。今日は選手たちに聞きたいことをいろいろ質問してください」とルイス カレーラス フェレール監督があいさつ。


「香港に来たのは初めてです。サッカーの大会で準優勝という結果に終わったのは悔しいですが、こうしてみんなに会えてたくさんの笑顔が見ることができてうれしいです」と選手を代表して豊田陽平選手があいさつ。


子どもたちから選手への質問タイム。
サッカー以外に得意なことは何ですか?
「こんにちは、サッカー以外では勉強することが好きです。みなさんも頑張って勉強してください」と三丸拡選手が答えると、子どもたちからは「はい」という元気な返事とたくさんの拍手が送られました。


ロングパスからのトラップはどうやったら上手にできるのですか?
「ボールを怖がらないことがすごく大事だと思います」と答えた谷口選手は、後はトーレス選手に聞いてみましょうとバトンタッチ。

「一週間の中で少しずつ練習を積み重ねてできるようになります。サッカー選手を目指している人は毎日の練習をがんばってください」とトーレス選手


他にも様々な質問に選手が答えると、子どもたちは真剣な表情で話を聞いていました。


三丸選手、島屋八徳選手、石井快征選手の3人がチームを代表して記念品贈呈。
最後に全員で記念撮影をして学校訪問を終えました。


読谷村キャンプから香港遠征と約3週間にわたる行程が全て終了。
「個人的には戦術のしっかりとした理解と一年間ケガをしない体づくりをしっかりできたと思います。香港遠征では海外のチームと対戦することができ貴重な経験になりましたし、チームとして課題も見つかりましたので、鳥栖に戻ってしっかり準備をしてリーグ開幕に臨みたいです。ファン・サポーターの皆さんも試合を楽しみにしていると思うので期待にこたえられるようにがんばります」と開幕までの残りの時間しっかり準備をすると語った高橋義希選手。


以上、香港遠征レポートとなります。
お付き合いくださり感謝申し上げます。

また、レポートします。

サガン鳥栖オフィシャルブログさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス