サガン鳥栖2018読谷村キャンプ21日目~大切な存在~ | サガン鳥栖オフィシャルブログ

サガン鳥栖オフィシャルブログ

サガン鳥栖のオフィシャルブログです。チームの情報などお知らせいたします。


テーマ:

2018年2月4日(日)夕食後、ファンティーニ燦選手に少しお話しを聞いてみます。

 

Q:「ここまでのキャンプ振り返ってみていかがですか?」

ファンティーニ選手:「キツいですね。やっぱり走るし、キーパートレーニングもハードですし、でもいい経験になっているので、自分の成長に繋がっています。沖縄は初めてですが、自然も豊かでサッカーに集中できる環境が整っていますね」

 

Q:「キャンプ生活の同部屋は誰ですか?」

ファンティーニ選手:「ビクトル(イバルボ選手)です。こわそうな顔してますけど(笑)、いつも笑ってくれます。この前、イバルボのシャワー中にこっそり入って冷たい水をかけるイタズラをしたんですけど、一度は怒ってもすぐに笑って許してくれて(笑)。日頃の疲れを癒してくれる大切な存在です」

 

Q:「でじっち見ましたよ?」

ファンティーニ選手:「あれはミツくん(三丸拡選手)から、『イタリアで流行っている面白い事やってよ』って言われて。もうアレしかないと思って100%やっちゃいました(苦笑)。結構恥ずかしかったです」

 

Q:「昨日までの新人研修はいかがでしたか?」

ファンティーニ選手:「3日間あったのですが、実際に講習を受けると色々と考えさせられる場面が多かったです。個人的には、サッカーを中心とした1日の考え方が印象に残っています。食生活もですけど、自己成長のために空いている時間をどう使うか、これからプロとして考え抜かないといけません」

 

Q:「今シーズンの抱負をお願いします」

ファンティーニ選手:「開幕に向けてチーム一岩となって、個人的にも試合に出場できる状態で臨みたいし、高い壁ですけど日々努力して挑んでいきたい」

 

新人研修で収穫が多かったと話してくれたファンティーニ燦選手。また、レポートします。

サガン鳥栖オフィシャルブログさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス