サガン鳥栖2018読谷村キャンプ7日目~持ち味~ | サガン鳥栖オフィシャルブログ

サガン鳥栖オフィシャルブログ

サガン鳥栖のオフィシャルブログです。チームの情報などお知らせいたします。


テーマ:

2018年1月21日(日)ユニフォーム撮影。

 

伊藤遼哉選手がユニフォーム撮影に臨んでいたので、その部屋にお邪魔して、少しお話しを聞いてみます。

 

Q:「伊藤選手、ここまでのキャンプ振り返ってみていかがですか?」

伊藤選手:「加入する前から『サガン鳥栖は走るチーム。Jリーグの中でもキャンプでのキツさは一番』ってみんなから聞いていました。ドイツでも素走りすることが多かったので問題ないだろうと思っていましたが・・・想像以上にキツいです。でもチーム内の雰囲気は楽しいので、練習は頑張れます」

 

Q:「初のトレーニングマッチ、いかがでしたか?」

伊藤選手:「毎日2部練なので、疲れている体の中、サガン鳥栖で初めて試合に出る機会となりました。このキャンプ中にチームで目指しているコンセプトがだんだん分かってきたので、ゲームに馴染むのには苦労しなかったです。ただ、出場してすぐに最初のシュートチャンスが来て、あれを決めれなかったのは悔しいです」

 

Q:「あのシュートはペナルティーエリア外、距離もあったと思いますが?」

伊藤選手:「やっぱりああいったミドルレンジからも決めるのが僕の持ち味なので、次のトレーニングマッチで同じようなチャンスが来たら絶対に決めたい」

 

Q:「サガン鳥栖のイメージはありますか?」

伊藤選手:「はじめて鳥栖に来た時に、何て熱いファン・サポーターなんだろうと思いました。僕自身、サガン鳥栖の一員になりましたけど、新体制発表会やJTBツアーなどでも本当にチームが愛されていると感じています。そういう方々の声援に応えるためにも試合に勝ち続けたいですね」

 

Q:「残りキャンプでの目標を聞かせてください」

伊藤選手:「アピールし続けることです。まだ監督へ自分がどういうプレーヤーか伝えてきれていません。日々の練習、トレーニングマッチで僕の持ち味だたりアピールしながら、ケガしないように体のケアをしてミスしないように取り組んでいきたい」

 

とにかく自分の特徴をしっかり出して、チームに貢献したいという熱い思いが伝わってくる伊藤遼哉選手でした。

 

また、レポートします。

サガン鳥栖オフィシャルブログさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス