サガン鳥栖2017読谷村キャンプ13日目〜アッという間の1日〜 | サガン鳥栖オフィシャルブログ

サガン鳥栖オフィシャルブログ

サガン鳥栖のオフィシャルブログです。チームの情報などお知らせいたします。


テーマ:

2017年1月31日(火)

この日の夜、ホテルの一室にて2017イヤーブックの取材やDAZNの動画撮影がありました。そこに参加していた赤星拓選手、高橋義希選手、池田圭選手へ突撃インタビュー!!

 

Q.読谷村でのキャンプいかがですか?

池田選手:「例年、肌寒い時もあったので、今年の沖縄は晴れが多いから、この時期に薄着でいられる幸せ?これがキャンプの率直な感想です」

高橋選手:「晴れというのが一番ですね(笑)」

赤星選手:「天気ばっかやん(笑)何回も来ているので、安心感、安定感がある。今のところ大ケガは出てないので最後までみんなで収穫あるキャンプに出来ればと思ってます」

池田選手:「結構、朝起きてエレベーターに乗るまで廊下の窓から見えるんですけど、外の景色で朝日が昇りそうな時の雲の感じが好きです」

赤星選手:「いきなりどうした(笑)!?」

池田選手:「雲はあるけどオレンジかかってるみたいな景色、いいですね」

高橋選手:「僕は読谷村の方々に名前を覚えてもらえてたのが収穫でした(笑)」

Q.読谷村の皆さまとの食事会ですね?

高橋選手:「そうです。良かったです。5年前は名前を聞いてすいませんって言われて(笑)」

赤星選手:「私たちも皆さまの顔を覚えていきますからね」

池田選手:「読谷村の方々が楽しみにしてくれてるのを感じるから、またこうやって来れたのは幸せだなぁと思います」

 

Q.キャンプに必ず持って来るものありますか?

高橋選手:「加湿器!!」

池田選手:「赤星くんはDHCのアミノ酸とクエン酸でしょ!それ以外持って来るものないでしょ!!僕は本です。今回はアレックス・ファーガソンと男の品格」

赤星選手:「渋いね(笑)」

Q.キャンプで楽しみにしていることありますか?

赤星選手:「ソーキそば!!」

高橋選手:「読谷村との交流(笑)」

Q.高橋選手は本当に読谷村が大好きですね。練習以外の時間は何をしてますか?朝散歩したりします?

池田選手:「そんな時間ないでしょ」

赤星選手:「ないよ、朝もけっこうバタバタだしね」

池田選手:「その間に散歩したいって気持ちになかなかならないですよ?だってその後に練習あるんですよ?」

赤星選手:「夜の方がゆっくりしてるね」

池田選手:「練習終わって、ホテルに帰って来るのが5時過ぎでしょ。お風呂入って、少し横になったらすぐに夕食でしょ。食べた後に治療して終わりですね」

赤星選手:「ケイとかすぐ寝ちゃうでしょ」

池田選手:「アッという間に1日が終わっちゃう」

高橋選手:「一緒ですね。治療入ったら本当に時間ないですね」

 

Q.池田選手、そんなアッという間の1日の中で「デジっち」の撮影お疲れ様です。今回の「デジっち」でMVP級の活躍をした選手を教えて下さい。

池田選手:「マサト(藤田優人選手)かテツロウ(太田徹郎選手)か、アオキさん(青木剛選手)?アオキさんは誘ってみたら案外ノリノリだったけど、結構カットされるのに怯えてましたね(笑)。うーん・・・でも放送でちゃんと映ってた選手たちがMVPじゃないですか?(笑)」

※放送日が決まりましたら改めてお知らせいたします。

 

Q.最後に残りキャンプへの意気込みをお願いします。

高橋選手:「まず体はしっかりつくってこれたので、あとはケガがないようにして帰りたい。最後に試合が残っているので、勝つのも大事ですけど連携をしっかり確認していいキャンプで終わりたい」

池田選手:「トレーニングとか試合がまだありますが、まずはしっかり一瞬一瞬をやりきる。それが自分に残っているテーマ」

赤星選手:「個人的にはゲームをやれてなくて、まだ一緒に試合したことのないメンバーもいるので、ゲームの中でコミュニケーションを取れればと思うので、最後の試合でそれが出来るように頑張ります」

 

皆さん、インタビューにご協力ありがとうございました。

 

また、レポートします。

サガン鳥栖オフィシャルブログさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス