相模原の弁護士ブログ ~sagaminami法律相談~

相模原の弁護士ブログ ~sagaminami法律相談~

相模原の弁護士が相続・遺言・離婚・交通事故・借金問題(破産・個人再生・任意整理)・法テラスなどを解説いたします。
事務所は相模大野ですが、相模原、厚木、座間、海老名、大和、横浜、町田の案件も多く取り扱っております。

Amebaでブログを始めよう!

「地方裁判所 民事訴訟部」を名乗る詐欺封書にご注意

奈良英喜さんの自宅に届いたのは「地方裁判所 民事訴訟部」から送られてきた封書。「至急」の印が押されており開封してみると、「提訴の告知」という手紙が入っていた。

そこには「あなたは支払い義務違反という事で、地方裁判所に訴状の提出が行われ、受理されております。この件に関して異議申し立て、または取り下げ希望がある場合、下記日付までに答弁書の御提出または、当局にて御相談を受け賜わっておりますので、民事訴訟部ご相談窓口にお問い合わせ下さい」と記載されており、期限までに連絡しない場合は、財産差押えなど法的手続きを取ると警告している。

記されている住所と地図は確かに東京地裁のものだが、実際はこの封書は裁判所が送付したものではない。記載されている電話番号に連絡すると、詐欺グループへつながるのだ。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190731-00010004-finders-bus_all

 

 

だそうです。

最近も似たような相談を受けました。

情報提供として警察署に連絡入れておきましょうね~と回答しました。

 

私たちからすると、「地方裁判所 民事訴訟部」という差出人表記(どこの地方裁判所や!)

からして、つっこみどころばかりです。が、やはりびっくりしますよね。

お気をつけください。

 

 

あなたは、ストレスって体にとって悪いものと考えていますか?

 

もし、そうならば、すみやかに改めなきゃいけないようです。

ものすごく平たく言うと、「ストレスが体に悪い」と思っている方が死んじゃうらしいのです。

 

これが本当なら、今までメディアなどの情報でストレスを敵視してきた私たちは相当なリスクにさらされてましたね。

生き残って良かった。わーい。

 

スタンフォード大学のケリー・マクゴニカルさんいわく。

 

私がストレスへの接し方を考え直すことになったある調査をご紹介します。アメリカの成人3万人を8年に渡り追跡したもので、「この1年どれほどストレスがありましたか?」と質問しました。それに「ストレスは健康に悪いと思いますか?」という質問もしました。それから公的な死亡記録で誰が死んだか確認しました。ではまず悪い報せから。前の年に多くのストレスを経験した人は、死亡リスクが43%高くなっていました。でもそれは、その人がストレスは健康に悪いと思っていた場合です。多くのストレスを経験したけれどストレスを害と思ってない人では、死亡率が上がりませんでした。それどころか、その人達は調査対象の中で死亡リスクが最も低かったのです。ストレスが比較的少なかった人よりもです。

 

わかった。死んじゃうことは分かった。

 

ではどうするの?

ストレスを感じない、ということは絶対に無理ですよね。

だからストレスと上手につきあおうということらしいです。

ストレスは、自分が仕事を大切にしているからこそ表れる「サイン」だと考えるといいでしょう。ストレスを感じるのは、「自分の仕事に対して思い入れがある」ことの証しで、一生懸命やっているからこそ、誰かのことを思っているからこそ、ストレスを感じるのです。ストレスは誰もが感じることであると知り、“ストレスの味”を自分なりに変えることによって、ストレスとのつき合い方を変えることができます。 ケリー・マクゴニガル ストレスを武器に変える方法https://style.nikkei.com/article/DGXMZO14000640T10C17A3000000/

 

TEDでご試聴されてみてください。短時間です。

アメリカの一流の学者の説明が無料で聞けるなんて、いい時代ですね。それに、美人さんですよ~

「ケリーマクゴニガル」の画像検索結果

 

 

ケリー・マクゴニガル
TEDGlobal 2013
ストレスと友達になる方法

https://www.ted.com/talks/kelly_mcgonigal_how_to_make_stress_your_friend/transcript?embed=true&language=ja

 

お久しぶりでございます。

 

ずいぶん更新していなかったのですが、

未だに皆様から、法律相談などご連絡をいただきます。

 

また、こちらもアメブロで知り合った方に、ご相談したり、お願い事したりしています。

 

ゆるいつながりですが、だからこそ、大変ありがたいことだなあとしみじみ思いました。

 

さて、最近はまっていること。

それは、筋トレ。

 

まだ初心者ですが、ジムとも契約しました。

 

筋トレといえば「みんなで筋肉体操。」。それはシュールリアリズム。

当神奈川県弁護士会が誇る弁護士小林航太先生も所属!画面左奥!

https://www4.nhk.or.jp/P4975/23/

 

シーズン3が2019年7月29日午後11時45分より4日間始まるそうです。

https://kai-you.net/article/66131

 

筋肉も裏切らない、(弁護士もといいたい・・・

 

 

 

こっそり再開してみます。

 

いままで、めんどうだった相続手続。銀行に払戻を要求するなどの具体的な相続手続には、相続関係を証明する戸籍謄本等が必要になりますが、戸籍謄本等が改製等により複数必要となり、何度もこれらを揃えることが面倒煩雑な場合も多かったのです。

 

これがあると、便利になりそうですね。

 

法務省HPより

「法定相続情報証明制度」が始まります!

 

現在,相続手続では,お亡くなりになられた方の戸除籍謄本等の束を,相続手続を取り扱う各種窓口に何度も出し直す必要があります。
 

法定相続情報証明制度は,登記所(法務局)に戸除籍謄本等の束を提出し,併せて相続関係を一覧に表した図(法定相続情報一覧図)を出していただければ,登記官がその一覧図に認証文を付した写しを無料で交付します。
 

その後の相続手続は,法定相続情報一覧図の写しを利用いただくことで,戸除籍謄本等の束を何度も出し直す必要がなくなります。

皆様

 

晴れ明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

 

本当に長期間、ブログ更新をさぼっていました。ごめんなさい。

 

ブログを読んで下さっていた方から、プレゼントケーキが事務所宛に届きまして、こんな怠惰な私を忘れずにいて下さって、大変ありがたく、同時に申し訳なく思いまして、ブログを更新することとしました。

 

で、早速、とりあえず、本日知ってびっくりした判決についてです。

面会交流についてです。

 

面会交流とは、離婚後又は別居中に子どもを養育・監護していない方の親が子どもと面会等を行うことです。親権が争われた離婚事件などでは、とても重要な争点となっています。

親の権利ではありますが、中に挟まれるお子さんのことを第一に考えなければなりません。

近時、面会交流の重要性が増してきており、これを一方的に拒むなどした場合に、裁判所は、そのペナルティを強める判断をすることが増えてきたという印象があります。

<子供への面会拒否>元妻の再婚相手にも賠償命令 熊本地裁

裁判官は「被告の主張は面会日程を調整する協議を拒否することを正当化するものではない。長男が7歳から10歳に成長する大切な時期に交流できなかった原告の精神的苦痛は相当大きい」と指摘。元妻は日程を協議する義務を怠り、再婚相手も連絡義務に違反したとして、いずれの賠償責任も認めました。金額としては再婚相手に元妻と連帯して30万円を支払うよう、元妻には70万円の支払うよう命じたそうです。
 
面会交流は、揉める事件は大変揉めます。
私も、たまにですが、実際に面会交流に付き添うことがあります。休日に紛争当事者とお子さん達とデニーズなどですごしたりします。
何より、お子さん達が複雑な表情の中で、笑顔がちょっとずつ見られたりして、そのときはああ、やはり面会交流って重要だなぁ、と思います。休日半日が潰れるのはちょっぴり悲しいの
 
面会交流の重要性について、裁判所の判断の傾向が変わってきていますので、改めて調べてみようと思います。
 
ではまた、皆様、あらためまして、よろしくお願いいたします。