音楽流通に革命を

相模の風レコード 代表 いしはらとしひろが綴る、『メジャー崩壊後』の音楽流通ビジネスやレコーディングのあれこれ


テーマ:

去年の夏に亡くなったレス・ポールのベスト版CDを購入して
今更ながら聞いております。


レス・ポールとはいわずと知れた
あの、「レス・ポール・モデル」のエレクトリック・ギターを作った人です。
ソングライター、ギタリスト、ヴォーカリスト、ギタークラフトマン、
エフェクターの類も結構作っていたらしいし、エンジニアとしても優れていた。
近代レコーディングには必須のマルチトラック録音・
オーバーダビングの技術も、ほぼこの人が作り上げたらしい...。
しかも、94歳で亡くなる直前までライブもやっていたらしい。


上の業績をながめてみると。
一人で、今あるポップミュージックの基盤の
大部分を、作ってしまったってことぢゃあないですか。
口、あんぐり。すごすぎます。


音楽の方は今まで「テネシーワルツ」「ハウ・ハイ・ザ・ムーン」くらいしか
聴いたことがなかったのだけれど、ちゃんと聴くと。


げっ、すげー。


活躍したのが1940年代~50年代だから、
今の感覚で聞くと古臭いところも、もちろんある。
でも、この人は間違いなく「頭の中に象を飼っていた」タイプの人だと思う。
フランク・ザッパやプリンスのように。
オーソドックスに見えてぶっとびまくりです。
もし40年代にミュージックコンピューターがあったら、
間違いなくとんでもないものを作り出してたと思うよ、レス・ポールさんは。


多分ね、自分の作りたい音が見えていて、でも、現実にはないんだから、
「じゃあ、自分で作ってしまえ~~」って人だったんだろうな。
頭も発想もとてもやわらかい人だったんだろうな。

なんかね、音を聴いていると、お気に入りのおもちゃを
使い倒してる感じ、がすごくするのだなぁ。
もう楽しくてしょうがない感じ。
ものすごくプロフェッショナルではあるのだけれど、
取り組む原点として持っているのは超アマチュア的な発想・感覚。

すげー面白いです。


特に録音に興味を持っている人、それからカントリーロック系などが
好きな人はギタリストとしてのぶっ飛び具合も。
とても面白く聞けるよ。


ジェフ・ベックもフェイバリット・ギタリストの一人に
あげているらしいけれど、さもありなん。

いやぁ、びっくりさせられますわ。
すげーぜ、レス・ポール!


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

レコーディングというものに、僕が関心を持ったきっかけは、ザ・ビートルズです。

ありがち?


僕がロックだの洋楽だのというものに、本格的に興味を持ち始めたのは

30年前、15歳の時でした。割と遅い方かな。

初めて買った洋楽のシングル盤

(そう、まだCDすら影も形もない頃。ダウンロード?なんじゃそりゃ、な時代です)が

ビートルズの「イエローサブマリン」と「エリナーリグビー」のカップリング。

どちらも名曲ですが、レコーディングの手法としても、

いろいろな工夫がなされた面白い曲です。


もちろん音楽を本格的に聴き始めたばかりの、

15歳の小僧はレコーディング手法、なんて

そんなところでは聴いていません。

ひたすら、純粋に曲に、演奏にのめりこんで聴いていました。

でも、始まりがそこだった、というのは今振り返ると大きかったなぁ。


イエローサブマリンには楽器以外の音もたくさん入っています。

波のような音、潜水艦がぶくぶく言うような音、劇の様にしゃべる声、

そしてエンディングの楽しそうな大合唱。

目くるめくような不思議な世界でした。


エリナーリグビーの弦楽四重奏をバックにしたポールの歌声。

しかも声がダブったり、コーラスもポールが歌っている。

え、なんで同じ人の声がいくつも入っているの?

しかも弦の音の塩辛さが素晴しい。全然甘ったるくない。

これはもちろん編曲によるところ大なのですが、

でも、録音の仕方によるところも大きい。


そんなことは、レコーディングにある程度、

首を突っ込むようになってから知ったことですが、

でも、何も分からない15歳の僕が、楽曲のよしあし、演奏のよしあしとは、

また違う部分にも大いに関心を寄せながら聞いていたことは確かです。


その後にいろいろ購入した、様々な名盤と聞き比べても音のユニークさでは

未だに燦然と輝いています。

最初がビートルズの中でも、とりわけ凝ったことをしている

「イエローサブマリン」「エリナーリグビー」だったということが

今に至る僕の、録音とかアレンジというものに対する興味をかきたてる、

原点なのは間違い有りません。


三つ子の魂百までも。

罪だなぁ、ビートルズ。

この二曲を収録したアルバム、「リボルバー」はミキシングとかプロデュースとか、

録音とかに興味がある人には、必聴の名盤だと思います。

そういう技術的な細かいことを抜きにしても、音楽としても素晴しいし。


まだ聞いたことのない方、借りてでもいいから聴いておくべきですよ。

音のワンダーランドだから。


そして、あなたが、レコーディング、なんてことに興味を持ったのは

何が、どんな曲や演奏がきっかけでしたか?


☆相模の風レコード レコーディング事業

☆相模の風レコード CD・DVD流通サポート事業  


相模の風レコードが紹介する素敵な音楽が聴けるネットラジオ

☆風ラヂヲ スペシャルチャンネル


いしはらのもう一つのブログ

音楽でよろこびの風を


出張レコーディングエンジニア いしはらとしひろ でした!


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。今日がお初。

レコーディングや音楽ビジネスのことなどを考えていくブログ

「レコーディングはワンダーランド」の始まり始まり。


わたくし、いしはらとしひろと申します。

相模の風レコードという、インディーズレーベルを運営しています。

ミュージシャンでもあります。

まだ、大ブレイクはしていませんが予定では近々がつ~~んと!(笑)


レコーディング、つまりは録音です。

僕の仕事の中で、大きなウエイトを占めつつある仕事でもあります。


しかし、レコーディングに関して、どこかのスタジオやエンジニアさんについて

修行したわけでもありません。まったくの自己流。

これはミュージシャンとしての僕とまったく同じスタンスです。


でも、こういうのは結果がすべて、出来上がった音がすべてですから、

お客様に納得していただければ、OK。

そこは納得いくもの作りますよ~。

とはいっても、僕もまだエンジニアとしては足りない点も多いし、

日々勉強。

そんな過程を皆さんと一緒に楽しみつつ学べたら、

そして録音することの面白さをお伝えできたらと思います。

というとエンジニアや録音マニア、ミュージシャン向けか?

と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。

特に音楽関係でない方も読んでほしい。

そして自分の好きな曲や、ヒットしているあの曲の裏側には、

こんなことが隠されているのだな、というのを知っていただいたりするのも

また一興かなと思います。


まずは手始めに、こんなのはいかが?

僕自身の曲で、エンジニアリングも自分でやった曲です。


「柳に風」   ← クリックすると聴けます。


週二回程度、更新予定です。

楽しく行きましょうね!


よろしくお願いします。

いしはらとしひろでした!



☆相模の風レコード レコーディング事業

☆相模の風レコード CD・DVD流通サポート事業  


相模の風レコードが紹介する素敵な音楽が聴けるネットラジオ

☆風ラヂヲ スペシャルチャンネル


いしはらのもう一つのブログ

音楽でよろこびの風を

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。