音楽流通に革命を

相模の風レコード 代表 いしはらとしひろが綴る、『メジャー崩壊後』の音楽流通ビジネスやレコーディングのあれこれ


テーマ:

昨日の記事からの続きです。

音楽を一人で作って売ることはできる。
でも、ある程度以上の規模になったら、あるいはそういう規模を目指しているなら、やはり、一人では限界があります。
たとえばCDがバカ売れするようなことが起きたら、注文のやりとりやCDの発送作業だけでも、相当の時間と手間を食います。肝心の音楽活動にさく時間がなくなるという本末転倒なことになりかねません。
同時に知名度も上がるでしょうから、たとえば、取材とかテレビやラジオの出演、なんてことも入ってくるかもしれない。売れる前には「そんなのオレの生活パターンにはないことだよ~」ということがどんどんあなたの生活の中に入ってくるわけです。

ある程度以上になったら、具体的には音楽活動で売り上げが上がるようになったら、数人でそれをサポートする態勢を創る必要がありますね。

音楽を創り演奏する人
演奏のサポートをするローディ的な人
日程やスケジュールを組んだり管理する人
営業や宣伝をする人
CDやグッズ等売り物を手配したり管理する人

大まかに言うとこれくらいでしょうか。もちろん小規模なうちは一人で何役かを兼ねないとやっていけないでしょう。活動初期はお金もまだそんなに入ってこないから、ギャラを払ってそういう人を頼む、というのもむずかしいかと思います。
将来の可能性にかけて、今は無料、あるいはうんと安い金額でやってもらうしかありません。
金のことは今はどうだって良いんだ、といってくれるほどの友情。
あるいは、「おまえの将来にかけるから」と言うくらいの才能や人柄に対する惚れ込み。
そういうものがないと、売れる前の時期のスタッフワークはむずかしいでしょう。

それに一人だと、ちょっとうまくいかない時に大変厳しい思いをします。
また、他人の目を感じないことによって、独りよがりで、他人に届かない方法を選んでしまうことだって考えられます。
だからある程度の時期が来たら、一緒に先へ進んでくれる誰かを見つけた方が良い。
それも、音楽家として食べていくために必要なことだと思います。

でも、事務所やレコード会社に所属せず、「自営の音楽家」としてやっていく、というのはそういうことです。
食えない初期段階をどうやってクリアするか。
それでも構わないと言ってくれるような仲間を見つけることが出来るか。
そしてそんな仲間と、成功した暁にはなにをシェアするのか。お金ももちろんだけれど、それ以外に何かビジョンを提示できたらよいですよね。

どんなことでも共通だけれど、特にこれからはオレさえ成功すれば良い、というタイプの人は、まず成功しません。時代がそういうモードではなくなっています。

実際、一人、または少人数から始めて、初期はみんな手弁当で、そこからのし上がってきた人達もいます。それは「仕事をしていく姿」として美しいなぁ。特に音楽のように「ちょっとフツーではないことを仕事にしていく場合には、とてもスリリングで面白いことだと思いますよ。もちろん成功したら、の話しですが。

今日の小さな結論。
音楽を一人で作って売っていくことは出来る。
インディーズでやるひとは「自営業としての音楽」という意識も持つべき。
でも、仲間がいた方がよい。
その方がより大きな世界を見ることが出来そう。

今日も読んで下さってありがとうございました。
相模の風レコード いしはらとしひろ でした。

あなたの音源・CDの流通や配信をお手伝いします
相模の風レコード 流通・配信サポート
http://www.sagaminokaze.com/ryuutuu.htm





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

音楽流通に革命を 相模の風レコード いしはらとしひろさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。