音楽流通に革命を

相模の風レコード 代表 いしはらとしひろが綴る、『メジャー崩壊後』の音楽流通ビジネスやレコーディングのあれこれ


テーマ:
3日ぶりでございます。
土曜日はリハ、日曜は自分のライブ、昨日は休養しつつ練習という感じで、音楽漬けでございました。

さて、なぜ、CDが売れないのか、ということで色々な原因を探ってみました。
その中で、僕が個人的に「こいつが重要犯人なのでは?」とにらんだのは、「音楽自体が、パフォーマンス自体がつまらないからなんじゃないの?」ということでした。
冒険が少ないという意味での、音楽自体の保守化、録音やアレンジ・スタイルなども含めての保守化、そして、過編集ということ。
じゃあ、それらをクリアしたものを創れば良いのでは?
僕の仮定が正しいとすれば、そういうことになります。
まぁ、仮定が正しいかどうかと言うこともありますが、理屈としてはそうなのではないでしょうか。

僕が欲しいもの、という意味で「こんなアルバムだったら、よろこんで買うよ」というものは。

新しい音楽スタイルを打ち出していて、楽曲の完成度も演奏の完成度も高くて、でも、編集されすぎてなくて、録音などにもポリシーが感じられて。
もちろん歌心が感じられて、その人にしかない揺らぎ感やグルーヴがあって。
アルバムとして聴いても、トータル感やアルバムを貫く大きな物語もあって。まとめて10数曲を聴く意味があるあるバム。

あー、すげーハードル高い。
ここまでいったら、それは間違いなく名作ですよね。
そうか。
名作を創れば良いんだ。

という身もふたもない結論。

言うまでもないけれど、創っている過程で、その作品が名作と評されるものになるかなんて分からないし、それを決めるのは自分ではないし。それが名作かどうか決めるのは聴いた人ですからね。

でも、創る方の気概は必要ですよね。
このアルバムのどこに新しさや、訴えるべきことがあるのか、自分ならでは、オレにしか創れないものなのか?創る前に、創りながら、自問自答することは必要ではないでしょうか?
そして創る過程でとことん突き詰める。

僕は音楽の流通や配信を引き受ける、というのを仕事にしています。
仕事として、たくさんの音楽も聴きますが、これからCDを創る人に伝えたいのは、「自分にしか出来ない新しいものを突き詰める」
まず、そこからなのではないでしょうか。

今現在、CDの売り上げもライブの動員も全体に低迷しているように見える、音楽の世界。
でも、今、そこにいると言うことは、今は見えていない風穴を開ければ、そこから世界が開けるということでもあります。
打ち破りましょうよ!我々で。

最後まで読んで下さって、ありがとうございました。
相模の風レコード いしはらとしひろでした。

あなたの音楽・CDの 流通や配信を引き受けます。
相模の風レコード 音楽流通・配信サポートサービス
http://www.sagaminokaze.com/ryuutuu.htm
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

音楽流通に革命を 相模の風レコード いしはらとしひろさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。