中東のとある国で暮らしている親戚の女性Pさんが、ゴアにホリデーで一時帰国しました。

(ゴアの人は中東や欧州で働いて暮らしている人が多いんです。)

 

白く粉を吹くような乾燥肌に悩んでいるPさん。世界各国で売られている大手の会社の保湿に良いといわれるクリームなど、色々なものを試したそうですが、一向に良くならなかったそうです。

 

そこで思いついて、コカムバターを勧めてみました。

 

(おいも のような見た目ですが、こちらがコカムバターです。)

 

早速試したPさんは、肌に白い粉が吹くこともなくなり、とても喜んでいました。

 

長い間外国で暮らしていて、このようなインドのおばあちゃんの知恵!というコカムバターの事は、すっかり忘れてしまっていたそうです。

が、Pさんのおばあちゃんも愛用していた事などを思い出したそうです。

また外国人である私にゴアの人であるPさんがそのことを思いださせられて、そのことが嬉しくて、おかしくて大爆笑してました。

 

Pさんの暮らす中東の国にも沢山ゴア出身の人が住んでいて、コミュニティーが形成されていて、ゴアの人同士の繋がりも多いそうなのですが、若い人などは、特にこのコカムバターのような、おばあちゃんの知恵、古き良きものを知らない人も多いそうなので、戻ったらゴア出身の人のコミュニティーで、色んな人に伝えたい!とはりきっていました。

 

コカムの塊(コカムバター)は、粘膜の炎症による痛みの鎮痛剤であり、収斂(ちぢめる)剤であり、皮膚を柔らかにする皮膚軟化剤でもあります。

乾燥肌に、ひび割れたかかとに、と、色々使えるコカムバターは日本の皆様からも、好評頂いております。

皆様からのご感想はこちらをご覧ください。

 

コカムバター はサフランロード から入手できます。

 

                                                                  まゆり

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

AD