チョコがすき。

今日、なに食べた?


テーマ:
頑張ってみた。

おおきいの
http://sae.kitunebi.com/sere02.html

ちいさいの
http://sae.kitunebi.com/sere03.html

酒瓶付き。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
残念ながら携帯は未対応
どうやったらいいの…orz

↓つもるよー。かもすぞーこらー
ふらしゅ。

240*320です。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ペン入れしてない線画を主線にしてみよう。by写真屋

てゆっても私も使いこなせてるわけじゃないしな…w参考書めくりつつガサガサ。

今日の議題は。「線画の抽出」

シャーペン主線でマンガ書いている人も商業誌に増えてきたしフツーにイケるはず…。
と自分の落書きいじり回す…

やっぱり書き込みが多いところは汚くなっちゃうor潰れちゃうな…まあ、これは仕方ないか。ペン入れしてても一緒だし。


まず、ペン入れした場合の私の線画抽出方法は

グレースケールで取り込み→明るさ・コントラスト(35・66で適用)
更にレイヤー化する場合は
チャンネルパレット下の波線の○ボタン、「チャンネルを選択範囲として読み込む」をクリック→選択範囲を反転→新規レイヤーを作成→任意の色で塗りつぶし(この後透明部分を保護するか選択範囲を保存すれば好きなだけ主線の色が変えられます)

ちなみにこの一連の動作を前半後半で2つに分けてアクション保存してますwアクション保存便利♪

で。これを自分のシャーペン書きの絵に適用すると一部だけ飛んだり濃かったりで使いものになりまへん…

と、言うわけで別の方法を試す。

画像を調整する方法は

*レベル補正
*自動レベル調整
*自動コントラスト
*トーンカーブ
*明るさ・コントラスト

がとりあえずあるかと思います。他にあったら教えてくれw
(直接画像いじるのが怖かったらレイヤー複製するか、調整レイヤーを使えば良いかと)

自動~てのは写真屋が勝手にやってくれるのでその結果が自分好みならそっちの方が楽ではないかと。

順番にやってみる。



*レベル補正


グラフの下に3つ▲のスライダーがあります。
これをいじると画像が変化するんですが
白い△より右がハイライトになります。この領域が多いと全体的に白っぽくなります。(白と判断する色の値がが大きくなるため)
黒い▲より左がシャドウになります。要するに黒くなります。
グレーの▲は中間値になります。まあ要するに間の色。(グレースケールの場合あんまり問題にしなくて良い気がする。たぶん)

これらを左右にスライドさせてちょうど良い画像画像になれば良しですが…

ぶっちゃけめんどくさいのでスポイトで無理矢理「白と判断する色」と「黒と判断する色」を拾ってくるのもアリです。
右下に3つ並んだスポイトアイコンがソレです。

スポイトの中身が白いのがハイライト、黒いのがシャドウ、グレーのが中間値に当たります。

とりあえず白としたいところの一番濃い色をハイライトのスポイトでクリック、主線の薄い色をシャドウのスポイトでクリックします。
これでちょうどいい結果がでればいいんですがいまいちならスライダーを微調整するか、スポイトする色を変えてみて下さい。

調整値が保存できるので保存しておくと便利かと思います。

自分の絵なんで毎回劇的に違う濃さの絵を描くとも思えないので基本として保存しておいてその都度調整する方が、はじめからやるより早いかと思います。


*トーンカーブ

あんまり得意じゃないですがー‥‥
グラフの縦軸のグラデーションが「出力」、横軸が「入力」の明るさを示しているのだそうです。

単純に言うと
入力は補正を描ける前の画像、
出力は補正後の画像を示すようです。

つまりは、
たとえば「入力」(横軸)の真ん中あたりにポイントを作って「出力」(縦軸)のハイライト側に持っていくと画像の中間の暗さの色(入力)が明るくなる(出力)訳です。シャドウ側にもってゆけばその逆。
(ポイントの取り方によってはごく一部の色のみの強弱をつけることが可能になります。手書きツールもあるのでお試しあれ。)

とりあえず縦軸で対角線からグラデーションの白い方にいくほど画面が明るく、黒い方にいくほど暗くなるようです。




これを利用して写真のようなトーンカーブを作ると、
ハイライト部分だけ白を強調、シャドウ部分だけ黒を強調した画像に補正されます。

適当に作ってみて微調整してみて下さい。

あと、トーンカーブもレベル補正と同じくスポイトが使えます。
使い方的にはレベル補正と同じです。

ポイントはいくつでも作れるので色々と試してみるといいかもしれません。線画とは関係ないですがおもしろいことできますw

これも適用値を保存できますので気に入ったものができたら保存することをおすすめします



*明るさ・コントラスト
‥‥はまぁ、わかると思いますので中略。w


単品のみでうまくいかないときは組み合わせたりとかすると良いと思います
私も明るさ・コントラストとレベル補正かトーンカーブを使ってみたら結構いい感じでした。


●一番重要な情報書
ホトショのversionは6.0(5.5も使ってました)
画像の取り込みはグレースケールで解像度600でスキャンしてます。

versionが上のものについては余りよくわかりませんが根本的な機能なんかは同じかと思います。
ある程度&機能の理解に役立つのでは、と思いますが‥‥(^^;)

スキャナでの取り込みはカラー用なら解像度360でもいいんですが、私はよほど大きい画像でない限り
解像度600で取り込み→線画抽出→手直し→解像度360に変換
と言う手順を踏みます。

特にペン入れしていないときは絶対。
その方が綺麗なので。細かい&薄い所もちゃんと拾ってくれますし‥‥


どうしても線画の一部だけやたら薄い!!て時は投げなわツールでそこだけ選択範囲かけて補正掛けるのもいいかとおもいます。

多少強引ですが私がいつもやっているのは線画レイヤーを複製して必要な所以外を消しゴム(エアブラシ)で消すって言う…笑
強引すぎますが楽ですw

まあ…どっちにしてもある程度の手直しは必要よね…めんどくせ。
顔さえよければいいんじゃない~?とかいってみる
気にし出すとキリがないしね…いちど線画パソ上でトレスし直したことがあったよ…w
何時間かかったことかw

ウヒ。


もうやらないと心に誓ったのよ。ヤりそうになるけどな(・∀・)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。