社会人になってから

たくさんの方に出会いました。

 

わたしが素敵だな、と

思う方に共通するのは

 

学び続けている」ということ。

 

 

image

ご訪問ありがとうございます。

 

手帳 × 方眼ノートで

あなたの人生を10倍豊かに♡

 

タイムライフコーチ

方眼ノートトレーナーの

菱田紗絵子です。

 

 

たとえば言葉の師匠

山田響子さん。

 

 

「学び散らかし期」なんて

自虐的に(?)過去を

振り返ったりもされる

響子さんですが、

 

 

今でも「これ!」と思った学びは

継続して学んでいる。

 

 

そんな姿が、

わたしの周りにも

ファンが多い理由の

ひとつだと思っています。

 

 

さて、今日は

めちゃくちゃおすすめ本

ご紹介です。

 

 

それがこちら!

 

image

 

岡山が誇る

ビジネスリーダー!

 

ストライプインターナショナル

代表取締役社長

石川康晴さんの著書です。

 

 

 

アマゾンで予約していたのですが、

昨日届いたので、

早速に移動中の車内で

読みました♡

 

image

昨日は福山出張♪with息子

 

 

「令和の時代では、

自ら学ばないビジネスパーソンは

どんどん取り残されていく」

 

 

 

と、最初からグサリと

ささるような文章ですが、

 

 

石川さんだから、説得力があります。

 

 

以前、ストライプインターナショナルの

社員の方と打ち合わせを

させていただいた際。

 

 

「40代くらいになったら

もう一度大学に行って

学び直したいんですよね。」

 

 

と、わたしが言うと

 

「それはとっても良いと思いますよ!

 

実は僕も今、通っています。」

 

 

そう、教えてくださった

ことがあります。

 

 

その時に、

 

あぁこの会社は

社長だけでなく

社員まで

 

「学ぶ」ことに意欲的なんだ!

 

すごい会社だ・・・。

 

 

と、少しうらやましさを覚えたのを

よく覚えています。

 

 

 

ご存じの方も多いと思いますが、

石川社長は

会社経営の傍ら

 

岡山大学で学んだ後

京都大学大学院でも

学ばれ、卒業されています。

 

 

(先ほどの「40代になったら

大学に・・・」というわたしの

発言も、元々は

石川社長に影響されちゃってますw)

 

 

そんな石川さんは

アートコレクターとしても

有名です。

 

FB_IMG_1477766487032.jpg

記憶に新しい、

2016年の岡山国際芸術交流。

 

 

 

こちらをプロデュースされたのも彼。

 

 

そんなことをいうと、

ものすごい人のようで

(もちろんものすごいのですが)

 

 

「いや、わたしには関係ないし」

 

と思うかもしれませんが、

そんな方にこそ、読んで欲しい。

 

 

学ぶってどういうことなのか。

 

なぜ、「学びなおす力」が必要なのか。

 

 

その答えが、

 

image

この本の中にあります。

 

 

ご自身で読み込んでいただくと

おそらく誰にでも

 

「あ、これならできるかも!」

思える具体的な手段が

示されている、

 

 

全てのビジネスパーソンに

(あとお母さんにも!)

読んでいただきたい、

 

大人の学びの指南書です。

 

 

わたし自身はこの本を、

「この先10年で経営者として

育てるべきことは?」

 

という問いをたてて

読ませていただきました。

 

 

そして、具体的に3つ、

 

すぐに行動することを

決めました♡

 

 

 

・・・せっかくなので、

読者のみなさまに

聞いていただいても

良いでしょうか?

 

 

まずひとつめ。

 

FB_IMG_1477766487032.jpg

 

「アート」に触れる時間を

意識的にスケジューリングします。

 

 

今年に入って読んだ本のなかに

 

「アーティストデート」という習慣が

あります。

 

これは自身をアーティストとして扱う、

週1回2時間(だったかな?))を

設けましょう、と

いうものなのですが。

 

 

ここを、より意識的に!

設けていきます。

 

 

「アート」といっても

美術だけではなくて

もう少し広義で捉えて

 

映画や演劇、ミュージカル、

音楽(ライブ)

 

あと、大好きな読書(古典)も

その時間として

カウントしようかな。

 

 

こちらは、基本的に「ひとりで」活動する

ものですが、

 

手帳の会の中に

「アート部」を設けて、月に1回くらい

みんなで美術館にいったりするのも

楽しそうー♡

 

 

 

 

そして、ふたつ目。

 

今年の4月から石川さんが

岡大と連携してスタートされた

教育プログラム「SiEED」。

 

まずはこの「基礎プログラム」を

オンライン受講します。

 

 

ちなみに、こちらのプログラムは

誰でも無料でEラーニングできるように

公開されています♡

 

HPはこちらから

 

 

ひとりよりも、仲間がいたほうが

楽しいと思うので、

手帳の会だったり

方眼ノート受講生グループで

投げかけてみます。

 

 

「一緒にしたい!」方は

ぜひ直接メッセージくださいませ。

 

 

そして、3つめ。

 

この本のなかで

わたしが最も響いたといっても

過言ではない

 

とある言葉があるのですが・・・

 

これを、口癖にします♡

 

 

これができたら次元がかわりそうーーー♡

 

(この言葉を知るだけでも

正直読む価値があると思います)

 

 

以上3つが、この本を読んで

決めた行動です。

 

 

さて。

 

この記事ではあえて、

本の中身にはあまり触れて

きませんでしたが、

 

最後にひとつ、

みなさんにご紹介したい文章が

ありますので、引用いたします。

 

 

これからは、思考で給料を稼ぐ時代です。ロジカルな思考の人か、創造的なことを考えられる思考の人か、コンサバティブな思考の人かによって、もらえる給料は変わっていく。創造力を高めることで、生涯年収は高くなる可能性が高いのです。

 

 

いかがでしょうか。

 

実はこの文章の前には、

かなり厳しいことも

書かれています。

 

それは、

 

 

厳しい言い方になりますが、創造性を発揮し、再定義ができるクリエイティブな力を身に付けていない40代のビジネスパーソンには、その後のキャリアは見込めないでしょう。

 

 

という、文章。

 

つまり、これからの時代は

「思考力」があるかどうか。

 

これが明暗を分ける、ということです。

 

 

ここまで読んでいただくと、

もう、お気づきの方も

いるかと思いますが・・・。

 

 

そうです。

 

image

方眼ノート、最高!ですハート

(方眼ノートメソッド詳細はこちらから

 

 

ロジカルに考える力を

養う方眼ノート。

 

そして、感性を鍛える

アートとの時間。

 

 

これを両輪でまわしながら、

加速していきたいと

思います!

 

 

image

 

ここまで書いていいんだ!

 

というくらい、

かなり具体的な

会社の経営戦略についても

踏み込まれています。

 

 

また、石川イズムといいますか

名言もたくさん!

 

本当の意味で、

クールな生き方って

こういうことなんですね。

 

 

令和時代を生きる

社会人なら必読の書

 

 

そう、言えるのではないでしょうか。

 

 

問答無用でおすすめの

実用書です。

 

 

発売日に重版がかかるほど

売れているそうです♡

 

 

 

 

ぜひ、読んでみてくださいね!

 

 

さて、今日はいよいよ

発酵基礎講座の最終日。

 

image

 

 

「学ぶ」楽しさ、味わってきます♡

 

(今日は味噌作り♪)

 

それでは、また!