この投稿をInstagramで見る

とある日🌞。 仕事に向かう車の中で突然マネージャーKくんから夜ご飯のお誘いを受け、ただそれが何とも不自然すぎたのでなんとなく感づいてしまった私のお誕生日会プロジェクト...🎂🎉w Kくんの不自然さにどうにもこらえきれず、「...もしかして私のお誕生日お祝いしようとしてくれてる?w」と聞いてみたら、「...バレてしまいましたが何をするかは当日サプライズなのでもうそれ以上詮索しないでくださいね!!w」と言われ、楽しみに迎えたお誕生日会当日...🦄✨ お迎えに来てくれた車に乗ってみると、可愛くデコレーションされた車内に満面の笑みのマネージャーKくんとFちゃんが👫🚗💘✨ そしてFちゃんから私にフワフワのピンクのティアラと羽の入った手持ちの風船が手渡され、33歳のプリンセスとなった私が乗った車は出発🧚‍♀️🌈✨w サプライズということで何をするか知らされていないので、どこに行くかもわからないままあれこれ予想をしながら着いた先は、なんとまさかの文房具やさん😳🖋!! てっきりどこかでお祝いされると思っていたから文房具屋さんで何をするのかと不思議に思っていたら、 なんとここはカスタマイズで自分の好みの手帳を作ることができるお店で、そしてこの後もう一件連れていってくれたお店も自分好みの色のインクを作ることができるお店でした🖋✨ ボロボロになった私の手帳や子供達に手紙を書くときに必ず必要なペンのことを知っている、いつも近くで支えてくれている2人からの最高の体験型のプレゼント💘✨ お誕生日はドッヂボール大会とかみんなで出来ることがやりたいといつの日か私が言っていた要望を覚えててくれて、ただテニス肘で思うように腕が使えなくなってしまった私の願望をこんな形で叶えてくれた2人✨✨✨ 本当にありがとう💘💘💘💘 そしてその後、ご飯屋さんに着いたらマネージャーチームとボランティアメンバーのみんながお祝いをしてくれて、この日は至れり尽くせりなプリンセスDAYとなりました🧚‍♀️💘✨ みんなありがとう💝これからもよろしくお願いします!! #道中でFちゃんに大好きなカヤバ珈琲のたまごサンドとKくんにはモスシェイクを買ってもらいました✨

SAEKO♡(@saekoofficial)がシェアした投稿 -