御影 弓弦羽神社に行ってきました② | Saeのお得ライフ ~カフェ・旅行・株主優待に恋しています~
新型コロナウイルスに関する情報について

Saeのお得ライフ ~カフェ・旅行・株主優待に恋しています~

カフェ&雑貨・本(歴史)・旅行(神社仏閣)が好きです

投資、株主優待にも恋してます。

日々の、色んなワクワクを報告しま~す。

生活の中にある、小さな幸せ、ちょっとしたお得を綴っていきたいな

弓弦羽神社に行ってきました

御影エリアの閑静な住宅街の中にあります

近年は、羽生くんの名前に似てることで、ご本人もおまいりされたようですし、ファンの方々がいらっしゃいますが、実は、歴史ある古くからの神社です


社伝によると、「往古、神功皇后、三韓より御凱陣の時、忍熊王が反乱したのを知り、皇后自らこの地に弓矢甲冑を納め、熊野大神を奉斎し祈念した。恒武帝の御宇、延暦年間(8世紀末)弓弦羽ノ森を神領地と定め、嘉祥2年(849)正月14日神祠を造営し遷座した。この時、熊野別当慶覚『摂津国灘浦遊鶴羽之峯権現ノ故事当官文庫ニ記録アリ云々』と祝文を贈る」とあります

今の祭神は、

根本熊野三所大神と称する
伊弉册尊・事解之男命・速玉之男命の三柱の神

(今の祭神はと、書いたのは、元々は六甲山(武庫山・向か津峰)にかかわる水の神様だと、私は最初思っていたので…今も多少思っている)


こちらの神紋は、ヤタガラス

格好いいよね↓


手水も、鳥

ゆづ丸というキャラクターもいます(ゆづ…これは羽生くんからの派生だなぁ)

カラスがずらりと(笑)

「弓弦羽神社」があるここの地名は、以前「御影弓弦羽ノ森」でした。それに加え背後にそびえる六甲山が昔「弓弦羽岳」と呼ばれていた事などが由来となり、「弓弦羽神社」と命名されたとのことです

今も、山を背にし、森の気をまとった素敵な場所です


紋は、橘も関係有るみたいですね
(個人的には、また、橘だなーと、笑)


裏参道も良い雰囲気でした♪


すぐ隣に香雪美術館がありますよ♪


左が香雪美術館の森、右が弓弦羽神社の森

都心なのに、すごく静か

木々と空、癒されます(*^^*)

今は閉館中  次は、3/20~

いいなー

また来よう( 〃▽〃)


高級住宅地をそぞろ歩く

↓クリニックがこんな感じだもんな~(@_@)


2016年に弓弦羽神社に行った際の記事を見つけました  ◆こちら◆

今日は、本住吉神社→弓弦羽神社→カフェ→御影クラッセ→澤乃井の水でしたが

以前も、弓弦羽神社→本住吉神社→御影クラッセ→澤乃井の水と似たようなコースでした(笑)


少し前になりますが、弓弦羽神社では、面白い大祓の祭祀をされています

平成30年10月12日(金)弓弦羽神社御鎮座1170年 奉祝記念 弓弦羽嶽大祓祭祀「務古津比売命」の斎行

ムコツヒメ…  気になりますね!
        ↓

能の舞台を見に行かれた方の記事
  ↓



最近はあちこちの神社に行き、遠出が増えましたが、私の神社巡りの核は元々は神戸であり、今も謎解きは続いています

出雲の伝承も調べつつ、ホツマツタエも私的にはずっと気になってるから…

聖徳太子・役行者・空海、海神系と言われる偉大な聖人たちは、揃いも揃って、なぜ六甲山で女神を感得したのか…

(役行者にいたっては子孫を奈良から移し、六甲山を守らせています)

六甲山近隣の神社には、古代からの磐座が多くあり、神社の配置にも不思議を感じている私

神功皇后が廣田神社に瀬織津姫を祀ったということも気にはなりますが、それよりもずっとずっと、はるか昔である、縄文の時代、六甲山では、日本ではどんな祭祀をしていたのだろう…

大いなる比売神

水の神様
太陽の神様
月の神様

原始の時代の信仰と

その後の時代の信仰

人々も、そして信仰も混じりあながら、日本を支え作ってきたのだろうなーと今は思っています