【#衆議院選挙 考察】#アベノミクス が、中々地方・中小企業にまで波及しない原因とは。 | 佐渡暇人放送-備忘録アメブロ版

佐渡暇人放送-備忘録アメブロ版

「真面目な政治経済8割助平な性事経済2割を語る」佐渡暇人放送管理人の佐渡暇人のおっさんのブログです。w 
基本はツイッターより抜粋したまとめBLOGです。
多少のオチョクリはご容赦ください。w


テーマ:

衆議院選挙も終わり、株式市場の値動きも活発になった。

これはこれで、非常に喜ばしい事ではあるから素直に評価すべき。

▼詳細は別垢BLOGにて

だが・・・

大企業ばかりが恩典を受けて、地方・中小企業にまで波及しない。

こういう現実に私も直面しており、この点がアベノミクスを100%評価

することが出来ない原因であります。

では、何故?そういう原因に陥るか?

株式市場だけが報道を見るとアベノミクスに思われがちですが・・・

中小企業向けの補助金・助成金も実際に国が交付したりしています。

それに、地方創生についての予算等も国が交付したりしています。

 

でも、地方の現状は、面倒くさい申請を好まない傾向にあります。

また、地方創生の予算や特区精度についても、特に農業関係は、

「先祖代々の土地は貸したり売ったりしてはならない!!」という。

古臭い慣習が今でも残っており、完全に世代交代するか?或いは、

時代の流れについて来れて、百姓から農業に頭を切り替えることが

できた人達しか、正直勝ち馬に載れて居ない状況です。

 

それに、地場産業が発展しないのは、封建的なヤリカタが問題で、

これだから若者の都市部への流出を避けることができない現状を、

安易に、若い人は都会に出たがる。親を残して親不孝だとか?

そういう物差しの狭い発想だから、少子高齢化・過疎化が深刻に

なるということを全く理解できないし、理解しようともしない。

佐渡なんか、更に島国根性で最悪です。

 

政府の都会の物差しが地方が着いていけないのも事実ですが…

地方も、もっともっと努力することが必要です。

都会の人は、自給自足・物々交換で近所同士助け合いのような

環境ではありませんから、自分のことは自分でなんとかする!!

そういう生き方が当たり前になっております。

田舎は、誰かが助けてくれるだろう。という甘えがあります!!

それが、地方にアベノミクス効果が波及しない大きな原因である。

このことも、ただ大企業ばかりが恩典を受けるなんて僻み根性で、

文句ばかり言わずに、地方分権なのだから、なんでもかんでも国

の政策が悪いと思いこまずに、まずは地方議員の政治・行政の

職務怠慢がないか?を先に検証しなければ解決できないのです。

 

これも、田舎の役場じゃ、コネ採用が多いから難しいですが・・・

地方でも、農業も漁業もやっていない勤め人の家庭であれば、

全て、お金を払って買わなければならないという間隔があるから、

まだ、その辺が冷静に見ることができるんですけどね。

 

百姓は、最悪だ!!

結局、少子高齢化で、そういう人たちにウケの良い候補が選挙

で選ばれて、格差をなくそう!資本主義は悪だ!憲法9条守れ!

そんな活動ばかり盛んで、中央省庁とのパイプを大事にしないから、

こういう悪循環の繰り返しなのです。

新潟みたいに首長がアカいと最悪です。!!

 

【まとめ】

地方経済が良くなるための手っ取り早い方法!!

それは…

自民党から国会議員も地方議員も多く選ばれることです。

▼残念ながら、金子めぐみ氏だけ自民党新潟は落選してしまった。

▼だが・・・石崎徹は比例復活できた!!

国会議員も自民党でないと困るのも、さることながら・・・

特都道府県知事・市町村長が自民党じゃないと、もっと困ります。

野党から選ばれた人が首長になってしまうと・・・

個人的感情が有線になって、予算なんか引張って来れません。

憲法改正には反対でもちゃんと仕事してくれと言いたい!!

なんでも安倍の所為!にするな!安倍の問題だけ責任追及せよ!!

▼こんなことばっかやってて、どうやって国と一体になれる?

小池都知事の仰せの通り・・・

▼正に、9条でこの国は思考停止に陥っている。

▼現実を見ましょう。

以上、佐渡暇人放送でした。