蔦之助便り part25 | 四代目 市川左團次オフィシャルブログ Powered by Ameba

四代目 市川左團次オフィシャルブログ Powered by Ameba

歌舞伎役者、四代目市川左團次のブログです。


テーマ:

春の香りが感じられる夜、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

こんばんは。

本日は「蔦之助だより」をお送りさせて頂きます。



先ずは、今月も応援をありがとうございました!

昨日無事に、名古屋 中日劇場も千穐楽を迎える事ができました。

今月は、歌舞伎の、作り方や構成の仕方という物が、とてもとても勉強になりました。

特に、昼の部の「雪之丞変化」は完全新作だったので、

猿之助さんを中心に、皆んなで、作品を作って行くという、

難しさ、そして、楽しさを感じる事ができました。

その「雪之丞変化」の写真を一部ですが、ご紹介します!



先ずは左側、蔦之助だより初登場の、米吉さんです!

軽業のお初(かるわざの おはつ)というスリの女を、粋で色っぽく役作りされ、

この作品には無くてはならない存在感へとなっておりました!

真ん中は、主人公である雪之丞の子供時代を、達者に演じていた、子役の日下部大智くんです!

歌舞伎がとても大好きな子なんです!

将来がとても楽しみですね♪

今月は、大智くんと楽屋が相部屋だったので、すっかり仲良しになってしまいました!



次は、蔦之助だより初の外国人のお客様です!!

………


すみませんウソです!

市川段之(だんし)さんが演じてらっしゃいました、

物語の冒頭に登場する、ポルトガル人のカピタンです!

段之さんは、段四郎さん猿之助さんの御一門で、いつも私の事を可愛がってくださる先輩です!

そのご恩返しの為、ワインのお酌をしております 笑


さあ!そんなこんなで大大盛況のうちに千穐楽を迎え、

本日は、東京に帰る前に、伊勢へ参拝に行って参りました!!



伊勢は、日本の宗廟の大神宮であると同時に、

江戸時代では、芝居町としても栄えていました。

若き歌舞伎役者は、伊勢の芝居町で、名を成し、

京都 大阪 そして江戸へ上っていくという登竜門のような場所だったそうです!

また、歌舞伎には、伊勢を題材とした

「伊勢音頭恋寝刃(いせおんど こいの ねたば)

「素襖落(すおうおとし)」

「鰯売戀曳網(いわしうり こいの ひきあみ)」等の演目があり、

歌舞伎界とは、とても縁の深い土地と言えます。



私も、御参拝をし、おかげ横丁で、松阪牛の美味しい牛丼を食べ、

心も身体もリフレッシュしました!!

これで明日から、気持ち良く明治座の稽古に臨めそうです!!


それでは最後に!

旦那が、ブログ読者の皆様に、おまじないをかけてらっしゃっていたのが羨ましく、

御子息である男女蔵さんにも同じパワーがあるのでは!?と思い、お願いをしてみました。



さてさて、どんな効果が現れるのかなー!?

それでは皆様、今宵も長々お付き合い頂きありがとうございました。

おやすみなさいませ。









四代目 市川左團次さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース